2018年12月30日 公開

【知育レシピ・しつけ部門】2018年のChiik! 人気&編集部イチオシ記事10選

2018年のChiik! では、「知育レシピ」と称して、礼儀・作法など、基本的生活習慣が3ステップで身につく方法を記事を多数公開しました。今回は、特に人気だった【知育レシピ・しつけ】関連記事をまとめてご紹介!公開時に記事を見逃したという方、必見ですよ。

【知育レシピ(1)】お話をしっかり聞けるようになる3ステップ

XiXinXing / Shutterstock.com
子どもに話しかけると、なんか、聞いてるのか聞いてないのか分からず、「ちゃんと話を聞いてる!?」とついつい怒りたくなります。でも、パパママの皆さん、お子さんが話を聞けるタイミングを見計らって、お子さまの目線の高さに合わせて話をしていますか?

逆に、お子さまから話しかけられたとき、きちんと話を聞く体制になっていますか?適当に返事したりしていませんか?

子どもに人の話を聞く重要性を伝えることも大切ですが、まずは親が「話を聞く姿勢」の手本を見せてあげましょう。こちらの知育レシピ記事では、今すぐ実践できる3つのコツを紹介しています。

【知育レシピ(2)】子どもの時間感覚を養う3ステップ

平日の朝、子どもが起きてこない。起きてきたと思ったら、ダラダラしていて準備が進まない……。もう親は、朝からイライラしっぱなしですよね。

その原因は、「時間感覚がない」からではないでしょうか?平日は幼稚園・小学校に行くために、何時に起きて何時までに準備をして……という段取りは、大まかな時間で生きている子どもに求めるのは無理なことです。

でも、時間感覚を養うと、「いま、やるべきこと」「行くまでに準備すべきこと」が明確になり、子ども自身で時間管理ができるようになります。

こちらの3ステップを参考に時間感覚を養って、パパママのヤキモキを解消しましょう!

【知育レシピ(3)】自らあいさつができるようになる3ステップ

パパママの皆さん、子どもに「どうしてあいさつしなければいけないの?」と聞かれたら、どう答えますか?

あいさつは、相手に自分の存在を知らせることであり、相手の存在を認めていると伝える意味があります。人とのつながりを築き、維持するための重要な要素が詰まっている、大切なコミュニケーションの第一歩なのです。

しかし、子どもは恥ずかしがって、なかなか自ら進んであいさつしませんよね。そこで、こちらの知育レシピでは、子ども自らがあいさつできるようになる3ステップを紹介しています。一度でもあいさつできたら、いっぱい褒めてくださいね!

【知育レシピ(4)】「ばっかり食べ」ならない上手な食べ方3ステップ

via chiik.jp
子どもの食事を観察していると、好きなものばっかり食べて、嫌いなものが残る「ばっかり食べ」になっていることありませんか?「ばっかり食べ」はバランスよく食事ができないうえ、マナー的にも問題があります。

そんな「ばっかり食べ」を解消するために、正しい食事のマナー方法を3ステップで紹介!知らなかったというパパママも、お子さんと一緒に日本食の食事マナーを学んでみましょう。

【知育レシピ(5)】電話のかけ方がわからない!?電話の使い方とマナーとは?

昨今、スマートフォンなどの携帯電話が普及し、家に固定電話がないというご家庭も珍しくありません。そのため、電話をかけることがなくなり、かけ方や取り次ぎ方法を知らない子どもが増えています。

しかし、突然、携帯電話が使えなくなる事態や、社会に出てから目上の方に電話する機会も必然的に増えてきます。そんなとき「困った!」ことにもならないために、電話のかけ方を子どもに教えましょう。

こちらの記事では、電話の上手な応対方法などを紹介しています。就学前の5~6歳ごろからはじめてみてくださいね。

【しつけ(1)】子どもについつい言ってしまうNGフレーズ!言い方を変えてみよう

おもちゃで散らかっている部屋を見て、ついつい「片付けなさい!」と怒鳴ってしまったり、外出先で「ギャー!」と泣き叫ぶ子どもに「もう知らない!」と意味のないことを言ってしまったり……。

冷静になれば言ってはいけないなぁとわかることも、イライラの怒りの感情とともに、ついついNGフレーズは出てしまうものです。でも、NGフレーズを言って、子どもは変わりましたか?それどころか、もっと状況が悪化すること、ありませんか?

こちらの記事では、NGフレーズの言い方を変えて、子どもに伝える方法をパターン別で紹介しています。子どもへの声掛けにお悩み中のパパママに、多く読まれました!

【しつけ(2)】よその子のルール違反を目撃!上手に注意する方法

わが子が悪いことをしていたら、躊躇なく叱れますが、よその子が同様のことをしていたら、同じようには叱れないですよね。

とはいえ、よその子といえども、子どもの教育上、見て見ぬふりはできません。大人として、きちんと伝えることは伝えましょう!

こちらの記事では、よその子のルール違反を見つけたときの上手な叱り方を4つのポイントに絞ってお伝えしています。自分の子どもでなくても、子どもたちの成長を願いつつ、伝えられたらいいですね。

【しつけ(3)】子ども同士のおもちゃの取り合い!親の対応、寄り添い方は?

Bohemian soul / Shutterstock.com
小さい子ども同士が集まると、おもちゃの取り合いは頻繁に起こりますよね。皆さんだったら、どう対応しますか?すぐ止めに入りますか?それともちょっと見守りますか?

子どもは、おもちゃの取り合いを通して、奪われた相手の気持ちを知り、自分の物と他人の物の区別がついていきます。これは「学びの場」なんです。そのため、大人がすぐ介入してしまうと、その学びの機会を奪うことにもなりかねません。

こちらの記事では、おもちゃの取り合いが起きたときの対処方法や声掛け、寄り添い方について、いくつか提案しています。親にとっても子どものおもちゃの取り合いは、学びの場です。辛抱強く、対応できたらいいですね。

【しつけ(4)】親次第で子どもは伸びる!自己肯定感を伸ばす褒め方とは?

子どもの自己肯定感を育てるには、親の褒め方が大事とよくいわれます。がしかし、褒め方といわれてもどう褒めたらいいのか難しいですよね。

そんな悩みを持つ、多くのパパママに読まれたのが、こちらの記事!具体的にどう褒めたら、子どもはどう感じるのかについて紹介していますよ。

たとえば、上手に描けた絵を見て、「上手に描けたね!」では伝わりません。そこは「赤と青が丁寧に塗れていてきれいだね」など、具体的にきちんと言葉にしてあげましょう。具体的であればあるほど、子どもは親がきちんと自分のことを見てくれていると感じ、自己肯定感が高まるとか。

分かりやすく紹介されているので、今すぐ使える褒め方ばかりです。ぜひ参考にしてみてくださいね!

【しつけ(5)】世界的に注目されているフランスの礼儀作法・しつけ事情とは?

AlohaHawaii / Shutterstock.com
ちょっと番外編ですが、こちらの記事では、現地に住む日本人ママから見たフランスの【礼儀作法・しつけ】事情について紹介しています。

「小さな大人」として扱われるフランスの子どもたちは、レストランなどの公の場でも大人しく、良い子にしている場面を多く見かけるようです。そこには「子どもだからできなくて当たり前」ではなく、「子どもが大人に迷惑をかけてはいけない」という考え方が、徹底的に叩き込まれているためだと伝えています。

日本の子育てにも参考になる要素がたくさん!フランス式の礼儀作法・しつけを取り入れてみませんか?
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

パパママも一緒に遊べる「#我が家のブリオ」おしゃれなおもちゃ集

パパママも一緒に遊べる「#我が家のブリオ」おしゃれなおもちゃ集

スウェーデン生まれの「BRIO(ブリオ)」。シンプルで洗練されたデザインや木のぬくもりと優しさが魅力のおもちゃブランドです。インスタの「#我が家のブリオ」...
イマドキおもちゃはこんなにおしゃれ!インスタ「#我が家のブリオ」に注目!

イマドキおもちゃはこんなにおしゃれ!インスタ「#我が家のブリオ」に注目!

最近では子どものおもちゃとはいえ、おしゃれなものがたくさんあります。ヨーロッパブランドのおもちゃはその代表格。中でもスウェーデン生まれのBRIO(ブリオ)...
「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

大人気おもちゃブランドBRIO(ブリオ)の「2019年イヤートレイン」プレゼントキャンペーンを開催します!参加方法は簡単。おうちにあるブリオのおもちゃを写...
子ども自ら歯磨き宣言!歯磨き嫌いの4歳が「シャカシャカぶらしキット」を体験

子ども自ら歯磨き宣言!歯磨き嫌いの4歳が「シャカシャカぶらしキット」を体験

歯磨きが苦手なお子さま、そして毎日子どもの歯磨きに苦労しているパパママはたくさんいるのではないでしょうか?悩みのタネの歯磨きタイムが楽しくなるスマート歯ブ...
靴の履き方・脱ぎ方・揃え方を3ステップで正しく教えよう

靴の履き方・脱ぎ方・揃え方を3ステップで正しく教えよう

正しく靴の脱ぎ履きができていますか?さらに、きちんと揃えられるお子さまは少ないのではないでしょうか。大人ならそつなくこなせる「靴を履く・脱ぐ」動作。まずは...

WRITER

chiik!編集部 chiik!編集部  Chiik!(チーク)の公式アカウントです。