2018年4月16日 公開

子どもは生まれながらにして悪⁉フランスの【礼儀作法・しつけ】事情

「フランスの子どもは夜泣きしない」「フランスの子どもは何でも食べる」など、世界的にフランスの育児が注目されることも増えている昨今。中でも、「礼儀作法」や「しつけ」は特徴的ではないでしょうか。現地で二児を育てる上で感じた【フランス流しつけの特徴】についてお伝えします。

上野の森 親子フェスタ2018

「小さな大人」として扱われるフランスの子どもたち

 (91360)

ADS Portrait / Shutterstock.com
フランスと比べると、日本の方が「子ども中心」「子どもが甘やかされがち」と感じることが多々あります。

というのも、フランスだと子どもは「小さな大人」として扱われ、「子ども」扱いされることが少ないからです。「小さな大人」だから、自分の意思をしっかり持ち、きちんと主張し、他人に対して礼儀正しくすることは当たり前。「子どもだからできなくて当たり前」と甘やかされることはありません。

レストランや結婚式など公の場で、幼い子どもがおとなしく良い子にしている姿を頻繁に見かけます。「子どもが大人に迷惑をかけてはいけない」ということが徹底的に叩き込まれているのです。

子どもは生まれながらにして悪である⁉

 (91361)

AlohaHawaii / Shutterstock.com
日本だと何かと子どもは「純粋無垢」で「潔白」な存在だと認識されることが多いのではないでしょうか。
しかしフランスでは、「子どもは生まれながらにして悪である=性悪説」を前提に育てる人が多く、「きちんとしつけをして正す」ということが徹底されています。

敬虔なカトリックの家庭などは特に、厳格にしつけをしている印象です。

親はあまり口出ししない

 (91362)

Yuricazac / Shutterstock.com
フランスでは、子どもの他者とのやりとりに対して親があまり口出しをしません。

子どもが何かいけないことを誰かにしてしまったとき、またお礼をしなくてはいけないときなど、ついつい「ごめんなさい、うちの子どもが……」、「ありがとうございます!」と子どもの代わりに親が言ってしまいそうになるものではないでしょうか。でもフランスの親御さんを見ていると、彼らがそこで口にするのは「なんて言うの?」という子どもへ問いかける言葉。

子ども自身がしたこと、されたことで、「謝るべきこと」「お礼すべきこと」は本人が自分で言うべき、という教育が小さい頃からなされています。

もちろん、していけないことを「いけない」とは注意しますし、危険な行動や失礼な行動は止めに入りますし、代わりに謝罪やお礼を言うこともゼロではありません。

たとえば子どもがほかの子どもを叩いてしまった場合は、親が間に入ってその子や親に「ごめんなさい」と謝罪するよりも、「こういうときはなんていうの?」と子どもが自分から謝るようにさせます。

また、子どもが何かもらったときは親が代わりにお礼をいうのではなく、「こういうときはなんていうの?」と子どもに「メルシー(ありがとう)」とお礼を伝えるようにさせています。

親が子どもを礼儀正しくするのにあれこれ口出しするのでなく、子ども自らが礼儀正しく行動できるように促すのです。

メリハリをつけたしつけ習慣

 (91364)

Haywiremedia / Shutterstock.com
「フランスの子どもってかわいそう」「厳格に教育しすぎでは」「もう少し子どもらしく伸び伸び育ててあげればよいのに」などと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

でも、現地で実際にフランスの子どもたちを見ていると、とっても自由で伸び伸びしている印象を受けます。

というのも、フランスの子どもたちは四六時中おとなしくしているわけではありません。自宅やバカンスのひとときなど、子どもらしく振る舞ってよい時間もたくさんあります。

ただし、子どもらしく騒いでよいときと、小さな大人として振る舞うべきときとのメリハリをしっかりつける習慣を、小さい頃から身に付けるしつけが徹底されているのです。

最後に

いろいろと称賛されることが多いフランスの子どもたち。そんな彼らも、生まれながらにして特別な能力を持って生まれたのではありません。

数々の子どもらしい失態をしながらも、日々のしつけの積み重ねで礼儀や作法を学んでいっているのではないでしょうか。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

フランスってどんな国?読んだらきっとよくわかる絵本3選

フランスってどんな国?読んだらきっとよくわかる絵本3選

フランスといえば真っ先に何が思い浮かびますか?パリ、エッフェル塔、ナポレオン、ファッション、フランス料理……。フランスを象徴するものや言葉はたくさんありま...
子育て、日本とはここが違った!フランスに住んで驚いたこと

子育て、日本とはここが違った!フランスに住んで驚いたこと

日本とフランスの子育ての違いというと、どのようなことを思い浮かべるでしょうか?フランス在住3年目、2人の子どもを育児中の筆者が、実際に現地で乳幼児の子育て...
子どものルール違反を見つけたら?よその子の上手な叱り方のコツ

子どものルール違反を見つけたら?よその子の上手な叱り方のコツ

わが子ではない、よその子の気になる点を見つけたとき、叱ってよいか悩んだ経験がある方も多いのではないでしょうか?家庭でのしつけや教育はそれぞれ違うため、どう...
トイレトレーニングが失敗ばかりでイライラ。どう対応する?

トイレトレーニングが失敗ばかりでイライラ。どう対応する?

「トイレトレーニングがうまくいかない!」と、悩んでいるパパママはとても多いのではないでしょうか?筆者も子どもたちのトイレトレーニングは失敗してばかりでした...
【レシピ付き】親子で作ろう♪簡単おいしい「フルーツ大福」

【レシピ付き】親子で作ろう♪簡単おいしい「フルーツ大福」

もちもちの大福とフレッシュでジューシーな果物との組み合わせは無限大!いちごはもちろんバナナにオレンジ、そして中でもオススメは「キウイ大福」♪電子レンジで作...

WRITER

早野沙織 早野沙織  在仏3年目、フランス人旦那と二児(2歳と0歳男児)とアルプス地方グルノーブル市在住のママライター。慶応義塾大学法学部卒業。現地から日本ではあまり知られていないフランスの地方・育児事情をお届けします!