2018年10月5日 公開

「自分からあいさつができる子」に育てる3つのステップ

あいさつは、コミュニケーションの大切な入口です。その場にふさわしいあいさつができることは、良好な人間関係を築くための大きな助けになります。自分からあいさつができる子どもに育てるための、3つのステップを紹介します。

あいさつはなぜ大切?

 (116001)

wizdata1 / Shutterstock.com
「『おはようございます』は?」
「先生にごあいさつをして」
「ちゃんと『さようなら』をしようね」

ほとんどの親が、子どもにあいさつをうながした経験があると思います。「うながしてもあいさつをしてくれない」「うながす前に自分からあいさつをして欲しい」という悩みを抱えている親も少なくありません。

そもそも、あいさつはなぜ大切なのでしょうか。

あいさつには、主に2つの意味があります。

1つ目は、自分の存在を相手に知らせることです。「おはようございます」「こんにちは」と声を出すことによって、相手に心を開いていることを示し、警戒心を解く役割があります。

2つめは、相手の存在を認めていると伝えることです。あいさつをするということは、相手に対して「あなたのことを見ています」「良好な関係でありたいと思っています」という気持ちを示す、ごく短いアピールでもあるのです。

あいさつには、人とのつながりを築き、維持するための重要な要素がつまっています。

子どもが自ら進んであいさつができるように、次の3つのステップを意識してみましょう。

STEP1:家の中であいさつの練習をする

 (116003)

Rawpixel.com / Shutterstock.com
まずは家庭の中で、あいさつを日常化することからはじめましょう。

「おはよう」や「おやすみ」はもちろん、「いってきます」「いってらっしゃい」「いただきます」「ごちそうさま」など、家の中で使われるあいさつはたくさんあります。

家族だからと甘えてしまい、ついおざなりになってしまいがちですが、「あなたを大切にしている」という気持ちを日々伝えるためにも、しっかりあいさつを交わしたいですね。

筆者の家では「おはようございます」と「おやすみなさい」は、親子でおじぎをしてあいさつをしています。おじぎの練習も兼ねていますが、一日のはじまりと終わりを示す特別なあいさつを礼儀正しく行うことで、その日をていねいに過ごすことができたという実感を得られるからです。

STEP2:うしろからゆっくりサポートする

 (116005)

Iakov Filimonov / Shutterstock.com
外出時、子どもにあいさつをうながすときは、肩や背中に手を添えて優しく「ごあいさつは?」と声をかけましょう。

大事なのは、決して子どもに無理強いをしないことです。「ちゃんとあいさつをしなさい!」と、強引に頭をおさえつけてしまうと、子どもがあいさつに嫌悪感を持つ場合もあります。

特に小さな子どもの場合は、恥ずかしいという気持ちが勝ってしまったり、警戒してしまったりと、「あいさつをしたい気分」になれないことも多いものです。

声が出ない様子のときは、「ママやパパと一緒に言ってみようか」「おじぎだけしてみようか」と、子どもがやりやすい方法に切り替えるのもおすすめです。根気強く、子どもの自主性が育つように見守ってあげたいですね。

また、子どもがあいさつ上手になるためには、親が進んで手本を示すことも大切です。

知り合いに会ったときや、子どもの友だちを見つけたときなどは、親も積極的にあいさつするように心がけてみてくださいね。

STEP3:あいさつの機会を増やす

 (116006)

Pressmaster / Shutterstock.com
外出中は、なるべくたくさんのあいさつする機会を作ってあげましょう。

例えば、お店で会計をするときは「お願いします」や「ありがとう」、バスを降りるときは「ありがとうございました」、人の前をとおらなければならないときは「失礼します」、住んでいるマンションのエレベーターで乗り合わせた人には「こんにちは」「さようなら」など、声をかけ合う場面はたくさんあります。

積極的に自分からあいさつをすることで、相手もあいさつを返してくれたり、雑談がはじまったりといった小さな成功体験が増え、子どものあいさつに対する自主性を育むことができます。

あいさつができたら褒めることを忘れずに!

 (116007)

globalmoments / Shutterstock.com
あいさつに限ったことではありませんが、親は、子どもができないときは口うるさく注意してしまうのに、できたときは言葉が少なくなってしまう傾向があります。

特にあいさつは「して当然、できて当然」という意識も強いもの。でも子どもにとっては、知らない相手にあいさつをするのはとても勇気がいることですし、思ったとおりの反応が返ってこないと落ち込んでしまうものです。

あいさつができていたら、しっかりと褒めてあげましょう。「あいさつをしたけれど無視されてしまった」と子どもが悲しんでいたら、「それは残念だったね。でもちゃんとあいさつができたあなたは立派ね」とフォローを入れることも忘れないようにしましょう。

あいさつは円滑なコミュニケーションの第一歩!

 (115999)

Rawpixel.com / Shutterstock.com
子どもにとっても、大人にとっても、あいさつはとても大事なものです。

その場にふさわしいあいさつができることで、周りの人と打ち解けやすくなったり、信頼感を高めたりできます。

子どもの性格や年齢によって、素直に言葉を出せず、あいさつがうまくできない時期もありますが、あまりプレッシャーをかけ過ぎずに、長い目で見守ってあげましょう。

親が積極的にあいさつをする姿をたくさん見せて、子どもが自らあいさつの重要性に気づけるのが一番です。

あいさつを通じて、円滑なコミュニケーションを築ける子どもに育ててあげたいですね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

あいさつができない子ども。しつけの工夫やルールづけ

あいさつができない子ども。しつけの工夫やルールづけ

子どもがきちんとあいさつをしてくれない……と悩むことはありませんか?そんなときは、なぜあいさつをしないのか、その理由を知ることがポイントです。あいさつの基...
お話をしっかり聞ける子に!子どもと目をあわせて話すコツ

お話をしっかり聞ける子に!子どもと目をあわせて話すコツ

幼児期の子どもは総じて落ち着きがないもの。話をしたいと思っても、知らんぷりをされてしまったり、目線をそらされてしまったりして、「ちゃんと聞きなさい!」と怒...
良い姿勢をキープ!正しいいすの座り方をマスターしよう

良い姿勢をキープ!正しいいすの座り方をマスターしよう

幼稚園や小学校では、いすに座って先生のお話を聴く機会がたくさんあります。正しい姿勢で座ることができないと、印象が悪くなるだけでなく、集中力も低下するともい...
面接対策にも!正しいドアの開閉方法を学ぼう

面接対策にも!正しいドアの開閉方法を学ぼう

日々の生活の中で、何気なく繰り返しているドアの開閉。正しい作法でドアを開閉することは、所作を美しく見せるだけでなく、出入りで自分や周りの人にケガをさせない...
3歳でも1人でできる!簡単な洋服のたたみ方【長袖・半袖・ズボン】

3歳でも1人でできる!簡単な洋服のたたみ方【長袖・半袖・ズボン】

小さな子どもは、大人の仕事に興味津々。洗濯物をたたんでいると、「ぼくもやる!」と手を挙げてくれることがあります。そのやる気を損なってしまわないように、上手...

WRITER

青海 光 青海 光  都内在住、二児の母。大学卒業後、子育てをしながらIT企業でフ ルタイム勤務をしていましたが、夫の海外赴任に伴い退職。カオスなインドで3年ほど暮らしました。帰国後はライターとして 、育児やライフスタイルに関する記事を中心に執筆しています。楽しく・読みやすく・有益な情報をお届けします!