2020年1月18日 公開

清泉インターナショナルスクールの特徴は?気になる学費は?

子どもに英語を身につけさせたいと、インターナショナルスクールへの進学を検討するご家庭が増えています。清泉インターナショナルスクールは、幼稚園から高校までを備えた伝統校です。モンテッソーリ教育を始めとするハイレベルな教育を受けられる女子校として人気があります。教育理念や費用、進学先などを解説します。

清泉インターナショナルスクールとは

spass / Shutterstock.com

清泉インターナショナルスクール(Seisen International School)は、東京都世田谷区用賀にあるインターナショナルスクールです。

幼稚園(3歳)から高校3年生(18歳)まであり、幼稚園のみ男女共に通えますが、他は女子校となっています。

カトリック系の学校で、モンテッソーリ教育や国際バカロレア教育を取り入れている点に特徴があります

どんな学校?

Robert Kneschke / Shutterstock.com

清泉インターナショナルスクールの教育理念やカリキュラムについて紹介します。

教育理念

カトリックの学習と奉仕の精神を基調に、生徒が自分の力を伸ばしていくこと、その力で他人を助ける思いやりを持つことを大切にしています。

世界の平和に貢献し、将来国際社会で活躍できる人材の育成を目指しています。

生徒数

現在の生徒数はおよそ650人で、50か国以上もの国籍の生徒を受け入れています。

使用言語

基本的な使用言語は英語です。

日本語やフランス語、スペイン語などを第二外国語として学べます。

子どもへのサポート

個々の生徒の状況に応じて、教師や専門家と相談しながら学習サポートを受けられます。

リーディングやライティングだけでなく、時間管理やテストの準備方法などについてもコーチングを行っています。

カリキュラム

幼稚園ではモンテッソーリ教育を行っています。

自立すること、お友達と協力して何かを行うこと、批判的思考を養うことなどを大切にしています。

清泉インターナショナルスクールは、国際的な評価団体である国際バカロレア(International Baccalaureate)、CIS(Council of International Schools)の認定校です。

幼稚園~高校課程において、国際バカロレア資格のPYPとDPを取得できます。

また高校では、イギリスの義務教育修了資格であるIGCSEを取得するという選択肢もあります。

国際バカロレアとは?

Positiffy / Shutterstock.com

国際バカロレアとは、1968年にスイスで設立された国際バカロレア機構が認定する、教育プログラムのことです。

この教育プログラムは、国際バカロレアが認定した学校のみが提供できます。

国際バカロレアの試験で取得したスコアは、大学入学試験を受けるときに資格の1つとして提出できます。

ハイスコアを有していれば、世界中の難関大学合格に有利になることはもちろん、入学後も、大学の基礎科目の一部が受講不要になる場合があり、さまざまなメリットがあります。

清泉インターナショナルスクールでは、国際バカロレア資格のうち3~12歳向けの「PYP」と、16~19歳向けの「DP」のプログラムを受講できます。

IGCSEとは?

TungCheung / Shutterstock.com

IGCSEとは、イギリスの義務教育修了資格であるGCSE(General Certificate of Secondary Education)のインターナショナル版です。

GCSEよりも取り扱う問題の難易度が高く内容がアカデミックということもあり、世界中の優秀なインターナショナルスクールで注目されている資格です。

16歳(日本における高校1年生)のときに受ける試験ですが、イギリスの大学を中心に、多くの有名大学で大学受験時に提出が可能です。

ハイスコアを取得できていれば、合格に有利になります。

学費

ero Vesalainen / Shutterstock.com

2019~2020年の学費は次のとおりです。
志願(受験)時にかかる費用
出願料20,000円
入学時にかかる初期費用
登録料 300,000円
土地・建物開発費500,000円
毎年かかる費用
授業料 幼稚園半日:1,150,000円
幼稚園終日:2,030,000円
小学校:2,150,000円
中学校:2,170,000円
高等学校:2,170,000円
メンテナンス費100,000円
追加費用
Grade12卒業料 21,000円
国際バカロレア資格試験料(科目ごと)20,000円
スクールバス料金片道170,000円、往復300,000円

日本人も入学できる?

Ronnachai Palas / Shutterstock.com

日本人も入学可能ですが、次のような条件があります。
  • インターナショナルスクール、もしくは英語を使用する外国の学校に2年以上通った経験があること
  • 親の両方、もしくは両親のうちどちらかが英語を話せること

申し込み方法

tkyszk / Shutterstock.com
オンラインから入学・編入の申し込みができます。

学校からのレポートカードや成績証明書、英語の能力がわかるスタンダードテストの結果、推薦状など、必要な書類をアップロードします。

英語、数学のテストと面接があり、合格すれば入学が可能です。

学校のホームページから問い合わせもできるので、気になることがあれば確認しておくことをおすすめします。

卒業生の進路

New Africa / Shutterstock.com

例年大学進学率はほぼ100%という実績を誇り、多くの卒業生を有名大学に輩出しています。

国際バカロレアやIGCSE資格を取得できることもあり、海外の大学へ進学を希望する生徒も多いようです。

主な進学先は次のとおりです。

国内

東京大学、慶応大学、早稲田大学、上智大学、国際基督教大学、明治大学、北海道大学など

国外

ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学、オックスフォード大学、ソウル大学など

サマースクール

清泉インターナショナルスクールでは毎年サマースクールを開催しています。

外国の先生方と一緒に楽しめるイベントがたくさん用意されていて、毎年多くの子どもたちが参加します。

2019年は幼稚園児から12年生までを対象に実施されました。

幼稚園児を対象にしたキャンプの詳細は以下のとおりです。
日程と時間例年6月第2週~第4週 8:30〜15:00 
料金半日(8:30〜12:00): 90,000円
1日(8:30〜15:00): 140,000円
2019年の実施実績より。最新情報は学校の公式サイトをご確認ください

Seisen Festival of Nationsの見学もおすすめ

GP Studio / Shutterstock.com

清泉インターナショナルスクールでは、毎年10月にSeisen Festival of Nationsという学園祭が行われます。

豪華な景品が当たる宝くじや世界各国の飲食ブースが並ぶ人気のイベントで、学校の雰囲気を肌で感じることができます。

学校関係者だけでなく、一般の方も入場できるので、入学を検討している方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

セントメリーズインターナショナルスクールはどんな学校?教育方針や学費などを解説!

セントメリーズインターナショナルスクールはどんな学校?教育方針や学費などを解説!

セントメリーズインターナショナルスクールは、日本では珍しい男子校のインターナショナルスクールです。カトリックの教えを軸として、豊かな精神性と知性を兼ね備え...
アメリカンスクール・イン・ジャパンの特徴は?気になる学費も紹介

アメリカンスクール・イン・ジャパンの特徴は?気になる学費も紹介

日本でもっとも古く規模も大きいインターナショナルスクールである「アメリカンスクール・イン・ジャパン(ASIJ)」。毎年開催されるサマーデイキャンプは、10...
英語習得だけが目的で大丈夫?インター進学のメリットデメリット

英語習得だけが目的で大丈夫?インター進学のメリットデメリット

子どもの英語習得を目的にインターナショナルスクールへの進学を検討しているご家庭もあるかと思います。英語環境に身を置くことができることは最大のメリットですが...
ケイ・インターナショナルスクールはどんな学校? 授業料や進学実績などを解説!

ケイ・インターナショナルスクールはどんな学校? 授業料や進学実績などを解説!

「世界で活躍できる子どもを育てたい」という親のニーズの高まりを受けて、日本のインターナショナルスクールに注目が集まっています。今回は、東京都江東区にある「...
【2020年度版】東京都 台東区のインターナショナルプリスクールまとめ

【2020年度版】東京都 台東区のインターナショナルプリスクールまとめ

早期英語教育への注目が高まっている中、インターナショナルプリスクールへの通学を考えるご家庭が増えています。この記事では、東京・台東区のインターナショナルプ...

WRITER

青海 光 青海 光  都内在住、二児の母。大学卒業後、子育てをしながらIT企業でフ ルタイム勤務をしていましたが、夫の海外赴任に伴い退職。カオスなインドで3年ほど暮らしました。帰国後はライターとして 、育児やライフスタイルに関する記事を中心に執筆しています。楽しく・読みやすく・有益な情報をお届けします!