2017年3月1日 公開

英語ができない親、どうすればいい? 「英語のあるおうちに」のススメ

英語を公用語にしようとする企業が増えていますが、今の子どもたちが大人になるころ、英語が話せることはさらに当たり前になっていると思われます。しかし、英語力に不安な親は多い……子どもの英語力を上げるにはどうすればいいのか、ご家庭でできそうな取り組み方を紹介します。

英語教育の現状は?

https://www.photo-ac.com/

https://www.photo-ac.com/

日本では、ご存知の通り、ますますグローバルな人材の育成が必要となっています。
それにともない、学校の英語教育は、2020年から従来のカリキュラムより2年前倒しで実施される予定です。小学校3年生から英語活動が始まり、5年生からは教科としての英語授業が始まるのです。

また文部科学省は、2014年からスーパーグローバルハイスクール(SGH)という事業も始めました。SGHとは、英語能力の向上をはじめとする、国際競争力を付けさせるプログラムを実践する指定校です。

中学入試では、帰国子女枠ではなく一般試験として英語を受験科目に設定している学校が増えています。やはり、それは、国際感覚を身につけさせたいと学校側も思うから。それに親の意識も同調しているため、英語受験者数は右肩上がりです。

英語、できますか?

https://pixabay.com/

https://pixabay.com/

このような動きからわかるように、教育の現場では急速にグローバル化が進んでいます。
実際、ビジネス社会では英語力をあたりまえのように求めているのです。

しかし、かつてあんなに英語の勉強をしたのに、まったく身に付かなかったと実感しているパパママ、多いのではないでしょうか?
我が子はそうさせたくないが、生の英語に触れさせる機会もないし、英語力を子どもの身につけさせる方法なんてよくわからない……!

英語を身につけるとっておきの方法

ぱくたそ-フリー写真素材・無料ダウンロード (43289)

英語を身につけるために、とても有効な手段のひとつをご存知でしょうか?
それは、英語が母国語の恋人を作ること。恋人には自分の思いを伝えたいし、恋人の思いもわかりたいですよね。

さて、子どもの恋人は誰かといったら……それはママ。またはパパ。ママとパパとお話するときに英語が必要なら、英語への興味もグッと増すのです。

「英語のあるおうち」にする

Photo by author

Photo by author

しかし、日常生活を英語で行うなんて、非現実的。そこで、いつも観ているテレビやDVDを少しだけ英語にチェンジしてみましょう。
「ママが英語を覚えたいから、30分だけ付き合って!」でいいのです。毎日観ていたら、英語というものに慣れるのです。英語のあるおうち、が最初の第一歩なのです。

お手軽なのが動画。「子ども」「英語」といったワードで動画を検索すれば、英語音声・英語字幕・日本語字幕のコンテンツが星の数ほど出てきます。
英語超初心者を自認するなら、フォニックス(日本語で言う「五十音を習う」こと)で検索してみてください。ネイティブの幼児向けコンテンツがいろいろあります!

さらに手軽なテレビなら、やはりNHK Eテレの幼児英語番組。中でもおさるのジョージは大人気です。

もっと英語力をあげたくなる!!

https://pixabay.com/

https://pixabay.com/

そうこうしていると、ママやパパも英語力を上げたくなってくるはず。
そう思ったら、『日本語音声』で『英語字幕』をやってみて。日本語の文脈を助けに英語を理解する方法です。続けていると、頭の中で日本語が英語に置き換わっていくのを実感できるでしょう。

英語字幕は、DVD、Netflixなどの映像配信サービスや動画サイト、NHKニュースを副音声の字幕、NHK BS1のワールドニュース アメリカなどで見ることができます。

このような感じで英語のある家庭環境を作って、親子で英語力のUPを目指しましょう!
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

M.moropetti M.moropetti  エディター&ライター。出版社にて、IT雑誌、女性誌、実用誌、書籍を編集。現在はフリーで、雑誌・書籍の編集&原稿執筆、WEB原稿執筆と、姉弟の子育てをやっています@渋谷区。