2019年1月16日 公開

食育に木育…話題の【◯◯育】をいくつ知っていますか?

食育や木育など「◯◯育」という言い回し、さまざまな場面で耳にすることが増えたと思いませんか?企業や団体の活動に使われることが多く、未来を担う子どもたちに向けてメッセージが込められていることも。今回は◯◯育の中から5つをピックアップ。起源や目的をご紹介します。

全部知ってる?◯◯育


知育のほか、体育や徳育という言葉は昔からありますが、2005年に制定された「食育基本法」をきっかけにまず「食育」が世間に浸透し、その後さまざまな分野で◯◯育という言い回しが使われはじめるようになったようです。

これからご紹介する◯◯育、あなたはいくつ知っているでしょうか?

食育(しょくいく)

Oksana Kuzmina / Shutterstock.com

「食育」という言葉そのものは、1991年に料理評論家の服部幸應氏が提唱して生まれました。食についての知識や理解、能力を高め、一人ひとりが健康や環境に配慮したふるまいができるようになることを目的としています。

親子料理教室や収穫体験などはもちろん、旬の食べ物を知ること、箸づかいやマナーを習得すること、食糧問題・食物自給率について考えることなども食育の一環。

家庭でも、お手伝いやベランダ菜園などを通して食材に触れたり、旬の料理を食卓に並べたりと、子どもたちが食について考える機会を増やすることで、興味や関心を促してあげるとよいですね。

読育(どくいく)

Monkey Business Images / Shutterstock.com

「読育」は、教科書や参考書などの出版で有名な『数研出版』による活動です。

読むことがしっかり身についていれば、読解力が養われ、考える力を育めます。これから学習し、成長していく子どもたちの土台となる「読む力」を形成し、どんな難問にも取り組んでいってほしいという願いが込められています。

読み聞かせする際にも、ただ読んであげるだけではなく、「どんな気持ちだったのかな?」「この先どうなるのかな?」など、物語を楽しむことに子どもを導いてあげたいですね。成長とともに、自分で考え、答えを見つける力を育めるようになるはずです。
数研出版 読育コーナー https://www.chart.co.jp/dokuiku/

水育(みずいく)

pavla / Shutterstock.com

「水育」は、水や水を育む森の大切さに気づき、未来に水を引き継ぐためにできることを考える、次世代環境教育としてサントリーがはじめた活動です。

活動内容は、大自然のなかで森の探検や水に触れる体験をおこなう「森と水の学校」と、映像や実験を通して学ぶ「出張授業」の二つが中心です。

日本では当たり前のように、蛇口からきれいな水が出てきますが、それは水を育む森があってこそ。水がどのようにして生まれるのかなど、川や海に触れる機会に少しずつ伝えていきたいですね。
サントリー「水育」https://mizuiku.suntory.jp/

木育(もくいく)

paffy / Shutterstock.com

「木育」とは北海道庁が主導しておこなった、木のふれあいにさまざまな可能性を見出す「木育推進プロジェクト」のなかで生まれた言葉です。

現在では、その他にもさまざまな分野で使われるようになりましたが、いずれも木や森とのかかわりや遊び、木で何かを作る体験などを通して、感性を高めたり自然との共存をはかったりすることを目指しています。

人の手によって丁寧に作られた木のおもちゃは、温かみがあり、子どもたちも大好き。幼い頃から、木で作られたものに親しみを持つことも木育の一環です。

また、その木がどこからやってきたのか、環境は守られているのかなどにも思いを馳せ、子どもたちに伝えていきたいものですね。

便育(べんいく)

MIA Studio / Shutterstock.com

「便育」とは、排泄の意味を知り、自分たちの生活を振り返ることで、自分自身の健康や生活に興味を持ってほしいという活動です。子どもの主体性を考えたトイレ空間の設計などをおこなう『アクトウェア研究所』が提唱しています。

排便のことを「汚い」「恥ずかしい」と思い、幼稚園や保育園、小学校でトイレに行けず、ストレスを抱えている子どもも少なくないといいます。

しかし大便とは、その名の通り、心身の調子を知らせてくれる身体からの「大きな便り」。立派なうんちが出たら褒めてあげる、うんちはどこからやってくるのか話すなど、家庭でも子どもが便を通して自分の身体や生活にもっと関心を持てるようにしてあげたいですね。
アクトウェア研究所 http://actwarelab.com/beniku/index.html

◯◯育で子どもも大人も成長しよう

Julie Clopper / Shutterstock.com

◯◯育と呼ばれるものの多くは、企業や団体の持つ情報や知識を活かした活動が中心です。そこには子育てをする上でのヒントも多く、参考にしたい内容ももりだくさん。

上記で紹介した以外にも、花育や遊育が知られています。

興味のある◯◯育について子どもと一緒に調べてみると、思わぬ発見があるかもしれません。また私たち大人にとっても知らなかったことが多く、学びの機会になることも。親子で一緒に学び、ともに成長していきたいですね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

【私の子育てアンガーマネジメント術】イライラを解消するまでのルーチンを紹介

【私の子育てアンガーマネジメント術】イライラを解消するまでのルーチンを紹介

アンガーコントロールという言葉を聞いたことはありますか?イライラするのは当たり前!それを認めたうえで、上手に付き合おうという考え方です。でも、理論はわかっ...
育児ストレスを上手に発散!イライラする原因を見つけよう

育児ストレスを上手に発散!イライラする原因を見つけよう

もう子育てなんて無理……。一度はそう思ったことのあるパパママも、多いのではないでしょうか?子育てストレスは、うまく発散できずにいると育児ノイローゼにもつな...
一緒にお弁当を作ってピクニック!雨の日にもオススメ

一緒にお弁当を作ってピクニック!雨の日にもオススメ

お休みの日、どこか遠くへお出かけするのもすてきですが、ときには子どもたちと一緒にお弁当作りはいかがですか?親子で料理する楽しさはもちろん、旬の食材に触れた...
子どもの味覚を育てる!3歳までに好き嫌いをなくそう!

子どもの味覚を育てる!3歳までに好き嫌いをなくそう!

3歳頃までにぐんぐん発達するといわれる味覚。そもそも「味覚」とは、どのようなものなのでしょうか?子どもと大人の味覚の違いや、味覚を育てるのに役立つグッズを...
食材宅配サービスの特徴を比較!費用や使いやすさ、安全性は

食材宅配サービスの特徴を比較!費用や使いやすさ、安全性は

自宅まで配達してくれる食材宅配サービスはとても便利で、妊娠中や子育て中には重宝しますよね。安全性に配慮された食材や、時短がかなうミールキットなど、各社さま...

WRITER

みすみぞのいずみ みすみぞのいずみ  九州在住、フリーランスのライター。 2012年と2014年生まれの2男児の母です。産後、慣れない育児と家事を必死に両立させようとする中で、モノを減らした暮らしの快適さに気づきました。少ないモノで暮らしたい私と、たくさんおもちゃが欲しい子どもたちとのせめぎ合いの日々です。