2017年7月21日 公開

可愛い♪ 新生児から3カ月までの赤ちゃんとの遊び方5選

新生児~3カ月の赤ちゃんと遊ぶ方法を5つご紹介します。生まれたばかりで、まだ首もすわっていない赤ちゃんには、無理のない優しいスキンシップが基本。身長も体重もぐんぐん変化していくこの時期に、楽しい遊びで大切な赤ちゃんとの絆を深めていきましょう。

月齢によって、遊び方は違う

 (102798)

JetKat / Shutterstock.com
0歳の赤ちゃんといっても、1日中ねんねしている赤ちゃんと、ズリバイ、両手両足を交互に出すハイハイをはじめた赤ちゃんとでは遊び方が違います。

1日中天井を見上げている赤ちゃんは、姿勢を変えられないので、自分で遊ぶことができません。赤ちゃんの成長を把握しながら、刺激を与える工夫をしてあげましょう。

外遊びはいつからできる?

 (102803)

bluedog studio / Shutterstock.com
赤ちゃんとのお散歩は、1カ月健診で問題がなければ、生後1カ月以降からできるようになります。
お散歩も立派な外遊びのひとつ。毎日お部屋で過ごしていた赤ちゃんにとっては、移動するだけでも刺激がいっぱいです。気持ちのいい昼間に、赤ちゃんに負担にならない程度に外出してみましょう。

まだ赤ちゃんには昼夜の区別がありませんが、同じ時間帯に日光を浴びることによって区別がついてきますよ。パパママにとっても、軽いお散歩を楽しむことで育児のストレス解消や気分転換になります。

1.赤ちゃんと楽しくおしゃべり遊び

 (59309)

Yuganov Konstantin/shutterstock
生後1カ月前後になると、赤ちゃんは機嫌のいいときに「うー」「くー」などおしゃべりをスタートさせます。おしゃべりをするようになったら。、パパママや周りの家族も一緒に会話をしてみましょう。

新生児はまだ視覚が未熟で、約30cmしか見えませんが、耳は聞こえているので、だんだん赤ちゃんも反応してくれますよ。お世話の合間に、絵本を読んであげてもいいですね。

2.抱っこしながらゆ~らゆら

 (56534)

赤ちゃんをたくさん抱っこしてあげましょう。抱っこするときのポイントは、首をしっかり支えてあげること。赤ちゃんの負担にならないよう、気をつけてください。

抱っこしたら、体を優しくタイミングよくゆらゆらと揺らしてみましょう。パパママの体温とゆりかごのような揺れに、赤ちゃんは安らぎを感じます。抱っこしているときに、優しくメロディを歌ってあげるのもおすすめです。

股関節脱臼が心配な時期ですので、不自然に足を伸ばさないように注意してくださいね。

3.手で持ちやすくて音が鳴るおもちゃ

 (56533)

赤ちゃんに最初にプレゼントするおもちゃは、成長に合わせて軽くて持ちやすいものを選びましょう。振ると音が出るガラガラや音楽が鳴るベビージム、木の素材でできた歯固めもおすすめです。おもちゃでの遊びは、指先の発達や知育にもつながりますよ。

ただし、小さすぎるおもちゃは、飲み込んでしまい、窒息や誤飲の心配があるので注意してください。

4.優しくベビーマッサージ

 (56527)

赤ちゃんの身体を優しくマッサージして、安心させてあげましょう。

感覚と心を育むベビーマッサージには、赤ちゃんの免疫力をアップさせたり、運動機能の発達を促したりといった効果が期待できます。赤ちゃんの肌を摩擦や乾燥から守りたい場合は、マッサージオイルを用意するのもおすすめ。お風呂上りの着替え前に行うと、気持ちいいですよ。

ただしオイルを使う場合は必ずパッチテストを行い、敏感な赤ちゃんの肌に合うかを確認してからにしてくださいね。

またベビーマッサージをする際、いきなり裸にされると、赤ちゃんも不安な状態になります。赤ちゃんがびっくりしないように、室温を快適な温度に設定し、リラックスできるBGMを流すなど環境を整えることも必要です。

5.赤ちゃんの身体の色々な部分に触ろう

 (56531)

赤ちゃんはまだ、自分の身体のパーツを認識していませんが、徐々に不思議がったり興味を持ちます。ですから、赤ちゃんの身体に触りながら、「これは何」と教えてあげましょう。

鼻をちょんちょん触って「これはお鼻だよ、可愛いお鼻だね」
お腹をなでて「お腹だよ、柔らかくてあたたかいね」
手を握って「ほら、手を握ってるよ。楽しいね」

パパママにいっぱい触られて、赤ちゃんもご機嫌になるはずです。赤ちゃんと視線を交えながら、触ってあげてくださいね。

遊びは赤ちゃんとの大事なスキンシップ

 (56528)

おむつ替えや授乳・ミルク、お昼寝などの合間に、赤ちゃんに笑顔でいっぱい話しかけて、触れ合いをしましょう。パパママが世界を広げてあげることによって、表情豊かになっていきますよ。

子どもはしっかりと、大人の仕草や愛情を感じ取っています。

言葉はわからなくても、子育てする日常生活の中で大好きな赤ちゃんとの絆は深められるのです。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

0歳からはじめる♪赤ちゃんの脳を育てる知育遊び

0歳からはじめる♪赤ちゃんの脳を育てる知育遊び

0歳から赤ちゃんの脳はグングン成長しています。そこで今回は、0歳からはじめることができる赤ちゃんの知育遊びをご紹介。特別な器具は一切必要ありません。赤ちゃ...
0歳児の赤ちゃんの特徴とは?一緒に遊べるおすすめの遊び

0歳児の赤ちゃんの特徴とは?一緒に遊べるおすすめの遊び

0歳児の赤ちゃんとどのような遊びでコミュニケーションを取ったら良いのか、迷ってしまうパパママも少なくありません。1歳までは月齢によって赤ちゃんの成長が大き...
【9月開催】学び盛りを助ける最強の給食レシピを「つくりおき」で!英才食育相談ランチ会

【9月開催】学び盛りを助ける最強の給食レシピを「つくりおき」で!英才食育相談ランチ会

子どもの健やかな成長にはバランスの良い食事がとても大切ですが、そこに「頭の良くなる」要素が加えられれば。忙しいパパママでもできる「つくりおき」料理で、毎日...
赤ちゃんと一緒に旅行に行けるのはいつから?便利な持ち物を解説

赤ちゃんと一緒に旅行に行けるのはいつから?便利な持ち物を解説

赤ちゃんが生まれたら、いつから一緒に旅行へ行けるのか気になりますよね。月齢が低いとあまりに長期の旅行は難しいかもしれませんが、兄妹がいると赤ちゃんに合わせ...
「赤ちゃん研究員」募集中の大学とは?わが子が社会の役に立つ!

「赤ちゃん研究員」募集中の大学とは?わが子が社会の役に立つ!

「赤ちゃん研究員」をご存知でしょうか?「赤ちゃん研究員」とは、成長著しい赤ちゃんの発達過程などを調査している大学の研究室に協力するというもの。生後間もない...

KEYWORDS

WRITER

haniIshikawa haniIshikawa  タイに4年在住。2017年に帰国しました。0歳と3歳の男の子を育てています。在宅ワーク(ブログ・ライター業)と育児の両立が目標。【趣味】カメラ、読書。シンプルライフ、ミニマリストを目指しています!