2017年10月24日 公開

子連れキャンプを体験しよう!魅力は?初心者が楽しむコツは?

自然と触れ合うためにうってつけのレジャーといえば、キャンプ。子ども連れでキャンプに挑戦してみたいけれど、大変かも、と迷っている人もいるのでは?オーストラリアで何度も家族キャンプを楽しんできた筆者が、実体験をふまえて「子連れキャンプ」のコツと魅力を紹介します。

子連れでキャンプ体験、初心者でも大丈夫?

キャンプは家族で楽しめるレジャーです。
via Photo by author
自然の中でのびのびと過ごす時間は、子どもの感性を豊かに育みます。大自然を存分に味わうのにうってつけのレジャーといえば、キャンプ。ですが、「家族でキャンプを楽しみたい」と思いつつ、子連れでは大変かも、と二の足を踏んでいる方も、実は多いのではないでしょうか。

筆者の住むオーストラリアでは、キャンプはファミリーに大変人気のレジャーです。筆者自身、年に2~3回は家族でキャンプに行きますが、子どもたちはとても喜びます。

この記事では、はじめて子どもと一緒にキャンプに行ってみたい方へ、筆者の実体験を交えた「子連れキャンプの楽しみ方」を紹介します。

キャンプ場を選ぶ際のポイントは?

ネットの情報やGoogle mapも活用して現地の下調べを。
via Photo by author
キャンプ場の設備は、ネットで事前に確認しておきましょう。

キャンプに慣れていない方、子ども連れの場合は、温水シャワー、水洗トイレ完備の場所がおすすめです。「家族連れにおすすめ」などの記載があるキャンプ場なら、安心ですね。

子連れキャンプは荷物が多くなりがち。テントのすぐ近くまで、車が入れるようになっている施設が便利です。

キャンプ場に到着してからは、荷物を降ろしたり、テントを立てたり、と、セッティングに意外と時間がかかるものです。わが家がはじめてキャンプをしたときは、テント設営に1時間かかりました。

現地に早めに到着できるよう、慣れないうちはあまり遠くない場所を選ぶとよいでしょう。

持ち物の準備は?

ヘッドライトやナイトライトは夜に大活躍します。
via Photo by author
テント、寝袋、イスとテーブル、調理道具、食材といった、基本のキャンプ用品のほか、オムツ、多めの着替え、おもちゃ、おやつなど、子ども用品も忘れずに。

ティッシュ、ペーパータオルは、お皿やテーブルを拭くときに大活躍。ビニール袋はゴミや持ち物の整理に使えます。たっぷり持っていきましょう。

ランタンに加えて、ヘッドライトもぜひ持参を。夜の屋外は想像以上に暗く、作業しづらいです。子どものお世話をするとき、カバンの中の探し物をするとき、ヘッドライトは大活躍。パパもママもひとつずつ用意しましょう。お子さまにも付けてあげると、探検家気分が盛り上がって喜びますよ。

また、電池や充電式で、スイッチひとつで点灯するナイトライトは、子連れ家族の必需品です。夜のテントの中は真っ暗。夜中に子どものお世話をするとき、サッと灯りが付くととても便利です。
キャンプ場の天気予報はもちろん、夜間の気温もチェックして、衣服を準備しましょう。

さあ、後はキャンプ場に行くだけ!

現地ではどうやって楽しむ?

テントを立てるのも、子どもにとっては楽しい作業です。
via Photo by author
キャンプ場では、何をすればよいでしょう?

周辺の観光施設を訪れたり、アクティビティを計画するのも楽しいですが、実は「キャンプそのものがお楽しみ」なのです!

テントを立てるのも、寝袋を広げるのも、子どもにとってはそれだけでワクワクすること。興味津々で手伝ってくれるでしょう。準備が整ったら、新鮮な空気を味わいながら、ゆっくりリラックスする時間です。

トイレは?シャワーは?調理場は?と場所を確認したり、あたりを歩き回っているだけでも、あっという間に時間は過ぎていきます。自然の中ならではの、野鳥や昆虫、草花を見付ける楽しみもあります。

ただし、施設内であっても、お子さまの安全には必ず気を配ってあげてください。

子連れならでは?こんなことも……

子どもはごはんが待てない!インスタントのスープ+パンで手早く。
via Photo by author
キャンプといえば、アウトドアならではの夕食づくりを計画しがちです。

しかし、子連れキャンプの場合、夕方はただでさえ忙しい時間。子どもとキャンプを楽しむことに重点を置くなら、食事は思い切って手を抜いてしまうのも手です。

たとえば、「ソーセージと野菜1~2品を焼くだけ+ロールパン」など。インスタントのカップスープやラーメン、シリアル、レトルトなども上手に利用しましょう。

筆者も、最初の頃は食材をたくさん準備して料理していました。が、とても慌ただしくなってしまい、食事がおわるとクタクタに……。

最近では、キャンプだからと割り切って、できるだけ調理をしないメニューを工夫しています。

家に帰ってからバランスの取れた食事をすることにして、キャンプではパパもママもリラックスして過ごしましょう。

最後に

野生の生き物との出合いもキャンプの醍醐味です。
via Photo by author
キャンプの一番の魅力は、やはり自然の中でゆったり過ごすことの開放感!

生活の舞台が大自然の中に移るだけで、寝ることも食べることも「特別な楽しい体験」に変わるのが、キャンプの面白さだな、と筆者は感じています。

またキャンプは、そうした日常のことを、家族で協力し合いながらやる、よい機会にもなります。みんなで荷物を運び、寝る場所を準備し、片付けをする……。子ども自身が身の回りのことに関心を持つ、よいきっかけになるでしょう。

ぜひとも、お子さまと一緒にキャンプに出かけてみてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

家族で行く冬キャンプ!夏にはない冬キャンプの魅力とは?

家族で行く冬キャンプ!夏にはない冬キャンプの魅力とは?

キャンプは夏にするものだと思っている方も多いのではないでしょうか?実際には、冬だからこそ楽しめるキャンプの魅力もあるものです。冬キャンプのおすすめポイント...
防災対策にもなるキャンプグッズの選び方!万一のときのためグッズも知恵も備えよう

防災対策にもなるキャンプグッズの選び方!万一のときのためグッズも知恵も備えよう

キャンプに使うアウトドアグッズが防災用品としても優秀だとして、世間の注目を集めています。災害対策としても使えるおすすめのキャンプグッズと、グッズの選び方の...
日本最大「ジャパン キャンピングカーショー2018」2月2日~4日、幕張メッセで開催

日本最大「ジャパン キャンピングカーショー2018」2月2日~4日、幕張メッセで開催

2月2日(金)~4日(日)の3日間、幕張メッセで日本最大の「ジャパン キャンピングカーショー2018」が開催されます。さらに今回は、「ジャパン トレーラー...
楽しみ方いろいろ♪お子さまにおすすめのハンモック5選

楽しみ方いろいろ♪お子さまにおすすめのハンモック5選

最近、ハンモックがひそかなブームになっています。お庭だけではなく、おうちの中やキャンプなど、さまざまな場所でハンモックが大活躍。寝転がるだけでワクワクする...
わくわくどきどき体験で、ツインリンクもてぎを満喫

わくわくどきどき体験で、ツインリンクもてぎを満喫

ツインリンクもてぎは、栃木県芳賀郡茂木町にあるサーキットを中心にしたテーマパークです。日本最大級のジップライン「メガジップライン つばさ」や3歳から乗れる...

WRITER

Chieko Chieko  高校生の女の子、小学生の男の子を持つ、二児のママ。2013年より西オーストラリア・パースに家族移住しました。オーストラリアの食・子育て・英語などをテーマに書いているブロガー・フリーライターです。