2016年8月6日 公開

猛暑時には涼しい室内で!都内の室内遊園地や体験施設4選

暑い中外で遊ぶのは子どもが熱中症になってしまうかもしれない……。そんな心配事がありますよね。そんな時は暑さも気にならずめいっぱい遊べる「室内遊園地や体験施設」にいってみてはいかがでしょう。都内で楽しめる人気のプレイグラウンドをご紹介します。

知育玩具のレゴがいっぱい「レゴランド」

 (11018)

 (11019)

知育玩具で有名なレゴブロック。300万個以上のレゴブロックが楽しめるレゴランドが都内で楽しめます。レゴ博士の話を聞けるレゴファクトリーや、臨場感たっぷりの4Dシネマ、レゴブロックで東京の街を再現したジオラマ、ミニランドなど、お子さまが喜ぶアトラクションやイベンが盛りだくさんです。
オンラインチケットも発売されているため、事前に購入しておけば、お得にそして並ばず入場できます。


【所在地】
レゴランド・ディスカバリー・センター東京
東京都港区台場1-6-1デックス東京ビーチアイランドモール6階

【営業日・時間】
平日:午前10:00~午後8:00(最終入場 午後6:00)
土日・祝:午前10:00~午後9:00:(最終入場 午後7:00)

【入場料】
当日チケット2,300円(3歳以上有料)
※その他、オンラインチケットはじめ、様々なチケットの種類あり

【アクセス情報】
・ゆりかもめ お台場海浜公園駅 徒歩2分
・りんかい線 東京テレポート駅 徒歩5分

子どもも大人も楽しめる「東京おもちゃ美術館」

 (11023)

赤ちゃんから小学生、大人同士でも楽しめる場所。赤ちゃん木育広場は木でできたおもちゃがいっぱいあり、優しい木のおもちゃを楽しむことができます。おむつ替えスペースや授乳スペースも用意されているので、赤ちゃん連れの家族には助かりますね。
3歳以上のお子さまは、おもちゃづくりや伝統のおもちゃの見学もできます。小学生になるとゲームや科学実験にもチャレンジできます。

【所在地】
東京おもちゃ美術館
東京都新宿区四谷4-20 四谷ひろば内

【営業時間】
午前10:00~午後4:00 (入館は午後3:30まで)

【定休日】
毎週木曜日・特別休館日(2月・9月の年2回)・年末年始

【入場料】
大人800円(中学生以上)、子ども500円(6カ月~小学生)
おとなこどもペア券1,200円 

【アクセス情報】
東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目駅 
2番出口より お子さま連れで徒歩7分

お子さまが大好きボールプールの温泉「こどもの湯」

 (11027)

約88,000個のボールを使用している史上最大級のボールプールでできた温泉。本物の温泉のようにいろいろ楽しい仕掛けが盛りだくさんで、親子ともにくつろげ楽しむことができる施設です。
施設のつくりは銭湯さながら!お祭り広場もあります。


【所在地】
東京こども区こどもの湯
東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン「東京ソラマチ」5F

【営業時間】
午前10:00~午後9:00 (最終入場 午後8:00)

【入場料】
大人(16歳以上の保護者)・中人(小学3年生~15歳) 
最初の60分540円、延長30分ごとに300円
小人(小学2年生以下) 
最初の60分1,080円、延長30分ごとに600円

【アクセス情報】
・東武スカイツリーライン とうきょうスカイツリー駅 すぐ
・京成押上線、都営浅草線、東京メトロ半蔵門線 押上(スカイツリー前)駅 すぐ

科学の勉強をしよう「日本科学未来館」

 (11031)

本格的な設備でさまざまな実験が体験できる実験工房や、親子で体験できる「"おや?"っこひろば」、プラネタリウムなどたくさんのアクティビティや、見学が楽しめる施設です。ただ遊ぶだけではなく、科学の勉強ができところも魅力的です。
展望ラウンジにあるレストランやカフェだけではなく、「ベビーズカフェ」として、授乳スペースやおむつ替えベッドなどが用意されたスペースもあり、小さなお子さま連れの場合でも安心ですね。

【所在地】
日本科学未来館
東京都江東区青海2-3-6

【営業時間】
午前10:00~午後5:00 (※入館券の購入は閉館30分前まで)

【定休日】
火曜日(火曜日が祝日の場合は開館)、年末年始(12月28日~1月1日)

【入館料】
大人620円、子ども210円(18歳未満)
※6歳以下の未就学児は無料
※土曜日は18歳以下無料

【アクセス情報】
・ゆりかもめ 船の科学館駅 または テレコムセンター駅 徒歩5分
・りんかい線 東京テレポート駅 徒歩15分

外じゃなくても楽しめるスポット

お子さまがいると「どこかに連れて行ってあげたい!」という気持ちになりますよね。

そして、家の中にばかりいると子どもは大騒ぎしたり、飽きたりして、大変なことに……。いつもの児童館や子育て支援センターもマンネリ、そして暑い中、外で遊ぶのはちょっと辛い。

そんな時は、涼しくて大人も一緒に楽しめる場所で、思う存分楽しんでみてはいかがでしょうか?
ちょっと遠出をすることや、電車やバスなどを利用することも子どもたちにとっては一大イベントにもなるのではないでしょうか。

お子さまと一緒に、楽しい思い出がたくさんできるといいですね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

猛暑を避けて!涼しく遊べる体験型ミュージアム5選【神奈川】

猛暑を避けて!涼しく遊べる体験型ミュージアム5選【神奈川】

夏休みで子どもといつも一緒。おでかけしたいけど、猛暑だと熱中症などが気になるし、小さいお子さまは室内の方が過ごしやすいですよね。真夏でも涼しく快適に過ごせ...
猛暑日でも「知育と体育」を楽しめる!東海地方の室内遊園地5選

猛暑日でも「知育と体育」を楽しめる!東海地方の室内遊園地5選

暑くて外遊びはできないけれど、子どもたちの体力はあり余ってる……そんな時は親子で室内遊園地に出かけて、体をめいっぱい動かしてみてはいかがでしょうか。体育だ...
涼しく室内で楽しもう!関西の室内遊園地4選

涼しく室内で楽しもう!関西の室内遊園地4選

海や公園など外で汗をかいて元気いっぱい遊ぶのもいいですが、猛暑日となるとそうはいきませんよね。子どもは家にいれば退屈でさわぎだして大変。お子さまが退屈しな...
気軽に親子で楽しめる「都内のボルダリングスポット5選!」

気軽に親子で楽しめる「都内のボルダリングスポット5選!」

全身を大きく使い、バランスよく筋肉を鍛えることができるスポーツとして近年人気のあるボルダリング。どこを掴めば上まで登れるのか頭で考えるので、知育的要素も含...
【GWイベント】子どもと楽しむクラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018」

【GWイベント】子どもと楽しむクラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018」

2018年5月3日〜5日の三日間、東京・丸の内、池袋エリアにて、世界最大級のクラシック音楽祭 「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018」が開催されます。...

WRITER

ゆき ゆき  2歳児を教育中。この先どうなることやら不安と期待でいっぱいです。