2018年6月21日 公開

一緒にお弁当を作ってピクニック!雨の日にもオススメ

お休みの日、どこか遠くへお出かけするのもすてきですが、ときには子どもたちと一緒にお弁当作りはいかがですか?親子で料理する楽しさはもちろん、旬の食材に触れたり、苦手な食べ物に挑戦したりするチャンスにも!6歳3歳兄妹とのお弁当作りの様子をご紹介します。

子どもと一緒の料理は大変?「お弁当」ならここが楽!

photo by author (98766)

via photo by author
こんにちは!ライターのsahyuです。突然ですが、パパママのみなさんは「子どもと一緒にお料理」されていますか?料理は「お手伝い」「食育」「親子での共同作業」などなど、たくさん学びがある良いこと尽くしな経験です。

しかし、子どもたちにとって非常に楽しい時間となることはわかっているものの、実際に挑戦してみると、包丁や熱いものの扱いにヒヤヒヤしたり、キッチンがぐちゃぐちゃになってしまったり……。ただでさえ忙しいパパママにとっては、なかなか大変なイベントですよね。

そこでオススメしたいのが、「子どもと一緒にお弁当作り」です!

以前「chiik!」に掲載された、「幼稚園のお弁当は学びの宝庫!わが子の成長を促そう」という記事に影響を受け、何度か息子と一緒に幼稚園のお弁当作りに挑戦したわが家。

息子は、大喜び!私も楽しかったのですが、平日は仕事もあるし、毎朝7時半には出発するし……。毎日、実践するのは厳しそうだとも感じました。そこで、休みの日にピクニックのお弁当をみんなで一緒に作ってみたところ、兄妹ともに大喜び。

「おにぎり」など、簡単に作ることのできるメニューを選びやすい「お弁当」であれば、準備や片付けも比較的楽チン。最後はお弁当箱に詰めるだけなので、子どもたちメインで進めても、それなりの完成度に持っていきやすい点も魅力に感じています。

まずはシンプルすぎるくらいのメニューからはじめてみると、パパママ自身の負担も少なく、より楽しめると思いますよ!

パパママと一緒にキッチンに入るだけで、子どもは楽しい!

photo by author (98769)

via photo by author
子どもは、大好きなパパママのすることに興味津々。いつもは「危ないから」と中に入らせてもらえない(わが家だけ??)キッチンへ一緒に入るだけで、その特別感に大喜びするお子さまも多いのではないでしょうか?

「野菜を洗う」「卵を混ぜる」あたりであれば、火傷やケガの心配もなく、2歳ぐらいの子でも無理なく任せることができますよ。

包丁よりも簡単な、キッチンばさみがオススメ

photo by author (98773)

via photo by author
6歳兄は、一応「マイ包丁」なるものを持っていますが、まだつきっきり見ていないと怖くて使わせられません……。兄妹二人を同時に見なければならないわが家では、包丁に比べると安心して使わせられるキッチンばさみが大活躍!

ウィンナーやブロッコリーなどは、チョキチョキしてもらいます。スクランブルエッグなどの簡単な炒め物などは、妹も兄と一緒に作ることもあります。

季節の食べ物に触れるきっかけにも!

「お弁当作りの準備」として、スーパーなどに一緒に行き、旬の野菜や果物について話しながら、お買い物をする時間も楽しみの一つです。

お店に入るや否や、ちょっと目を離すとすぐに姿を消してしまうわが子たちなので、普段はなるべく同伴せずに済むように時間をやりくりしているくらいですが、時間も気持ちも余裕がある中での目的があるお買い物は、親子ともに楽しいもの。

特にオススメは八百屋さん。お店の方とおしゃべりしながらいろいろ教えていただくことは、立派な「食育」だと思います!また、自分で野菜を選び下準備したことがきっかけで、妹は苦手だったブロッコリーが食べられるようになりましたよ。

準備から片付けまで、パパママも楽なスタイルで!

photo by author (99206)

via photo by author
当日急に思い立ったようなときは、冷凍食品なども活用。この日も、つくねは生協で頼んだもの、ブロッコリーは事前にまとめて茹でて、ストックしてあったものを利用しました。

ウィンナーと卵の炒め物、ブロッコリーの塩昆布和え、おにぎりの具として胡麻とおかかとシラスの醤油和えを、子どもたちと一緒に調理します。

子どもにとっては遊びの延長?いざ、お弁当作り!

photo by author (99205)

via photo by author
3歳妹もいるため、お弁当作りというよりは、ほぼ「おにぎり作り」状態です……。でも簡単なだけあって、子どもたちにある程度任せて自由にやらせることができるため、本人たちはとても楽しい様子。

一度手で握らせたら、ぐちゃぐちゃになってしまったことがあり(写真左上)。それからは衛生面を考えて、ラップを使用することに。その方が具を包みやすいようです。

妹はまだ手が小さいため、上手に包んで握ることができないので、一度小さな小鉢にご飯と具を入れてから、ラップの上にひっくり返すスタイルに落ち着きました。

ときにはおうちでシートを敷いて……。雨でも楽しい!

photo by author (98789)

via photo by author
もともとお弁当を持って、近所の公園や川などでピクニックすることが大好きな子どもたちは、一緒にお弁当を作りはじめてからは、さらに楽しくなった様子。

雨の日でも「おうちピクニック」と称して、家でレジャーシートを広げ、作ったお弁当をお昼ごはんにするなど、天気の悪い日に家で時間を過ごす一つの選択肢としても活躍しています。

かけがえのない時間を子どもと一緒に!

自分の手で作ったごはんは、格別のおいしさ!それを家族みんなでいただく楽しさは、何気ない日常の中の、かけがえのないひとときですよね。

親子で一緒に料理をする楽しさだけでなく、季節の食べ物に触れるきっかけや、苦手意識のある食べ物を克服する機会になるなど、うれしいことがいっぱいの「カンタンお弁当作り」。皆さんもぜひ試してみてはいかがでしょうか!
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

メンタルリープを知って育児中の不安を解消【基礎知識と対処法】

メンタルリープを知って育児中の不安を解消【基礎知識と対処法】

メンタルリープという言葉を聞いたことがあるでしょうか?赤ちゃんの度重なるぐずりや不機嫌に、不安やイライラを抱えているパパママは注目。メンタルリープが理解で...
卒乳はいつ頃?みんなどうしてる?そのメリットとは

卒乳はいつ頃?みんなどうしてる?そのメリットとは

「卒乳はいつ?」というのは、母乳で育児をしているお母さんにとって大きな悩みだと思います。お母さんには少し寂しさもある卒乳ですが、子どもにとっては大きな成長...
学習能力UP!英才食育につながるつくりおき料理って?

学習能力UP!英才食育につながるつくりおき料理って?

体によく、記憶力や集中力がUP、そしておいしい! そんな料理が作れたら嬉しいですよね。「学習能力をあげるつくりおき」をテーマに開催したChiik!×出張つ...
子ども食堂はワンオペ育児、孤育て中の親にとって助かる場に

子ども食堂はワンオペ育児、孤育て中の親にとって助かる場に

近年、全国で急速に増加中の子ども食堂。主な目的は家庭での孤食が多い子どもたちに、無料か低料金で共食の機会を提供することですが、多くの子ども食堂は親も参加対...
野菜嫌いを小学校入学までに克服するには【ベジトレ】が必要!?

野菜嫌いを小学校入学までに克服するには【ベジトレ】が必要!?

学校給食の残食率が増え、特に野菜の食べ残しが多いこと、また『10年前と比べて子どもの偏食が増えている』と感じる教員が約80%いることが、トレンド総研の調査...

WRITER

sahyu sahyu  東京都在住、6歳息子と3歳娘のママライター。広告業界を経て、結婚・出産を機に、国内外のトレンドやニュース記事の執筆を始めました。現在は、子どもとのおでかけ記事やワークショップ体験記など、子育て中の今だからこそ書ける記事を手がけることが増えています。子どもや家族との毎日がより楽しくなるような情報を発信できるようにがんばります!よろしくお願いいたします☆