2018年05月26日 公開

二人あやとりの遊び方をイラストで解説

古くから日本で親しまれている、あやとり。今回は親子や兄弟などで楽しくできる「二人あやとり」をご紹介します。簡単ですが、たくさんの型があるので、ひとつずつ覚えていきましょう。おうち遊びや待ち時間に大活躍しますよ。

           

古くから日本で親しまれている、あやとり。今回は親子や兄弟などで楽しくできる「二人あやとり」をご紹介します。簡単ですが、たくさんの型があるので、ひとつずつ覚えていきましょう。おうち遊びや待ち時間に大活躍しますよ。

あやとりのひも

 (97952)

毛糸を使用します。長さは、手首からひじまでの長さの4〜5倍くらいを目安にしましょう。2人でひもを取り合いますので、少し長めの方がやりやすいです。

ふたりあやとりの遊び方

図のように手首に一回巻くようにします。
両手・中指を手首のひもに通します。
 (97682)

「つり橋」ができました。
相手の人は、図の青いマークのところを、それぞれ親指と人差し指でつまみます。
 (97683)

しっかりひもをつまんだまま、下の手首のひもの内側に通します。
 (97684)

親指と中指を広げて、ひもを張ります。「田んぼ」ができました。
相手の人は、図の青いマークのところを、それぞれ親指と人差し指でつまみます。
 (97685)

しっかりひもをつまんだまま、外側からくるっとひもの内側に通します。
 (97686)

「川」ができました。相手の人は左右の小指をそれぞれ、内側の奥の方のひもに引っ掛けます。
 (97687)

小指でひもをしっかり握ったまま、親指と人差しを輪の内側にくぐらせて、指を開きます。
 (97688)

「舟」ができました。青いマークのところから、両手・親指と人差し指でひもをつまみます。
 (97689)

親指と人差し指でひもをつまみながら、上から中央のスペースに両手を入れて、指を開きます。
 (97690)

「田んぼ」ができました。青いマークのところに、親指と人差し指を入れてひもをつまみます。
 (97691)

ひもをしっかりつまんだまま、中央のスペースに両手を下から通し、指を開きます。
 (97692)

「ダイヤ」ができました。青いマークのところに、親指と人差し指を入れてひもをつまみます。
 (97693)

両手を左右の外側にくるっと回しながら、指を開きます。
 (97958)

「カエル」ができました。青いマークのところに、親指と人差し指を入れてひもをつまみます。
 (97695)

親指と人差し指でひもをしっかりつまみながら、中央の2本のひもの間に通して、指を開きます。
 (97696)

「ダイヤ」ができました。青いマークのところに、子指を入れてひもをつまみます。
 (97698)

小指でしっかりひもを握ったまま、親指と人差し指で図のようにひもをつまみます。
 (97699)

親指と人差し指でひもをしっかりつまみながら、くるっと回して指を開きます。
 (97700)

「鼓」ができました。青いマークのところに、親指と人差し指を入れてひもをつまみます。
 (97701)

親指と人差し指でひもをしっかりつまみながら、くるっと回して指を開きます。
 (97702)

「川」ができました。途中にもどって続けます。
 (97703)

まとめ

むずかしいのは、親指と人差し指でひもをつまみ、くるっと回してからそれぞれの指を開くところ。これさえ要領をつかめば、ほとんどがパターンを少し変えるだけでできます。ポイントはしっかりひもをつまむことと、ぴんと張ること。基本の、「つまむ、回す、通す、開く」を練習してみましょう。2人で息を合わせてすいすいできれば、気分も盛り上がってますます楽しくなります。ぜひトライしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

MAWA MAWA