2017年1月16日 公開

ニセコはもはや英語圏?スキーの他にも楽しさいっぱい

国土交通省の平成27年度住宅地の地価公示価格アップNo.1は北海道のニセコ町でした。外国人富裕層がバカンスを過ごすためのペンションやコテージが、次々と建っていることが要因の1つといわれています。リゾート化したニセコや倶知安の魅力と楽しみ方をご紹介します。

パウダースノーのスキー場で思いっきり滑ろう

 (37111)

Tetsuji Sakakibara/CC BY-SA 2.0
北海道にあるニセコアンヌプリの4つのスキー場は雪質が良いので、日本国内はもちろん海外からも多くの人が集まります。
子どものためのスキースクールは個人レッスンで、7歳以上のクラスと、3歳から未就学児の2クラスがあります。子どものための割引デーや特別レッスンデーも用意されていて、イベントもいろいろあり、楽しく過ごせる工夫がされています。
スキーだけでなく、スノーシュー(雪の上を歩くための道具)をつけて散歩を楽しんだり、親子でスノーノービルの爽快さを味わったりして、ウィンタースポーツを満喫してください。
 
ニセコアンヌプリ国際スキー場
【所在地】
北海道虻田郡ニセコ町字ニセコ485

【営業日・定休日】
・通常営業
2016年11月26日(土)~2017年5月7日(日)
午前8:30~午後4:30
・ナイター営業
2016年12月10日(土)~2017年3月20日(月)
午後4:30~午後8:30

【アクセス】
・車
 札幌からR230(中山峠)経由で約2時間・約110km
 小樽からR5経由で約1時間30分・約60km 
 新千歳空港からR276(美笛峠)経由で約2時間・約110km
・バス
 札幌から約3時間40分
 小樽から約2時間
 新千歳空港から約2時間56分
 ※運行時間が変更になることがあります。詳細は事前にお問い合わせください。
・電車
JRニセコ駅 路線バスまたはタクシー 約10分

Accommodation in Niseko

ステキなホテルやペンション、コテージに泊まってみよう

Lounge - Hilton Niseko Vill...

Lounge - Hilton Niseko Village.

MIKI Yoshihito/CC BY 2.0
海外のスキーヤーは、1カ月から3か月ニセコに滞在してスキーを楽しむそうです。
そんなゲストを迎えるため、おしやれなホテルやペンション、コテージができました。
源泉かけ流しの露店風呂がついたペンション、料理自慢のペンションなど、ホテルよりリーズナブルに宿泊できるので、ひとつに決めないであちこちのペンションを回ってみるのもおもしろいかもしれませんね。
家事の役割分担を決めて自立心を養うためには、コテージがいいでしょう。1棟貸し切りなので、気兼ねなく過ごせますよ。

Lower Hirafu Village

ロッジの紹介は1:12から

ニセコにはおいしいものが勢ぞろい!

 (37125)

ニセコは、道内でも有数の野菜の産地です。地元の野菜を活かした料理や北海道ならではのジンギスカン料理など、おいしい食事ができます。

海外からの旅行者が激増したので、素敵なお店も増えているようです。
スイーツ好きにおすすめなのが『ニセコヌプリホルスタインズミルク工房』、ソフトクリームはもちろん、プリンやロールケーキ、冬限定のエクレアもおいしいと評判です。
パリッとした皮のシュークリームは、注文してからクリームを入れてくれますよ。
食事には、食べ放題のあるバーベキュハウス『木々亭』は、いかがでしょうか。お肉は、カルビ・みそホルモン・ジンギスカンなど。
海産物は、いか・つぶ貝・ほたて。道産のカボチャやじゃがいもなど全35品。
子どもたちは、バイキング大好きですよね。近くに日帰りもOKの『いこいの湯宿いろは』があるので、温まって帰ることもできます。

Dining in Niseko

温泉にショッピング、アフタースキーも充実!

Hilton Niseko Village.

Hilton Niseko Village.

MIKI Yoshihito/CC BY 2.0
 (37112)

ニセコにはたくさんの温泉があるので、1枚で最大4施設に行ける『湯めぐりパス』が便利です。
1枚2,160円ですが、4人までこのパス1枚で入いることもできます。
泉質の豊かな温泉でゆっくりするのもいいですね。海外からの旅行者のためのユニークなスーパー『ニセコスーパーマーケット&デリ』も行ってみたい場所です。
年中無休の海外のようなスーパーは、いろいろなシリアルがあったり、七面鳥が1羽で売っていたり、ボリューム満点のサンドイッチなどのデリ(洋風総菜)が豊富です。
ウィンドショッピングなら、ニセコビレッジの町屋建築を用いたショップはいかがでしょう。
ノベルティーグッズのお店や小樽の『大正硝子館』などのお店が入っています。

ニセコで海外の方とお友達になれるかも?

NISEKO VILLAGE WINTER 2016 - 2017

ニセコのスキー場やレストランは、日本人より外国人の方が多いそうです。
子どもたちは大人より耳がよくて、英語に対して変な物怖じをしないので、気軽に外国人とも話せそうです。帰る時には、英語であいさつをしているかもしれませんね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

「うわぁ、すごい」を連発しちゃう雪の祭典を見に行こう

「うわぁ、すごい」を連発しちゃう雪の祭典を見に行こう

北国の長く厳しい寒さの冬を少しでも元気に過ごせるように、雪まつりは開かれるようになったのでしょう。すばらしい雪像やかわいらしいかまくら、雪燈篭を見て、「き...
ホテルのオールインクルーシブが子連れ旅行に断然おすすめの理由

ホテルのオールインクルーシブが子連れ旅行に断然おすすめの理由

オールインクルーシブってご存知ですか?ホテル滞在中の食事・飲み物、アクティビティ代が含まれているプランのこと。海外の子連れリゾート旅行も安全・便利、かつ学...
帰省時の子連れ新幹線を乗り切るコツ【経験から裏技も伝授!】

帰省時の子連れ新幹線を乗り切るコツ【経験から裏技も伝授!】

子連れ新幹線は不安でいっぱいですよね。筆者は長男が2歳のときから年に2度、帰省で東京から新大阪まで新幹線を利用しています。次男出産後も筆者1人で!赤ちゃん...
子連れ旅行に必須の持ち物リスト完全版!これで何があっても大丈夫!

子連れ旅行に必須の持ち物リスト完全版!これで何があっても大丈夫!

旅行やお盆の帰省、年末年始など、長時間の移動は持ち物も多く大変なもの。赤ちゃんや小さな子どもがいる家庭ではなおさらです。最低限これだけはそろえておきたいと...
【異年齢の子ども連れ】海外旅行を楽しむための5つのポイント

【異年齢の子ども連れ】海外旅行を楽しむための5つのポイント

日頃できない経験ができ、家族のきずなを深めるにもぴったりな海外旅行。それでもやはり、不安が多くてなかなか実行できない……というパパママも多いのではないでし...

KEYWORDS

WRITER

やまやま やまやま  わたしの子育ての結果が良くも悪くもでている子供達です。