2018年6月9日 公開

子育ての悩みを軽くするには?反抗期の子どもへの対処法

イヤイヤ期や第一次反抗期を迎えた子どもが繰り返す「イヤ!」には、親も疲れてしまいますよね。成長の証とわかっていても、先の見えないトンネルに入り込んでしまったような気持ちになるパパやママも多いことでしょう。 反抗期の育児が楽になる方法を一緒に探してみませんか?

子育てで悩むタイミングとは?

 (99110)

NadyaEugene / Shutterstock.com
イヤイヤ期や反抗期の子育ては、とにかく「つらい」「しんどい」……。子育てで最も悩むひとつのタイミングが、イヤイヤ期や反抗期ではないでしょうか。なぜこんなにもつらいのか、具体的に見ていきましょう。

上手にしつけができない

幼稚園や保育園に通いはじめると、ぶち当たる問題が「しつけ」です。家の中で家族中心で過ごせた赤ちゃんの間ならばまだしも、外に出て社会生活がはじまると、子どもが苦労しないように、他の子に悪さをしないようにと、何かと親は気が張ってしまうものですよね。

なかには、先生に「お家でもがんばって、●●がやれるように練習させてあげてくださいね」などと言われたことがある方もいるでしょう。そうした何気ない言葉から、「ちゃんとしつけなきゃ」と自分自身を追い込んでいってしまう方は、特にママに多いものです。

とはいえ、発達には個人差がある上に、両親の思い通りにいかないのが育児です。押してみても引いてみてもダメ。効果があるどころか逆効果……。こんな状況に、ストレスを溜めていってしまうことは、育児の「あるある」ですよね。

感情のままに怒ってしまう

親だって人間です。いつでもフラットな感情で子どもと接することができるわけではありません。仕事で嫌なことが重なった、疲れがたまっている、体調が悪いなど、いろいろと心を掻き乱す要因はありますよね。

そんなときに、子どもが反抗的な言葉や行動ばかりを繰り返してきたら、「いけない」と思っていても、つい「コラー!」と感情的に声を荒げてしまうこともあるでしょう。

実は怒りを表すハードルは、一度超えてしまうと、次からも超えやすくなります。一度怒鳴り散らしてしまったことをきっかけに、今までずっとガマンしてきていた荒っぽい言葉遣いが出やすくなってしまった方もいるのでは……?

心の中では「子どもと向き合って諭したい」「怒るのではなく、叱りたいのに」と悩んでしまう……つらいですよね。

性別ごとに異なる子育ての悩み

 (99112)

InesBazdar / Shutterstock.com
「男の子育児の方が大変」といった言葉が出されることがあります。もちろん、性別がすべてではありません。しかし、男の子、女の子、それぞれの育児で抱える悩みには異なる傾向もあるものです。

男の子の保護者特有の悩み

男の子は、異性である母親が理解できない言動をするものです。多少であれば「かわいい」で済むのですが、度が過ぎると、「どうしていいのかわからない」といった悩みに陥りがちです。

「すぐにものを壊す、なくす」「説明が右耳から左耳にすり抜けてしまって、頭に残らない」。こうした悩みを感じている方は、きっと多いのではないでしょうか。

女の子の保護者特有の悩み

一方、女の子は、感情が複雑ゆえに親が悩んでしまうことが多いようです。親とのコミュニケーションがしっかりとれて、一人前の口をきく一方、甘えたい子どもらしさも同居しているアンバランスさが女の子の魅力。しかし、これも度を過ぎると親のイライラにつながってしまいがちです。

特に、母と娘は同性同士でわかり合えると思っていたのに、衝突してしまうことも少なくありません。気が合う場合はいいのですが、気が合わない場合は接し方に苦労するケースが多く見られます。

子育ての悩みを軽減させるポイント

 (99114)

NadyaEugene / Shutterstock.com
つらくても悩みが尽きなくても、子育てはノンストップです。悩みを軽減させる方法を考えてみましょう。

夫婦でやることを分担する

ひとりで抱え込まずに、パパとママとで育児を分担しましょう。子どもの発達時期はもちろん、気分や性格により、両親のどちらかの方がうまく関われることもあるものです。

たとえば怒りを爆発してしまっている母親ではなく、冷静な父親が諭した方が、子どもが素直に言うことを聞いてくれることもあります。あまり細かく「これはパパ、あれはママ」とルール化するのではなく、タッグを組んで上手に関わっていきたいですね。そのためにも、日頃から、夫婦で子どもへの対応策をしっかり話し合っておきましょう。

子どもを持つ友達と悩みを相談する

溜まっていくストレスは、上手に発散することが大切です。気心の知れたママ友に愚痴を言ったり相談したりすることは、効果的なストレス解消法のひとつでしょう。

一方、男性は、外に交流の輪を広げることが苦手な人が女性より多いかもしれません。しかし、子育て中の男性同士で話をすることは、父親ならではの悩みの解決にもつながるいい情報交換の機会となるはずです。

今の時代なら、SNSの中で愚痴や本音が言える相手を見つけられることも多いです。リアルの場でママ友・パパ友作りが苦手な方も、SNSを通じた子育てつながりの友達を作ることで、ストレス発散ができることでしょう。

イヤイヤ期の子どもの対処法

 (99115)

Katya Shut / Shutterstock.com
Chiik!では、これまでにさまざまなイヤイヤ期対処法の記事を掲載しています。いくつか参考になる記事を紹介しますね。

まずは、コーチングの江藤真規さんのインタビュー記事です。イヤイヤを繰り返す子どもへの対処法は、親の言葉のかけ方次第で変化することもあるようです。記事中では、結果型・経過型・こだわり型など、子どものタイプ別に、言葉がけの方法をご紹介しています。イヤイヤ期とひとことで表しても、子どもによって対応策はさまざまなんですね。
次はアンガーマネージメントについての記事です。イヤイヤ期の子育ては、イライラの連続!子どもはなかなか思い通りにいかないかもしれませんが、自分の感情ならコントロールできるかもしれません。まずは、自分のイライラを沈めて、それから子どもと向き合ってみるとよさそうです。
イヤイヤ期はつらいことばかりかもしれませんが、絵本のページの中で泣く、イヤイヤっ子はなぜか憎めないことも。それは一歩引いた目で見られるからかもしれません。

わが子とは距離が近すぎて見落としてしまいがちな、イヤイヤの向こうにある大切なことをふと思い出させてくれたり、ユーモアたっぷりのお話についクスっとなったり。絵本を親子で読むことは、きっといい気分転換にもなりますよ。

子育てに悩んでもしてはいけないこと

 (99108)

simpleman / Shutterstock.com
幼少期は子どもの発達に大切な時期です。どれだけ悩んでいても、「これだけはNG」というポイントをご紹介します。親として、しかと胸に留めておきたいですね。

子どもを突き放す

「もう、お母さん知らないからね!」「置いていくからね、バイバイ!」……言ってしまいがちなセリフです。

こうした子どもを突き放す言葉は、やはりNGです。

そもそも、脅すような言葉がけが効くのははじめの数回だけ。子どもは賢いので、「そんなこと言っても置いていかないくせに」と学んでしまいます。

親自身の苦労を増やさないためにも、突き放す言葉はぐっと飲み込むように意識したいですね。

一方的に問い詰める

「なんでこんなことをしたの!?」と親のペースで叱り飛ばしてはいませんか?こうした「一方的な問い詰め」もNGポイントです。

自分が子どもだった頃を思い返してみましょう。親に叱られているとき、のどが詰まって自分の気持ちを声に出すことができなかった経験はないでしょうか。言い分があるのに、心の中で言葉にまとまらない……そんなこともありますよね。大人であっても、一方的にガミガミ言われ続けていると、心が委縮してしまうものです。

シチュエーションによっては、第一声が大声になってしまうこともあるでしょう。しかし、その後は子どものペースで、気を長く待つことが大切。子どもの言い分を聞いた結果、叱らねばならないところがあれば、あらためてきちんと言い聞かせるようにしたいものですね。

言うことを聞かないときに叩く

子どもが言うことを聞かないときに、つい叩いてしまう……これは、もちろんNGです。ただでさえ「叩く」行為はNGですが、「言うことを聞かせるために叩く」ことはなおさらです。

子どもは、強い刺激を受けたとき、脳の一部が過敏に反応するのだそうです。そのため、はじめは叩いたり叩くマネをしたりすれば親の思う通りに動くことが多いでしょう。

しかし、怒鳴り散らしたときと同様、強い刺激にはいずれ慣れます。そうすれば、ちょっと叩いただけでは言うことを聞かなくなり、どんどんエスカレートしていってしまのです。

大切なのは、子ども自身に思考させること。「なんでこれをしなくてはいけないのか」「なんでこれがダメなのか」がわかるようになることが大切です。

「ママがダメって言ったからダメ」としか理解していないという、本末転倒なことにならないためにも、ちょっとだけだった「叩く」を「殴る、蹴る」と悪化させないためにも、出そうになる手、ぐっとこらえてくださいね。

育児は長距離マラソン。常に完璧を目指さずに進もう

 (99116)

Martin Novak / Shutterstock.com
今、出口が見えない反抗期の真っただ中で悩んでいるパパママ、毎日お疲れさまです。「こんなに怒ってばかりで将来大丈夫かな」「赤ちゃんの頃はかわいかったのに、最近かわいく思えない。親失格だよね」など、心配や不安が尽きないと思います。

でも、大丈夫ですよ。ベビー用品やベビー雑誌で微笑んでいる完璧なように見える親子じゃなくても、子どもはちゃんと必要なものを身につけて育っていきます。「こんなに元気に笑っているんだから、大丈夫だよ」。筆者が以前保健師さんにもらった言葉です。

「イヤ!」が激しい子でも、きっと笑っている時間もたくさんあるはず。上手にストレスを発散させながら、どうか今いるトンネルを通り抜けてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

全26ステージが無料!ボールを目で追う視覚トレーニングにもなる「コロコロン」

全26ステージが無料!ボールを目で追う視覚トレーニングにもなる「コロコロン」

打ったボールがあっちへこっちへと転がってどんどんステージを進んでいくゲーム「コロコロン」。昔から根強い人気を誇るいわゆるピンボール系ゲームを、モノイズでは...
【RISU算数】タブレット学習+東大生らの個別フォローで学びを

【RISU算数】タブレット学習+東大生らの個別フォローで学びを

75%のお子さまが現在の学年より上のステージを先取りしているという【RISU算数】。個人個人に合わせた教材で100点が当たり前に取れるようになるかも?ビデ...
指でなぞった線路に電車が走る!無料アプリ「電車のおもちゃ」

指でなぞった線路に電車が走る!無料アプリ「電車のおもちゃ」

指で線路を描き、電車を走らせたり、運転したり、電車遊びをたっぷり楽しめるスマホアプリ「電車のおもちゃ」。子どもは夢中になること間違いなし!シンプルなアプリ...
すぐあきらめる子どもが心配……親ができる声掛け・対処方法

すぐあきらめる子どもが心配……親ができる声掛け・対処方法

失敗が怖くて尻込みしてしまう……。親としては、うじうじめそめそしている子どもの姿を見ていると心配になりますよね。周りに積極的な子どもがいると、なおさらでは...
小学校の学費はどれくらいかかる?支出の内訳と節約のアイデア

小学校の学費はどれくらいかかる?支出の内訳と節約のアイデア

子どもの小学校入学準備は何かと忙しいものですが、入学前に気になるのは学費ではないでしょうか?公立小学校と私立小学校とではどの程度違うのか、私立の場合、入学...

KEYWORDS

WRITER

卯岡若菜 卯岡若菜  さいたま市在住のフリーライター。2学年差の食欲オバケの息子ふたりを子育て中。元書店員・雑貨店員で、絵本・児童書・子供のおもちゃが好き。ほぼワンオペ育児の中、母ひとりでもガマンせずに子連れであちこち出かけています。