2019年11月28日 公開

【東京】幼児期から学べる!おすすめプログラミング教室10選

ITの発達に伴い、変わっていく私たちの生活。未来は、想像もつかないような生活になっていることでしょう。そんな社会に対応するため、子供たちにプログラミングに触れて欲しいと思う保護者が増えました。幼児から学べる子供向けプログラミング教室を10選紹介します。

首都圏中心のプログラミングスクール:TENTO

Have a nice day Photo / Shutterstock.com
首都圏を中心に、大阪、佐賀で教室を展開しているTENTO。段階に応じてビジュアルプログラミング言語からアプリ開発まで学習できます。

小学校1年生から3年生を中心としたお子様には、スクラッチやビスケットといったビジュアルプログラミング言語で学習。タイピングすることなくプログラミングができるカリキュラムを提供しています。少し慣れてきたお子さまは、大人のようにテキスト言語を用いて、タイピングをしながら自覚的にプログラミング学習を行います。

無料体験受講も毎週、受付中です。体験する前に事前知識が欲しい、子どものプログラミング学習に興味があるという方は、TENTO代表の竹林 暁氏が監修している書籍を読んでみてはいかがでしょうか。

タイトル:子どもにプログラミングを学ばせるべき6つの理由 「21世紀型スキル」で社会を生き抜く
  著者:著 神谷 加代・できるシリーズ編集部、 監修 竹林 暁
 出版社:インプレス

真のプログラミング力が身につく:キッズ・プログラミング教室KIDSPRO

Romrodphoto / Romrodphoto
「キッズ・プログラミング教室KIDSPRO」は、日暮里校とあすなろ幼稚園校の2教室を展開。スキルを持ったインストラクターによる少人数制、相互指導が特徴的で、基礎から本質までしっかりと学べると評判です。対象は、幼児・小学生からシニア世代までと幅広く、プログラミングに興味のある方ならどなたでも受け入れ可能。

5歳からを対象にした「ジュニアコース」は、ビジュアルプログラミング言語「Scratch 3.0」をメインにし、「レゴWeDo」やロボット・Pepperによる特別講座が受けられます。しかも通常1回3,000円の「マイクラでプログラミング講座」「キッズYouTuber講座」などの有料講座も、同スクール生なら無料で受講できる特典もあります。

PC・タブレット使用料、教材費・テキスト代はすべて無料です。自習室利用の場合、1時間300円かかりますが、春・夏休みの長期休みは、自習室を無料開放しています。

さまざまな地域で学べる:Tech Kids School

ブログサービス「アメーバ」などを運営するIT企業・サイバーエージェントが運営する、本格的なプログラミング教室です。首都圏だけではなく、大阪、沖縄でも教室を開校。Tech Kids Schoolから認定された提携教室は、全国で展開中です。

無料体験はもちろんのこと、短期体験コースとして3日間・5日間・7日間から選べる、小学生向けキャンプも実施されています。リクレーションやゲームを通して友だちと仲良くなれるため、初めてというお子さんでも安心して参加できます。

子どもがプログラミング教室に通えるか不安というパパママは、短期体験コースを受講し、試してみるのがおすすめです。

将来、IT企業を担う子どもたちを育成する:プロスタキッズ

Sharaf Maksumov / Shutterstock.com
「プロスタキッズ」は全国でも数が少ない、総務省から事業認定を受けているプログラミング教室です。特にプログラミング教育界、マインクラフト界でも著名な人をアドバイザーに招き入れて、コースを監修してもらうなど、ここでしか体験できないカリキュラムが満載です。

特に人気は、ゲーム・マイクラでプログラミングを学ぶ「メイクコードコース」です。マイクロソフトが開発したブロック型のプログラミング環境「Makecode for Minecraft」を使用して、プログラミングの基礎を学びます。ゲームをするだけで、プログラムの基礎である「順次処理」「反復」「条件分岐」を習得していきます。

自分をゲームを作りたいお子さま向けに「スクラッチコース」も用意。また無料体験は「メイクコードコース」と「スクラッチコース」、好きなコースを選べます。対象は小学校1年生~6年生です。

学びと遊びから想像力をつちかう:LITALICOワンダー

「Qremo」が名称を変更して「LITALICOワンダー」にリニューアルオープンしました。LITALICOワンダーのスクールは現在、都内と神奈川県のみで開校。特に、ものづくりに力を入れているプログラミング教室です。

子どもが興味を持った事を深く学ぶことができるカリキュラムを提供。「ゲーム&アプリプログラミングコース」「ロボットクリエイトコース」「ロボットテクニカルコース」「ゲーム&アプリエキスパートコース」といった、多彩なコースが同スクールの特徴です。さらに自分のアイデアを形にするために試行錯誤を繰り返すことで、自主性、創造力の育成に力を入れています。

ペアプログラミングが特徴:ファミプロ

Phil's Mommy / Shutterstock.com
渋谷にある子ども向けプログラミング教室「ファミコン」は、親子で通うペアプログラミングに力を入れているスクールです。チケット制を導入し、好きなタイミング、好きな時間・曜日で通えるので、気軽に通学できるのがメリットです。

カリキュラムは、まず生活にあるプログラミングに気付くことから始めます。さまざまな発見を楽しむことで、次第に子どもはプログラミングに夢中になるでしょう。さらにペアプログラミングにより、大人がのめり込んでいる姿を目の当たりにした子どもは、一緒になって関心を持ってくれます。

親子プログラミングの無料体験を実施中。まずは親子で体験して、思い出を作ってみませんか。

自主学習型で伸びる子どもに:CoderDojo Tokyo

Syda Productions / Shutterstock.com
CoderDojo Tokyoは、東京都世田谷区下北沢で毎週日曜に開催されている、ボランティアによるプログラミング道場です。対象は、小中学生。自主学習型のため、質問があればメンター(先生)に質問できます。メンターは、普段、プログラマやデザイナー、エンジニアなどを専門している方なので、的確なアドバイスが受けられます。

寺子屋方式を採用し、少人数でプログラミングを教わることができます。決まったカリキュラムや教材はなく、やりたいことや興味のあることをサポートしてもらえる形なので、自発的でやる気のあるお子さまにはぴったりですね。受講料は無料です。初めての方でも気軽に参加してみてください。

下北沢から始まったCoderDojo Japanの広がりは全国に展開しています。興味のある方は近くの開催場所を調べてみましょう。

はじめてでも安心して通える:Swimmy(スイミー)

smolaw / Shutterstock.com
「Swimmy(スイミー)」は、新宿区高田馬場にあるIoTとAIのプログラミング専門スクールです。IoTとは、「Internet of Thing」の頭文字を取った略語で、日本語で「モノとモノをつなぐインターネットの技術」を意味します。話題のスマートスピーカーもIoT技術の一つです。

Swimmyは、プログラミング体験ができるIoTブロックの「MESH」や、手に収まるサイズのコンピューター「micro:bit」といった最新IoTを教材として導入しています。それにより、子どもたちの課題発見力、解決力を高め、PCの画面上では完結しない創造力を育みます。

「ベーシックコース」は、年長~小学6年生を対象とした基礎養成コース。先述した最新のIoT教材のほか、IoTツールの開発やロボット制御、ゲーム開発まで手掛けていきます。兄弟姉妹割引制度もあり。

寺子屋方式でぐんぐん伸びる:CodeCampKIDS(コードキャンプキッズ)

Syda Productions / Shutterstock.com
小学生・中学生を対象にした「CodeCampKIDS 」は、品川区大崎に開校するプログラミング教室です。当初、運営会社コードキャンプは、オンラインプログラミング家庭教師サービス「CodeCamp」を展開。そこで培ったノウハウを生かし、新規事業として2017年10月に通学タイプのプログラミング教室が開校されました。

講師はプログラミング教育経験者とあり、質の高いプログラミング教育が受けられます。授業は寺子屋形式を採用。異なる年齢の子どもが集まり、各々が取り組みたいことをその場で学習し、それを講師が手厚くサポートしてくれます。

小学校低学年向けの入門コースとして、「ロボットプログラミングコース」があり。ピンポン玉サイズのロボット「Sphero」や、世界最小のプログラミング教育用ロボット「ozobot」を操作して、プログラミングの基礎的な概念を学習していきます。

小学3年生からを対象にした「Scratchプログラミングコース」は、本格的なプログラミングを学べます。

日本初のSTEM教育特化型スクール:STEMON(ステモン)

LightField Studios / Shutterstock.com
STEMON(ステモン)は2013年に日本初のSTEM専門スクールとして、杉並区荻窪に開校されました。STEM教育とは、「科学」「技術」「工学」「数学」の4つを特に重視する教育のことです。STEMONでは、STEM教育を通して「作ることで学ぶ」を重要視し、子どもたちがものづくりから理数の面白さを実感できるカリキュラムを提供しています。

そのカリキュラムは、ビジュアルプログラミング言語「Scratch」の開発に携わったSTEM教育の第一人者、石原正雄氏が責任者となり開発。アメリカのマサチューセッツ州で5歳から取り組む理数ITカリキュラムを基本にし、公立小学校の多くで導入されています。

小学1年生から対象の「STEM教育コース」では、物理の基礎をはじめ、ものづくりを通して自ら学ぶ力を育てます。年長向けの「キンダリークラス」も荻窪本校、吉祥寺校、赤坂校で開講中。知育玩具として推奨を受けているブロックを使用して、楽しみながら物事の仕組みなどを学習していきます。

将来を見据えて習い事を考えるなら、プログラミングスクール

小学校のプログラミング必修化に向け、プログラミングは論理的な思考力が身につくといま、注目されている習い事です。しかも、画面とにらめっこしてキーボードを叩いて作業するのではなく、楽しみながらタブレットやパソコンを操作したりプログラミングしたりするものがメインです。プログラムの基礎を学ぶことが、子どもの将来の仕事や生活にアクセントをもたらすでしょう。

学習内容をはじめ、月謝や入会金などの料金も詳しく知りたい方は、まずは無料体験に参加してみませんか。子どもの新たな一面を発見できるかもしれませんよ。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

【名古屋】幼児におすすめのプログラミング教室・スクール7選

【名古屋】幼児におすすめのプログラミング教室・スクール7選

2020年から、プログラミング教育が小学校の授業カリキュラムに導入されることが決まりました。プログラミングを勉強することで、空間認識能力や想像力、理数系の...
【大阪】幼児期から通えるプログラミング教室・スクール7選

【大阪】幼児期から通えるプログラミング教室・スクール7選

2020年度から小学校の授業カリキュラムにプログラミング教育が導入されることにより、子どもに習わせたい習い事No.1になるなど、プログラミング教室への需要...
プログラミングとは?子どもにもわかるように解説!

プログラミングとは?子どもにもわかるように解説!

2020年度から小学校の必修課目にプログラミングが追加されるなど、近年、子どもを中心にITへの興味が高まっています。プログラミングって何?子どもが楽しんで...
【文系の親でもわかるプログラミング教育】アルゴリズム遊びを考えてみよう

【文系の親でもわかるプログラミング教育】アルゴリズム遊びを考えてみよう

2020年から小学校で必修化されるプログラミング教育。文系のパパママに向け、親子で理解を深めたい「プログラミングの基本」を元システムエンジニアママが解説し...
東京・西町インターナショナルスクールとは?特徴や学費も紹介!

東京・西町インターナショナルスクールとは?特徴や学費も紹介!

元麻布の名門校として知られる西町インターナショナルスクール。少人数制できめ細やかな指導が特徴で、英語力だけでなくさまざまな体験型授業、スポーツ、他校との交...

WRITER

ゆうこ ゆうこ  興味があるのは、絵本や電化製品です。電気屋さんでウロウロする事が癒しです。