2018年1月29日 公開

脱ゆとりを決定づけたPISA(学習到達度調査)とは?

PISAとは、主にOECDに加盟する国々で行われる、子どもの学習到達度調査のことです。2003年、41カ国・地域が参加するこの調査において、日本の「読解力」などの順位が大幅に低下したことが「脱ゆとり」の教育改革につながったといわれています。PISAとはどのような調査なのか、詳しくご説明しましょう。

PISA(学習到達度調査)とは?

PISAの正式名称は「Programme for International Student Assessment」といいます。調査はOECDに加盟する国々(2015年には72カ国・地域が参加)を中心に行われ、15歳の子どもたちが対象です。3年ごとに読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシーの3分野について調査しています。

学習到達度調査といっても、その目的は「学習したことを生活全般に活用することができるかどうか」を測ること。教科書で学んだ知識がそのまま問われるわけではありません。

PISAで出される問題

PISAのテストでは、問題を解くまでの考える力が重要視されます。では、実際にどのような問題が出されるのか、2012年調査のものを見てみましょう。

※国立教育政策研究所が公表している問題を要約しています。

【問題】
船はディーゼル燃料を使用しますが、燃料を節約するために、船に凧のような帆をつけて、風力も利用しようとしています。帆の高さを150mまで上げると、風速がデッキ上より25%速くなります。

船のデッキ上の風速が時速24kmだった場合、帆はどれくらいの風速を受けることになるでしょうか。

【答】
時速30km (24 × 1.25 = 30)

計算自体は小学校で習った式を使って解くことができます。しかし、式を立てるまでに、問題を読み込む力が必要とされるのがPISAの特徴です。

PISAの結果を受けて「脱ゆとり」へ

1980年頃より、日本の教育は知識偏重型から、ゆとりのある教育環境で生きる力を育もうとするものへ変わりました。いわゆる「ゆとり教育」です。

授業時間を減らし、「総合的な学習の時間」などが導入されましたが、この流れに大きな衝撃を与えたのが2003年のPISAの結果でした。前回8位だった読解力の結果が14位へ、数学的活用能力が1位から6位へと順位が低下したのです。

このことが大きく報じられ、政府は「脱ゆとり」への指針を打ち出すこととなりました。

教育に力を入れるシンガポール

現在、PISAにおいてトップの成績を収めているのは、シンガポールや香港などです。

特にシンガポールでは、2010年に「21 世紀型のコンピテンシーと生徒のアウトカムに関するフレームワーク」という教育方針を決定し、教育に力を入れてきました。たとえば、理科では生徒自身の疑問に基づいて推測し、理論を組み立てたり実験したりすることができるような授業を導入。生徒に考えさせる指導をしています。

考える力を育むには?

脱ゆとりの方針転換に見られるように、PISAは今後の日本の教育にも影響を及ぼすことがあるでしょう。そしてなにより、これからの国際社会を生きる子どもたちには、自分で考えて答えを見つける力を身につけてほしいですよね。

パパママがしてあげられることは、会話を通して、子ども自身が考えられるように導くこと、本が身近にあるような環境を整えてあげること、などでしょうか。PISAの考え方は、どんな力を身につけていけばよいのか、教育におけるヒントをくれるかもしれません。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

フランスでは食器や身体をすすがない!?驚きの事情とその理由

フランスでは食器や身体をすすがない!?驚きの事情とその理由

フランスでは、食器の泡をしっかり洗い流さない、身体の泡を洗い流さないのが普通です。日本人の感覚からすると「えっ」と驚きますよね。一般的に、欧米はすすぎ洗い...
最強の体力作りは「鬼ごっこ」だった!毎日60分、体を動かそう

最強の体力作りは「鬼ごっこ」だった!毎日60分、体を動かそう

集団遊びの定番といえば、「鬼ごっこ」。道具も要らず、走り回れるスペースさえあれば、すぐできます。しかも鬼ごっこにはメリットがたくさん!体力・運動能力の向上...
海賊をもっと知りたい!ドキドキの冒険が楽しめる映画や絵本

海賊をもっと知りたい!ドキドキの冒険が楽しめる映画や絵本

子どもたちは海賊が大好き。ですが「海賊って何?」と聞かれると、わかりやすく説明するのは少し難しく感じます。そんなときは、海賊の生活がわかる本や映画を一緒に...
書籍レビュー:「考える力」を伸ばす AI時代に活きる幼児教育

書籍レビュー:「考える力」を伸ばす AI時代に活きる幼児教育

幼児期に大事なのは読み書き計算より、自分で答えを導き出す「思考力」!遊び教育でも詰め込み教育でもない、幼児のための基礎教育とは?気になる育児書や教育本を紹...
今必要な知育玩具の作り方がよくわかる!おすすめの作り方本5冊

今必要な知育玩具の作り方がよくわかる!おすすめの作り方本5冊

おうちで手作りできる知育玩具やおもちゃのアイディアを知りたい人のために、おすすめの作り方本をピックアップしました。お子さまと一緒にどれを作ろうか相談したり...

KEYWORDS

WRITER

みゆき みゆき  東海地方の片隅で、日々元気いっぱいの幼児と格闘中!頑張るママに役立つ情報を発信していきたいです。