2017年2月8日 公開

わくわくどきどき体験で、ツインリンクもてぎを満喫

ツインリンクもてぎは、栃木県芳賀郡茂木町にあるサーキットを中心にしたテーマパークです。日本最大級のジップライン「メガジップライン つばさ」や3歳から乗れる乗り物のある「モビパーク」、森の中で自然体験ができる「ハローウッズ」など、楽しさいっぱいです。

森の中のモビリティテーマパーク、ツインリンクもてぎ

 (39602)

ツインリンクもてぎは栃木県にあるサーキットを中心としたテーマパークです。「森の中のモビリティテーマパーク」がテーマなの内には、「キャンプ場」や森で遊べる「ハローウッズ」、のりもののアトラクションで楽しめる「モビパーク」など、家族で楽しめる施設がたくさんあります。

モビパークで、たくさんの乗り物にチャレンジ

 (33589)

「のりもののゆうえんち」の「モビパーク」には子どもたちが思わず駆け寄りたくなるような、おもしろそうな乗り物がたくさんあります。
バイクは、転倒しない自立式タイプなので3歳から乗ることのできる『ピンキーバイク』から、小学校3年生以上が対象のヘルメットをしてアクセルでアウピードアップ、コーナリングも楽しめる『モトレーサー』まで揃っています。
終了すると、ライセンスがもらえるので、達成感が得られますね。その他、家族全員が乗れて、子供が運転できる『アクロエックス』や、中学生以上が乗れる『チャレンジカート』、さらに本格的な『レーシングカート』などがあります。
屋内での乗り物や、いろいろな物作りができるドリームスタジオも用意されています。

『ハローウッズの森』で、豊かな自然と触れ合おう

森の自然体験ミュージアムハローウッズ|ツインリンクもてぎ (35506)

『ハローウッズの森』で、生き物たちを発見したり、物づくりをしたり、いつもと異なる充実した時間が持てます。
森に詳しいキャストが案内してくれる『どんぐりの森ガイドウオーク』は、カブトムシの岡やみずすましの沢に行ったり、その季節にしか出会えない生き物に触れあったりできる楽しい企画です。
『森のクラフト』では、アクセサリーやおもちゃなどを、のこぎりやなたを使ってチャレンジできます。
『ハローウッズの森』は、4つのエリアに分かれていて、休憩スペースや食事処、コインロッカーも備えられています。

日本最大級のジップラインで空中散歩

 (33597)

ジップラインは、『メガジップラインつばさ』 『森のジップラインムササビ』の2種類があります。
『つばさ』は、森からサーキットまで往復561mと、まさに翼で空を飛んでいる気分になれます。
『つばさ』は重力の利用で前へ進むことができ、風の抵抗で速さが変化します。
安全装置のハーネスを装着し、事前に止まり方や飛び方をくわしく教えてもらってから出発します。
一方『ムササビ』は、ハローウッズのどんぐりの森を鳥のように飛び回って、自然を楽しむことができます。山道を歩いたり、ジップラインを練習してスタート、6本のジップラインを体験して、90分の行程です。

なお、『メガジップラインつばさ』と『森のジップラインムササビ』は、それぞれ体重35kg以上、身長135cm以上・小学4年生から利用可能のアトラクションです。特にお子さまが利用されるときは、利用対象に該当するか確認してくださいね。

『森と星空のキャンプヴィレッジ』で特別なひとときを

 (33600)

ツインリンクもてぎのキャンプは、バラエティーに富んでいます。
テントの他にソファーやベッドが完備されているセットアップサイトと、自身でキャンプを持ち込むグリーンサイトがあります。
室内エアコン完備のログキャビンに泊まるプランもあり、デイキャンプもできます。手ぶらでOKのバーベキューセット、女性にうれしい温水シャワー、洗濯機や乾燥機も整っています。
本格的なかまどでご飯が炊ける炊飯等棟も2棟あるんです。約20mのロープで遊ぶ『スパーダーロープ』や、途中で吊り橋も通る『ウリンボ迷路』で遊んだり、いろいろなイベントを楽しんだり、元気に1日が過ごせますね。

普段と違う爽快な時間を家族で過ごそう

『モビパーク』でレーサーに、『ハローウッズの森』で探検家に、『ジップライン』で鳥になる、すてきな体験ができるツインリンクもてぎです。
家族で、役割分担ができるキャンプもいいですね。きっと子どもたちの思い出の輝かしい1ページになるでしょう。冬季は、『森と星空のドキドキ体験ウインター』を開催していますよ。
【住所】
栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1
【営業日・時間】
午前10:30~午後4:30(営業時間は、日によって異なるのでカレンダーでチェックしてください)
【定休日】
不定休
【アクセス情報】

北関東自動車道真岡IC 約50分
常磐自動車道水戸IC 約40分
電車
JR宇都宮駅(水戸駅) バス ツインリンクもてぎ下車すぐ
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

みんな大好き!アンパンマンに会える!楽しめる!施設

みんな大好き!アンパンマンに会える!楽しめる!施設

お子さまたちに大人気のアンパンマン。そこで、今回はアンパンマンに会える&楽しめる知育スポットをご紹介します。小さなお子さまも大喜びのおすすめ施設をまとめま...
子連れでお花見に行こう!関東の梅の名所 4選

子連れでお花見に行こう!関東の梅の名所 4選

甘酸っぱい芳香を放つ可憐な梅の花は、桜とはまた一味違った美しさがありますよね。そこで今回は、子連れで行きやすい「関東の梅の名所」を4カ所選んでご紹介してい...
帰省時の子連れ新幹線を乗り切るコツ【経験から裏技も伝授!】

帰省時の子連れ新幹線を乗り切るコツ【経験から裏技も伝授!】

子連れ新幹線は不安でいっぱいですよね。筆者は長男が2歳のときから年に2度、帰省で東京から新大阪まで新幹線を利用しています。次男出産後も筆者1人で!赤ちゃん...
室内遊び場「フレーベル館 Kinder Platz」で運動も絵本も工作も楽しもう!

室内遊び場「フレーベル館 Kinder Platz」で運動も絵本も工作も楽しもう!

家のおもちゃは限られているし、近所の公園もマンネリ気味……。そんなときは、子どもの創造性と主体性を育む室内遊び場、「フレーベル館 Kinder Platz...
子連れキャンプを体験しよう!魅力は?初心者が楽しむコツは?

子連れキャンプを体験しよう!魅力は?初心者が楽しむコツは?

自然と触れ合うためにうってつけのレジャーといえば、キャンプ。子ども連れでキャンプに挑戦してみたいけれど、大変かも、と迷っている人もいるのでは?オーストラリ...

WRITER

やまやま やまやま  わたしの子育ての結果が良くも悪くもでている子供達です。