2018年11月9日 公開

「ミッフィー・ミュージアム」現地リポート!体験型遊具がいっぱい

世界中で人気のキャラクター【ミッフィー】。日本でもアニメやグッズのほか、「うさこちゃん」の名前で知られる絵本が有名です。オランダのユトレヒトには、体験型知育施設のミッフィー・ミュージアムがあり、観光客にも地元民にも愛されています。内部を詳しくご紹介します。

うさこちゃんでおなじみ【ミッフィー】はオランダ発!

Photo by author (117944)

ミッフィーミュージアムの入口にオランダ語・英語と並び、次に日本語表記が!日本からも毎年5万人以上が訪れているそうです。といっても、スタッフは日本語は話せませんが(英語は通じます)。
via Photo by author
ミッフィーは1955年、オランダ人作家であるディック・ブルーナ氏の手によって生まれた、うさぎのキャラクターです。ディック・ブルーナ氏が描いた124冊の絵本のうち32冊が、ミッフィーが主人公として登場する絵本です。

ミッフィーはオランダ語ではNijntje(ナインチェ、小さなうさぎの意)と呼ばれ、親しまれています。2015年はミッフィーが誕生してから60周年。さまざまな特別イベントも行われました。

残念ながらディック・ブルーナ氏は2017年に89歳でこの世を去りましたが、彼の作品は50カ国語に翻訳され、世界中で楽しまれています。

作者が生まれ、生活し、作品を生み出した土地であるオランダ北部の町ユトレヒトに、今回ご紹介する公式のミュージアム”Nijntje museum”(ナインチェ・ミュージアム)もあります。ユトレヒトはミッフィー像やミッフィー公園、ミッフィーの信号機もあるなど、町のあちこちにディック・ブルーナのデザインが使われています。

2016年にリニューアルオープンしたミッフィーミュージアム

Photo by author (117943)

ミッフィーの愛らしい像が目印です。
via Photo by author
ユトレヒトは首都アムステルダムから電車で30分ほど。さらにユトレヒトの駅から美しい街並みを抜け、徒歩20分ほど(バスでもアクセス可能)でミッフィーミュージアムに到着します。

こちらは2006年に「ディック・ブルーナ・ハウス」としてオープンしましたが、その後10年目を機に2015年7月で閉館。改装し、2016年2月6日に子ども向けのNijntje museum”(ナインチェ・ミュージアム)としてリニューアルオープンしたばかりです。
館内に入ると、そこには安全に遊び、学ぶことのできる空間が広がっています。

館内はオランダ語、英語、日本語で表示がされてあることからも、日本人に人気が高いことがうかがえます。
Photo by author (117945)

入口にはバギーが停められ、大きな荷物は預けられます。ディック・ブルーナ氏のデザインが盛りだくさんの館内ですが、ロッカー(無料)もかわいいです!
via Photo by author
子ども向けの施設なので、子ども用トイレやおむつ替えコーナーももちろんあります。飲食は持ち込み可能で飲食できる場所も用意されているので安心です。

幼児から楽しめる知育おもちゃや遊具がいっぱい

Photo by author (117946)

体験型遊具がたくさん。大人は写真を撮ったり、座って待っていたり、一緒に遊んだり……。それぞれの過ごし方をしています。
via Photo by author
館内にはベビーカーや抱っこの赤ちゃんから、小学生くらいまでの子どもたちがいましたが、主に3歳前後くらいのお子さまをターゲットにしているようです。

博物館という名前ですが、大人がゆっくり展示を見るような場所ではなく、実際に触って楽しんで遊ぶ、学びのある遊び場としてつくられているので、子どもたちは飽きずに長い間遊んでいます。
Photo by author (117950)

ブルーナ氏デザインの服を着て、ごっこ遊びができます。
via Photo by author
Photo by author (117947)

「病院は怖くないよ」というメッセージが伝わる、「うさこちゃんのにゅういん」という絵本に基づいた遊びも楽しめます。
via Photo by author
Photo by author (117948)

交通安全のアクティビティは特に人気!信号、横断歩道、踏切などの交通ルールが学べます。
via Photo by author
Photo by author (117949)

ドライブシュミレーターで、ドライバー目線で交通安全も学べます。
via Photo by author
Photo by author (117958)

パズル、ボタンを押す、比べる、など、知育おもちゃがいっぱい。床にある黄色い表示にはオランダ語で「ここは読書スペースです」と書かれています。
via Photo by author
Photo by author (117957)

色鉛筆や絵の具で塗り絵を楽しめるコーナーや、動物をテーマにしたお部屋なども。
via Photo by author
Photo by author (117951)

子どもたちが「開けて見られる」展示も並んでいます。こういった仕掛けがたくさんあちこちにあるのです。
via Photo by author

ミッフィー・ミュージアム詳細

Photo by author (117953)

ミュージアムカードmuseum kaarは、ナインチェ・ミュージアムやユトレヒト・セントラル・ミュージアムはもちろん、オランダの400以上の美術館、博物館で利用できる共通入場チケットパスです。大学の附属博物館や科学館、子ども向けの図書博物館などでも使えます。
大人:64.90ユーロ
13歳以下:32.45ユーロ
via Photo by author
ナインチェ・ミュージアムの向かいに位置する「ユトレヒト・セントラル・ミュージアム」の受付で入場券の購入ができます。大人は付き添いなので子ども料金より安いのが特徴です。

できれば事前にオンライン購入をしておいた方が、時間指定と1ユーロの割引が受けられるのでオススメです。当日売り切れで入れないこともあるからです。

またオランダ全土の美術館・博物館で使用できるミュージアムカード”museum kaar”を購入するのもおすすめです。オランダ滞在中に複数訪れる予定のある方は、こちらの購入がお得です。

ちなみに「ユトレヒト・セントラル・ミュージアム」はオランダの市立で一番歴史ある博物館ですが、ミッフィーグッズの販売や、ミッフィーパンケーキが食べられるカフェもあります。館内にはディックブルーナ氏の仕事場の再現や、ミッフィー以外の作品の展示もあるので、ぜひあわせて訪れてみてくださいね。大人はこちらの方が楽しいかもしれません!
Nijntje museum (ミッフィー博物館)

【営業時間】
午前10時〜午後5時
【入館料】
入場料:2〜12歳 8.5ユーロ、13歳以上 3.5ユーロ
【休館日】
月曜定期休館、1月1日、4月27日、12月25日
【所在地】
Agnietenstraat2 3512XB Utrecht
【アクセス】
ユトレヒト中央駅から徒歩20分またはバス2番Centraal museum下車徒歩1分。

最後に

Photo by author (117952)

50カ国の言葉に翻訳された書籍の展示の下です。
via Photo by author
オランダらしい元気な色使いと、知育遊びが楽しめる、子ども向けミッフィー・ミュージアム。ミッフィーが好きならいつか一度は訪れたい憧れの地ではないでしょうか。オランダやヨーロッパの近隣国を訪れる機会があれば、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

オランダの知育+情操教育:4歳からのアート授業をレポート!

オランダの知育+情操教育:4歳からのアート授業をレポート!

オランダの学校は、それぞれ自由なカリキュラムで運営がなされています。筆者の子どもが通う小学校は、アートを中心とした総合的な学びが魅力のひとつ。テーマを決め...
【現地レポート】ナショナル・ギャラリー・シンガポールは、子どもと遊べる芸術スポット!

【現地レポート】ナショナル・ギャラリー・シンガポールは、子どもと遊べる芸術スポット!

2015年シンガポールにオープンした、超大型美術館「ナショナル・ギャラリー・シンガポール」。体験型の子ども向けアート施設も用意されており、家族旅行で訪れる...
「ひも通し」の簡単な作り方!100均材料で手作りおもちゃ

「ひも通し」の簡単な作り方!100均材料で手作りおもちゃ

穴の空いたパーツをひもに通していく「ひも通し」は、指先を鍛えるのにピッタリの知育おもちゃ。たくさんの種類が販売されていますが、とても簡単に手作りできるので...
ストロー落としを簡単手作り!モンテッソーリ教育を取り入れよう

ストロー落としを簡単手作り!モンテッソーリ教育を取り入れよう

モンテッソーリ教育にも取り入れられている「ストロー落とし」は、指先を使った知育あそびにピッタリのおもちゃです。100均で手に入る材料で簡単に手作りすること...
【世界の本屋】シンガポールはブックストア巡りが楽しい!

【世界の本屋】シンガポールはブックストア巡りが楽しい!

シンガポールへ行ったら、ぜひ本屋を訪れてください。多言語国家のシンガポールの書店には、世界中から集められた、英語や中国語など多言語のステキな絵本や洋書がそ...

WRITER

Hitomi Hitomi  バリ島、台湾と旅するように夫と3人の息子と暮らし、現在オランダ暮らし2年目。ライター、アロマセラピー講師。hitomiarai.infoというオウンドメディアで海外子育てや、アロマ、手作りコスメ、自然で気楽なライフスタイルを提案しています。