2017年11月24日 公開

子どもをやる気にさせるほめ術は?江藤コーチの子育てアドバイス②

「子どもはほめて育てよう」とよくいわれますが、じゃあ、いつほめればいい? ほめ方は? ほめてばかりじゃしつけにならない……と迷ってしまうパパママも多いでしょう。そこで、マザーカレッジを主宰する子育てコーチングのプロ、江藤真規さんにほめ方のコツを伺いました。

イヤイヤ期の言葉がけはタイプ別に!江藤コーチの子育てアドバイス① - Chiik! - 3分で読める知育マガジン -

イヤイヤ期の言葉がけはタイプ別に!江藤コーチの子育てアドバイス① - Chiik! - 3分で読める知育マガジン -
多くのパパママが夜泣きの次にぶち当たる子育ての壁、それはイヤイヤ期かもしれません。「でもね、親の言葉がけ次第で意外とスムーズにいったりするんですよ」と語るのは、マザーカレッジを主宰する子育てコーチングのプロ、江藤真規さん。そのコツをたっぷりとお伺いしてきました!

学力向上ために6歳までにやるべき6つのこと。江藤コーチの子育てアドバイス③ - Chiik! - 3分で読める知育マガジン -

学力向上ために6歳までにやるべき6つのこと。江藤コーチの子育てアドバイス③ - Chiik! - 3分で読める知育マガジン -
『勉強ができる子の育て方』という著書が大ヒットした、子育てコーチングのプロ、江藤真規さん。実は幼少期をどのように過ごすかで、小学生以降の学習能力が大きく変わってくるんだそう。早期教育よりもっと大事な「学ぶ力」の育て方について、たっぷりと語っていただきました。

ほめるときは具体的に!

 (73032)

Monkey Business Images / Shutterstock.com
ただ「すごいね」「えらいね」と言うのではなく、「もう準備ができたの!? すごい!」とか「○○ちゃんがお皿を運んでくれたから、ママ助かっちゃった」というように、具体的な行為をほめることが大事、と江藤さんは言います。

さらに、言葉でほめるだけでなく、子どものいいところ、できたことを「見える化」すると、子どもはどんどんやる気になっていくそう。

たとえば、描いた絵を壁に貼ってあげる、幼稚園でもらった賞状を額に入れてあげるなど、ちょっとしたことでも子どもは「認められた」と感じ、それが自信につながっていきます。

頑張っている姿を写真に撮るというのも有効だとか! お手伝いしているところ、スイミングスクールの様子、勉強している姿などを写して、ピンボードなどに貼ってあげるのもいいでしょう。

「ほめるのは照れくさいし、苦手で……」という人でも、この方法ならできそうですね。

子どもの変化をほめよう

 (73033)

Africa Studio / Shutterstock.com
「これはちょっと親も努力が必要なんですが、子どもをよく観察して、その変化をほめてあげましょう。1カ月前、2カ月前と比べて、どう変わったか。そこをすかさずほめると、子どもはぐんぐん伸びていきます」と江藤さん。

「この頃、ちゃんと絵本を片付けてくれるようになったから、ママ助かるよ」「お着替えが早くできるようになったね!」というように、ちょっとした生活習慣をうまくほめれば、しつけにもつながります。

なかなかほめることが見つからない、という場合は、「身近な人に聞いてみると、自分が見えていなかったことも発見できることがありますよ」と江藤さん。四六時中一緒に過ごしているママより、子どもと接する時間の少ないパパやおじいちゃんおばあちゃんの方が、ちょっとした変化に気づきやすい、ということもあるかもしれませんよ。

達成感をもたせよう

 (73034)

pyrozhenka / Shutterstock.com
変化をほめるということは、目標をつくるということにもつながります。前はこうだったけど、今はこうなったね、じゃあ、次(未来)はどうしようか、となったとき、そこに目標が芽生えます。

そして、それをクリアしたら「よし、やった!」という達成感が生まれます。

この「達成感」が大人になったとき、とても重要な力になる、と江藤さんは言います。だから、目標を達成したらしっかりほめて、「頑張って終わらせたんだ!」という感覚をもたせてあげることが大事なんだそう。
たしかに、「目標→努力→達成」というサイクルを幼いうちに身につけておけば、自分でどんどん能力を伸ばしていけそうですよね。

子どもを一人前として扱ってみよう

 (73035)

VGstockstudio / Shutterstock.com
「子どもって、意外と自分のことを一人前だと思っているんですよ。だから、たとえば幼稚園で習ったことを話してくれたら、『へ~、そうなんだ! 教えてくれてありがとう』と言ってみる。『よくできたね』という上から目線のほめ言葉より、子どもは喜びますよ」と江藤さん。

また、テレビなどで見るヒーローやアイドルに憧れを抱いている子どもも多いので、そういう子には「ヒーロー○○みたいだね!」と言うのも効果的だそう。

子どもの自尊心をくすぐるようなほめ方を工夫するといいんですね。

「ほめすぎ!?」というくらいほめると、子どもは伸びる!

photo by サイタコーディネーション (70435)

via photo by サイタコーディネーション
「うちは私がとにかくほめまくるタイプなので、娘たちには『ああ、またママの親バカがはじまった』って言われるんです」と江藤さんは笑います。

でも、その「ほめまくる子育て」が、娘二人の東大現役合格というすばらしい結果につながったわけですから、「ほめ力」のパワーはやっぱりすごいですよね! 

みなさんもぜひ、自分たち親子に合ったほめ方を見つけてください。

江藤真規さん主宰「マザーカレッジ」

子育てコーチングお悩み解決!よりよい子育てを学ぶ「マザーカレッジ」

子育てコーチングお悩み解決!よりよい子育てを学ぶ「マザーカレッジ」
マザーカレッジは、子育て中の皆さま、子どもとの強い関わりを持っていらっしゃる皆さま、またそう願う皆さま方のためのスクールです。「マザー」として誇りを持ち、「マザー」として仲間を作り、「マザー」としての社会的役割を開花させるための学びの場として、ぜひ、マザーカレッジを活用してみて下さい。
<江藤真規さんプロフィール>
東京都生まれ。教育コーチングオフィス「サイタコーディネーション」代表。マザーカレッジ主宰。お茶の水女子大学卒業後、東京電力株式会社に入社。結婚後に退職し、娘二人を出産後、夫の仕事に伴い、アメリカ合衆国に7年間滞在。帰国後は主婦業の傍ら、英語講師として100人以上の親子に英会話を指導。2006年、長女が東京大学医学部に現役合格。2008年、次女が東京大学文学部に現役合格。自身の子育ての経験からコミュニケーションの重要さを実感し、コーチングの認定資格を取得。2010年に「マザーカレッジ」を創立し、家庭におけるコーチングの指導、母の社会的役割を広げる活動や講演、執筆活動を行っている。現在、東京大学大学院教育学研究科博士課程在学中。主な著書に『勉強ができる子の育て方』『思春期の女の子の育て方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『“ほめすぎる”くらいほめると本当に子どもは変わる!』(PHP研究所)、『「心が折れない子ども」の育て方』(祥伝社)など多数。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

子どもが喜ぶ!簡単フルーツカッティングの方法教えます♪

子どもが喜ぶ!簡単フルーツカッティングの方法教えます♪

「これどうやって作ってるの!?」そんな難しいイメージのあるフルーツカッティング&アート。でも仕組みさえ分かってしまえば実はとっても簡単! 華やかで子どもた...
学力向上ために6歳までにやるべき6つのこと。江藤コーチの子育てアドバイス③

学力向上ために6歳までにやるべき6つのこと。江藤コーチの子育てアドバイス③

『勉強ができる子の育て方』という著書が大ヒットした、子育てコーチングのプロ、江藤真規さん。実は幼少期をどのように過ごすかで、小学生以降の学習能力が大きく変...
不便だけど気持ちは楽!?アジアの子育てはみんなでオープンに!

不便だけど気持ちは楽!?アジアの子育てはみんなでオープンに!

アジアで子育てしたというと、たいていの日本人から「大変でしょ?」と驚かれます。もちろん日本よりも不便な部分はありますが、気持ち的には楽な部分もかなりありま...
あのビリギャルが1日限定イベント「渋谷でママ大学」を開催!

あのビリギャルが1日限定イベント「渋谷でママ大学」を開催!

学年ビリから1年で慶応大学現役合格を果たし、『映画 ビリギャル』のモデルにもなった小林さやかさん。その彼女が2017年10月11日(水)、東京・渋谷で「マ...
子どもの「折れない心」を育てるには?インドで筆者が学んだこと

子どもの「折れない心」を育てるには?インドで筆者が学んだこと

塾や習い事、子ども社会での人間関係など、ストレスを感じやすい毎日を生きる現代の子どもたち。困難な状況でも自分らしさを忘れず、しなやかに生きる力を身につけて...

WRITER

YUZU YUZU  フリーライター。東京都在住。出版社で書籍編集の仕事をしていましたが、夫の仕事の都合で2009年より台湾・台北へ。6年間の駐在生活中は娘二人を日本人学校に通わせながら、台湾師範大学の語学センターで中国語を勉強。帰国後はライターとして、主に台湾や子育てに関する記事を書いています。