2018年2月6日 公開

保育園入園準備のポイントは?おさえておきたい準備品と選び方

仕事復帰と保育園入園はパパママ・子どもにとって大きな転換期です。スムーズに乗り切るために入園準備は早めにすませておきたいもの。入園準備品の選び方次第で園生活がより快適になります。保育園入園に向けての準備品の選び方・準備にあたっての注意点をご紹介いたします。

入園が決まったら準備品をそろえよう

 (81618)

4月入園希望の場合、多くの市区町村では11月に申請を出します。保育所・保育園・地域型保育に入園できるか否かがわかるのが、翌年1月下旬~3月上旬。入園準備ができる時間は思いのほか短いです。

持ち物すべての名前つけ・手作り通園バッグなど手間がかかることも多いので、入園が決まり次第すぐに準備品をそろえはじめましょう。

お昼寝布団

 (81612)

お昼寝用敷布団としておすすめのサイズは横60~70cm、縦120~130cm。園から特別指定が無い限りこのくらいを目安にしましょう。1歳~5歳まで長く使えます。

新陳代謝が活発で汗をたくさんかく乳幼児の布団は、カビ・ダニの温床になりがちです。綿・ポリエステル素材で丸洗いできるものが良いですね。敷カバーは吸水性が良い綿素材を選びましょう。

保育園では慣れてきたら「自分で片付ける」ことが基本です。あまりにも厚みのある布団は、子どもがたたみにくいので避けてください。

洋服・着替え

 (81613)

【素材】
柔らかい伸縮性のある綿素材を選びましょう。綿には汗を素早く吸収して発散させる性質があります。

【着替えやすい洋服】
保育園ではシンプルで着替えやすい服装が鉄則。「カットソーやトレーナー+ウエストゴムのパンツ」がおすすめです。デザインやカラーで個性を出します。

ボタン・ファスナーがついた「自分で着替えられない服」は避けましょう。乳幼児のうちはファスナーによって怪我をすることも。

【滑り止めのある靴下】
足裏にゴムの凹凸のある靴下で転倒を予防します。滑り止めのある靴下は18cmくらいまであります。

【園のNG服装を確認】
股がスナップになっている下着・スカート・オーバーオールタイプの服・タイツ・フード付の服……。子どもの安全と着替えの効率化のためNG服を指定している保育園が多いです。

新生活スタートにあたって「可愛い服」を着せたくなりますが、まずは入園案内で選び方を確認。「保育園で着用可能な服」を準備しましょう。

着替えの必要枚数

保育園に通い始める年齢にもよりますが、最低でも1日2回分の着替えは必要です。0~2歳児ですとおもらし・食べこぼし・泥汚れ等で、1日5~6回着替えることもめずらしくありません。園によっては3回分以上の着替えを毎日準備する規則があるケースもあります。

【必要枚数の目安】
0~2歳(オムツをしている時期)
下着・トップス・ボトムス・靴下などフルコーデを5セット

3~6歳(泥汚れ・汗による着替えが多い時期)
下着・トップス・ボトムス・靴下などフルコーデを3セット

お食事エプロン

 (81614)

食事・おやつ時に必要な「お食事エプロン」。3~4歳くらいまで使う保育園もあるようです。最低でも1年以上使うお食事エプロンは、清潔に保てることが第一条件。食べ物と湿気でカビが生えやすいので、洗濯機で洗えるものを選びましょう。

【素材】
EVA樹脂(エチレン酢酸ビニル) 、ネオプレンなどの合成ゴム素材がおすすめ。撥水性があり洗濯機で洗える素材です。

【デザイン】
食べこぼしキャッチポケットがあるもの。キャッチポケット部分が柔らかく、たたみやすいものの方がかさ張らず、お手入れもしやすいです。

【自分で着脱しやすいもの】
子どもの力でもはがすことのできるマジックテープが良いでしょう。ただし、マジックテープによっては子どもの力では着脱できないものもあります。

通園バッグ

 (81615)

通園バッグに多いのは手提げカバン・ショルダーバッグ・リュックサック。保育園指定のバッグを購入する、園規定の中で保護者が準備する、保護者が手作りで準備するなど、入手方法は園によってさまざまです。以下に選び方のポイントをまとめました。

【手提げカバン】
・洗える素材(キルティング素材が人気)
・上履き・着替え・楽器などの荷物が十分入る大きさ
保育園から大きさ(縦・横・持ち手の長さ)について指示があることが多いです。
・持ち手が丈夫で太い
持ち手が細いと手が痛くなります。持ち手が太いもの、持ち手部分が別布で補強してあるものが良いでしょう。

【ショルダーバッグ】
・洗える素材(エナメル加工・撥水加工されているもの)
・お弁当などの厚みのあるものが入れられるマチがある
・肩紐が太いもの、肩紐中央部分にクッションがあるもの

【リュックサック】
・洗える素材
・容量は15リットル程度(20リットルは幼児にはかなり大きめ)
・開け口が広く、子どもが1人で開け閉めできるもの
・肩紐が太めでクッション性が高い

バスタオル

 (81617)

お昼寝用のタオルケットとしてバスタオルを使用する場合も多いですね。冷暖房完備の施設内での体温調節に、バスタオルはぴったり。素材は綿100%で厚手のものが吸水性・保温性ともに高いです。

サイズは横60~80cm・縦100~130cmくらいが掛布団として使えます。厚手・大判のバスタオルで就寝時の子どもの体温をしっかりキープしましょう。

子どもと一緒に楽しく入園準備

職場復帰も控えているパパママにとって、園から指定された多くの準備品を用意するのは大変かと思います。洋服・通園カバン・タオルなど選ぶ際に、子どもの意見を取り入れてみるのはいかがでしょうか。

はじめてパパママから離れる保育園生活も、自分で選んだお気に入りグッズがあれば元気にスタートをきれそうです。時間に余裕を持って、親子で楽しく入園準備をしましょう。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

親子でお手紙交換と交換日記!【体験談】学んで成長した記録を保存まで

親子でお手紙交換と交換日記!【体験談】学んで成長した記録を保存まで

家族のきずなを深める新ブランド「kazokutte:カゾクッテ」が学研ステイフルから新登場。親子で手紙や日記をやり取りし、保存できる第1弾シリーズを実際に...
【保育士が教えたいこと】もうすぐ保育園!どんな準備をすればいい?②

【保育士が教えたいこと】もうすぐ保育園!どんな準備をすればいい?②

入園説明会も終れば、いよいよ保育園の入園準備も本格的に。持ち物の準備以外に保育士視点で「こんな準備をしたらいいよ!」ということをお伝えします。2回目は、意...
【保育士が教えたいこと】もうすぐ保育園、どんな準備をすればいい?①

【保育士が教えたいこと】もうすぐ保育園、どんな準備をすればいい?①

保育園への入園が決まったら、入園準備がスタート。用意しなければならない持ち物はだいたいわかるけれど、「他にやっておくことはない?」と友人パパママに聞かれる...
通園通学グッズを手作りする方に人気・おすすめ本6選

通園通学グッズを手作りする方に人気・おすすめ本6選

幼稚園や保育園、認定こども園、小学校などで指定される通園通学グッズ。最近は手軽にオーダーでき、市販品にちょっと手を加えるだけでも大丈夫な園や学校も多いよう...
入園準備は手作りで!入園グッズ手作りレシピサイト4選

入園準備は手作りで!入園グッズ手作りレシピサイト4選

入園準備にはいろいろな手作り品を用意しなければなりません。自分で作りたいかたは、手作りサイトに無料で公開されている作り方を参考にしてみましょう。レッスンバ...

WRITER

aotanaoao aotanaoao  小学1年生の娘を育てる兼業主婦です。遊びながら知育できることを日々模索中。 英会話教材、学習テキストを使ってマイペースで家庭学習を楽しんでいます。