2019年9月6日 公開

【取材】インターナショナルスクールは日本の小学校と何が違うの? 

インターナショナルスクールの人気や興味関心が高まっていますが、日本の小中学校(義務教育)とは具体的にどう違うのでしょうか?注目される背景や教育内容の違い、気になる進学先まで、インターナショナルスクール運営や英語教育を広く展開するGSAの村田学さんに伺いました。

【連載】インターナショナルスクール事情
Vol.1 プリスクールが子どもの英語教育で注目を浴びる魅力とは? 
Vol.2 インターナショナルスクールは日本の小学校と何が違うの?←今回はここ
Vol.3 自然環境で探求学習!「東京ウエストインターナショナルスクール」 

インターナショナルスクールとは

GSA(Global Step Academy)グループが経営する東京ウエストインターナショナルスクール(TWIS)。TWISの理事でマーケティング最高責任者の村田学さんに詳しくお話を伺いました。
via photo by author
ーーそもそもインターナショナルスクールとはどんなスクールなのでしょうか?日本の小中学校との違いを教えてください。

プリスクールとインターの違いは?

村田さん:元々、インターナショナルスクールは、主に英語で授業が行われる外国人児童のための教育施設でした。駐在などの理由で日本に短期滞在する外国人家庭の子どもが、自国や他の国に移動した際もそのまま教育が受け続けられるように配慮されたスクールが中心です。

ですが、最近は日本人でも入学できるインターナショナルスクールも増えています。特にインターナショナル・プリスクールと呼ばれる小学校前のスクールは、英語で教育を受けられますが、入学時の英語力も問われません。幼稚園前に通う、保育園のように終日通うなど、時間や日数もさまざまで、日本人がほとんどを占めるスクールも多いようです。

インターでも就学義務を履行している?


村田さん:学校教育法(学教法)の第1条に規定する学校(一条校)として認定されたインターナショナルスクールもありますが、ほとんどは、学教法第134条に規定する各種学校(専門学校など)として認められているか、無認可のスクールも多くあるようです。

問題は、日本国籍を持つ国内在住の子どもの保護者は、教育を受けさせる義務(就学義務)があり、インターナショナルスクール(一条校認定外)に通わせると、法律で規定された就学義務を履行したことにはならないことです。

小学校はインターでも日本の中学校に進学できる?

村田さん:学教法では、インターナショナルスクール小学部卒業後の中学校入学や、中学部の途中で日本の中学校へ編入学を希望する場合も基本的には受け入れられないとしています。

ただし、海外からの帰国生(帰国子女)や二重国籍を持っている場合など、義務教育が猶予か免除されるケースもあります。

インターと日本の小学校との違い

教科書は分厚いこともあり、教室の棚に収納して持ち帰らないのが基本。また、自分の分を買うのではなく、皆学年ごとに順繰りに大切に扱います。
via photo by author
日本の小・中学校とインターナショナルスクールは具体的にどう違うのか、宿題や部活、行事、校則や制服、気になる費用や授業の雰囲気まで主に異なる点を伺いました。

授業の進行・雰囲気

村田さん:基本的に、先生が教えるのではなく、先生が質問を投げかける授業が展開されます。「なぜ?どうして?その理由は?」とテーマを深掘りします。

例えば「熱帯雨林」について、生徒と先生が一緒になって、質問や疑問をお互いに投げかけて答えを探していきますが、日本のように、理科の科目だけで学ぶのではなく、社会、国語、算数などさまざまな科目を横断するアプローチが土台です。

問題を発見する力、問題を解決する力を探究的に育てていきます。

宿題

村田さん:英語の宿題も日本語の宿題も出ます。二言語で宿題が出るため、生徒の宿題対応も2倍です。

部活(クラブ活動)

村田さん:部活はシーズン制のため「中学校の3年間は野球だけ」ということはありません。理由は部活動に対する考え方が異なるから。「多くのスポーツや音楽などに触れてほしい」という目的が中心になり、スポーツや音楽の技術を習得させるためには提供していません。そのため、いわゆる体育会系の厳しい上下関係やいじめなどが生まれにくい仕組みです。

学校行事

村田さん:主な学校行事は、ハロウィン、ウィンター・プレゼンテーション、エキシビション(学習成果発表会)など。運動会(スポーツ・デー)は、外国人の先生方にも好評です。

校則

村田さん:多様な文化背景を持った保護者、生徒が在校するため校則自体を作りにくい傾向にあります。例えば、生まれつきドレッドヘアーの子もいるので髪型の規制はできません。赤ちゃんの時からピアスをする文化を持つ国もあり、アクセサリーに関するルールも生徒・保護者の文化背景を尊重します。

制服

村田さん:アメリカ式のインターナショナルスクールは、制服が無いことが多いです。英国式のインターナショナルスクールは制服があり、旧英国領だったインド式も制服があるのが普通です。新興インターナショナルスクールでは制服があることが多いようです。

費用

入学前にかかる費用:志願料/3万円。
合格時にかかる費用:入学金/30万円。
入学時にかかる費用:施設費/30万円。
毎年かかる費用:授業料と施設費(幼稚部のプリスクールは150万〜200万が中心。小中高のインターナショナルスクールは、200万〜300万が中心)。

村田さん:特に初年度の入学時にはATMの銀行送金の上限である200万を超えることもあります。私立学校の3倍はかかります。

注目の背景:インターナショナルスクールへの関心とニーズ増加

教育大国シンガポール・アプローチとして注目されているシンガポール算数の教材は世界各国で人気。TWISの小学部でも採用している。
via photo by author

地方都市インター:低価格の授業料で人気!校数も増加

ーーインターナショナルスクールも以前に比べて、日本人中心のスクールや地方都市に新設されたスクールも増えているようですが。

村田さん:これまで、インターナショナルスクールというと、都心部に住む外国人転勤族の方々が中心でした。ですが、本校がある八王子のように地方都市にもインターナショナルスクール熱が高まっています

都心部の老舗インターナショナルスクールが年間350万の授業料で運営しているのに対し、地方都市にできている新興インターナショナルスクールは、年間150万から220万と低価格化が進んでいます。授業料の低下と校数の増加は、ニーズがあるからだと考えています。

また、少子化でひとり当たりにかけることができるお子さまの教育費が増加したこともあります。早期英語教育への関心の高まりと、日本の教育に危機感を持った保護者の方々の問い合わせは本校にも年々増加しています。

インターナショナルスクールに通わせる家庭の多様化

ーーインターナショナルスクールには、どんな家庭や保護者の方が多いのでしょうか。

村田さん:従来の外国人富裕層のみを対象としたインターナショナルスクールから、保護者像も進化しています。

従来の富裕層の保護者は、これまでミッション系英語教育に強い私立学校を選んでいた傾向が強かったのですが、今はインターナショナルスクールに入学させる方も増えています。情報革命で生まれた新興富裕層の保護者は、インターナショナルスクールが最新ICT教育に取り組む姿に共感される方も多いです。また、祖父母の相続や協力でシングル家庭、あるいは共働き家庭など、保護者も多様化しています。

老舗インターナショナルスクールは、外国人富裕層や海外転勤族の方が中心でしたが、帰国子女の方も増えているようです。新興インターナショナルスクールは、日本人家庭のお子さまを中心に、在留外国人のお子さま、帰国子女も増えています。また、外国人労働者の増加に伴い、そのお子さまも今後増えると考えられます。

日本社会や日本の義務教育課程への低い期待感も影響!?

村田さん:「早いうちから海外で人生を歩んでほしい」という保護者の方々の期待を強く感じます。小学3年生まで本校に通い、その後、家族でマレーシアに移住した方もおります。教育を受ける場所を自由に選べる社会になってきたことを実感しています。

国際バカロレアへの期待感も……

ーー国際バカロレア認定のインターナショナルスクールは人気があるのでしょうか。

村田さん:国際バカロレアのディプロマ・プログラム(IBDP)は、国際教育のブランドとして保護者の認知度が高く、強い期待感があります。文科省の200校計画(2019年7月24日時点で146校)で注目を集め、「インターナショナルスクール=国際バカロレア」というイメージも強くなりました。

ただし、実際はインターナショナルスクールは多様であり、取り入れているカリキュラムもアメリカ式や英国式、インド式など主となる国の影響があります。そこがインターナショナルスクール自体をわかりにくくしているひとつの要因だと思います。

インターナショナルスクールからの進学ルート、海外の道は?

TWISの廊下には至るところにレポートやアートなどの展示物がぎっしりと飾られていた。
via photo by author

海外進学対策は?

村田さん:以前から、インターナショナルスクールの高等部卒業後は、海外の大学に進学することが一般的でした。最近でも、お子さまの興味関心に合わせてリベラルアーツ教育を選ぶなど、海外の大学を選択肢に入れている方も多くいらっしゃいます。

一方でお子さまが幼稚部の時から「大学は、ケンブリッジ大学に」と指定されたケースもありました。現場サイドとしては、夢を叶えるための協力をするのと同時に、その子の素質や成長後の興味によっても左右されることをお伝えしています。

国内の大学進学も人気に

村田さん:近年は、国内の大学への進学も人気です。
 
進学先はICU、上智大学が定番でしたが、慶應義塾大学の湘南藤沢キャンパスをはじめ早稲田大学国際教養学部、立命館アジア太平洋大学(APU)、テンプル大学日本校など、英語で学べるコースが増えてきたこともあります。
 
また、東京大学や京都大学をはじめとする国公立大学も積極的に国際バカロレア選考試験を実施しており、国際バカロレアで学んだインターナショナルスクール卒業生にとっては追い風になっています。
 
国内大学がインターナショナルスクール卒業生を積極的に受け入れる背景には、2つの理由があります。

1つ目が大学側としてインターナショナルスクールの探究的な学び方を英語で習得した生徒をアカデミック的に必要としていることです。

2つ目は、世界大学ランキングで東大をはじめ国内大学のランキング低下の要因となっている「国際性」を強化するように文科省が大学に補助を厚くしています。「国際性」を強調するため、英語で学べる専攻やコースを作り、そこで学べる留学生とインターナショナルスクール卒業生を積極的に受け入れているという背景があるのです。

ボーディングスクールも注目

村田さん:新たな海外進学対策として、中高でボーディングスクール(※)を考える保護者が増えています。

従来は、アメリカ、英国、スイスが3大拠点でしたが、最近は、シンガポール、マレーシア、香港、タイなどアジアのボーディングスクールも選択肢として注目を集めています。

海外大学への進学前に海外のボーディングスクール中高へ進学するという新たなルートが増えたように感じます。

※ボーディングスクール(Boarding School)=基本的に「全寮制」の寄宿学校。両親や家族と離れて、学生と教師が同じキャンパスで寝食を共にするのが特徴。規則や礼儀、自立心、コミュニケーション能力を鍛え、次世代のリーダーを養成することを目的としている。

最後に:インターを断念した日本人家庭におすすめのサービスは?

ーーいろいろ考えた結果、インターナショナルスクールに進学はしないけれど、語学取得やインターナショナルスクールでの教育内容に興味のある家庭におすすめの学習方法はありますか?

村田さん:義務教育を優先するためにインターナショナルスクールの小学校を断念する家庭も多く、GSAグループとしては、オンラインで探究的に学ぶ仕組みが受け皿になればと考えています。

取材協力

GSAのオンライン英会話サービス:Global Step Academy(グローバルステップアカデミー)

マンツーマンの本格オンラインレッスンで、アメリカのコモン・コアを用いたカリキュラムとナショナルジオグラフィック社の教材を使用。算数、STEMなど英語で学べる多様なコースも展開している。GSAインターのシーズンプログラムやアフタースクール、国際イベントや海外サマーキャンプに参加する機会も得られる。GSAグループのプリスクール卒園者は受講サービスがある。
GSA(Global Step Academy)
オンライン教育、インターナショナルスクール及び学童保育運営、国際教育メディア、 教育コンサルティング事業及びチュータリング事業を行う国際教育に特化したグループ企業。

村田 学さん 2012年、国際教育メディアThe International School Timesを創刊し編集長に就任。その後インターナショナルプリスクールである Central Forest International School Tachikawaの理事長を経て、2016年8月、株式会社GLOBAL EDUCATIONAL PARTNERSに入社。2018年1月、取締役に就任。学校事業統括責任者。東京ウエストインターナショナルスクール理事及び、マーケティング最高責任者。
via photo by author
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

【取材】国際バカロレア認定の探究型学習「東京インターナショナルスクール」

【取材】国際バカロレア認定の探究型学習「東京インターナショナルスクール」

東京・港区にある「東京インターナショナルスクール」をご紹介。都心の学校で国際バカロレアの探究型学習を受けられるインターナショナルスクールとして注目を集めて...
日本人家庭にとってインターナショナルスクールは海外進学の近道なのか? 

日本人家庭にとってインターナショナルスクールは海外進学の近道なのか? 

早期英語教育熱が高まっています。インターナショナルスクール進学はグローバルに活躍する子を育て、海外の大学やボーディングスクールに進学する近道なのでしょうか...
【八王子】自然環境で探求学習!「東京ウエストインターナショナルスクール」

【八王子】自然環境で探求学習!「東京ウエストインターナショナルスクール」

東京・八王子にある「東京ウエストインターナショナルスクール(TWIS)」。都心から近く、自然豊かな地理的条件を活かした運営や多様な教師・生徒構成も魅力です...
小学生の方が受かりやすい?!英検対策は自宅学習で大丈夫?【小1から英検チャレンジ】Vol.12

小学生の方が受かりやすい?!英検対策は自宅学習で大丈夫?【小1から英検チャレンジ】Vol.12

小学生の英検対策のために、英会話スクールに通うべき?自宅学習で十分?自宅で学習するとしたら、どんな方法があって、どんな教材がある?娘のミヤピーの英検受験を...
小学生の方が受かりやすい?!英検の仕組みを知る【小1から英検チャレンジ】Vol.11

小学生の方が受かりやすい?!英検の仕組みを知る【小1から英検チャレンジ】Vol.11

小学校に入ってから英検に挑戦することにしたわが家の娘ミヤピー。いざ受験をすることになって調べてみたら、いろいろと知らないことが……!英検受験を考えているな...

WRITER

志田実恵 志田実恵  エディター/ライター。札幌出身。北海道教育大学卒業(美術工芸)。中高の美術教員免許所持。出版社でモバイル雑誌の編集を経て、様々な媒体で執筆活動後、2007年スペイン留学、2008〜2012年メキシコで旅行情報と日本文化を紹介する雑誌で編集長。帰国後は旅行ガイドブック等。2014年6月に娘を出産。現在は東京で子育てしながらメキシコ・バスクの料理本の編集のほか、食、世界の子育てなどをテーマにwebを中心に活動中です。