2018年4月16日 公開

今しかない!子ども写真のちょっとしたコツと撮り方【イクロク】第4回

幼少期の写真を簡単にかわいく撮るコツ、かわいく撮れる瞬間、場所を紹介する【イクロク】連載4回目。成長別におさえておきたい写真、絶対キレイに撮れるおすすめのシーンやシチュエーションも解説しますので参考にしてくださいね。

日常でかわいく撮れるのはどんな時?

via photo by author
幼少期の写真をかわいく撮るコツ、かわいく撮れる瞬間はどんな時でしょうか。

例えば…
●友達と一緒にいるとき:いつもよりイキイキとした笑顔が撮れます。
●何かに集中しているとき:邪魔をしないよう遠くから撮るのがオススメ!
●食べているとき:おいしいものを食べて喜んでいるとき、無心な表情も良いですね!

真正面のカメラ目線はもちろん、横顔や寝顔も抑えておきたいです。

他にも、逆光は子どもとの相性抜群。柔らかい光が髪にあたっているときなどもぜひ撮ってみてくださいね。

via photo by author

成長別:押さえておきたい写真

成長・発達の過程で、どうしてもその瞬間しか撮れない写真があります。その時期を過ぎてしまうと二度と撮れない貴重なとき。とはいえ、バタバタしているうちにあっという間に過ぎてしまい、気づけば取り逃がした!というのはよくあることです。

そんな瞬間を逃さないために…先輩パパママから聞いた、おさえておきたいモーメントをご紹介します。

新生児写真(ニューボーン)

via photo by Yuka Arioka
産婦人科や産院で産まれたときの写真はいろいろ撮っておきたいもの。「産まれた日の空」もロマンチックですし、「はじめての親子写真」「病院のタグがついた手足」など撮っておきたい写真はたくさんあります。

また、新生児特有の微笑「はじめての微笑み」。さらに、この時期特有のしかめっ面、不思議そうな顔、焦点がまだあってないような目を写した写真もあとで見るととても懐かしく感じますよ。

退院後落ち着いてきたら、1、2カ月までに「ニューボーンフォト」を。カメラマンに出張撮影を頼むのもおすすめです。ヌードやおむつ姿などでぜひ。

また、赤ちゃん期はぐっと寄って撮るのがコツです!

寝返り・お座り・つかまり立ち・立っち、一歩。はじめての離乳食・歯など

via photo by author
100日、お食い初め、初節句など行事やイベントの時には記念写真を撮る方も多いと思いますが、日常の中でも、赤ちゃんにとってのはじめても、ぜひ記念に残せるといいですね。

「はじめて立った!」「はじめて歩いた!」などその瞬間にカメラを向けられなくても、前後の日などでも撮っておくと良いですよ。

季節やシーンごとのおすすめスポット

春夏秋冬、それぞれでぜひ撮りたい写真のシチュエーションとスポットを紹介します。写真の腕に自信がなくても大丈夫!雰囲気で2割増しくらいになりますよ。

春:桜や菜の花と

東京都中央区・浜離宮庭園にて。
via photo by author
春はぜひ、菜の花畑や桜並木と一緒に。桜並木を背景に入れたり、菜の花畑の間に座らせてみたり。鮮やかな色彩が子どもの表情をひきたててくれます。

ちょっと低い位置から撮影すると良いですよ。

東京・日比谷公園にて。
via photo by Yuka Arioka

夏:水遊びや海

熱海サンビーチにて。
via photo by author
はじめての海やプール、じゃぶじゃぶ池など、子どもを一人で見ている時は、カメラやスマホが濡れないように気をつけるのが大変かもしれませんが、パパや友達などに手伝ってもらえる時はぜひ貴重な瞬間を切り取ってみてください。

夏~秋(5〜9月頃):しゃぼん玉と芝生

東京・浜離宮恩寵公園
via photo by author
初夏から初秋にかけてにオススメなのが、芝生の上で写真を撮ること。シャボン玉を組み合わせれば完璧!撮影するときは、寝そべったりギリギリまでしゃがんで、子どもの目線よりさらに低いくらいにしてみてください。

秋:落ち葉や紅葉

東京・代々木公園にて。
via photo by author
秋もシャッターチャンスの多いシーズンです。パパママやママ友同士で協力し、上から落ち葉を散らしてみてください。落ち葉のシャワーに子どもの表情もイキイキ!銀杏並木や落ち葉の絨毯も魅力的な撮影スポットです。

冬:雪

ゲレンデにて。
via photo by Yuka Arioka
冬は雪遊びが最高です。雪合戦や雪だるま作りにそり遊び、鎌倉作り。はじめての雪に触った瞬間など、驚きや感動の表情を撮りましょう。真っ白な雪景色が子どもの繊細な可愛らしさを存分に美しく見せてくれます。

初心者は写真の撮り方本を1冊手元に

タイトル:はじめてのママカメラ 365日の撮り方辞典
著者:今井しのぶ(著)
出版社:マイルスタッフ(インプレス)
まず1冊、撮影の仕方の本を読んでみるのもオススメです。

この「はじめてのママカメラ 365日の撮り方辞典」は、難しい専門用語を使わず、わかりやすく写真の撮り方が解説されています。年齢別、シーン別にかわいい子どもの写真の撮り方はもちろん、料理、夜景の撮り方まで教えてくれています。

また、初心者用にデジカメ選びから、画像編集、写真整理、壁面デコレーション術やなんとレフ板の作り方まで解説していますので、イチから知りたい、網羅したい方にオススメの1冊です。

大切な瞬間を記録しよう

日常の何気ない風景や表情も、写真に残せば、忘れられない瞬間がカタチになります。常にスマホやカメラを手元に置いておいて、ぜひチャレンジしてみてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

パパママも一緒に遊べる「#我が家のブリオ」おしゃれなおもちゃ集

パパママも一緒に遊べる「#我が家のブリオ」おしゃれなおもちゃ集

スウェーデン生まれの「BRIO(ブリオ)」。シンプルで洗練されたデザインや木のぬくもりと優しさが魅力のおもちゃブランドです。インスタの「#我が家のブリオ」...
子ども自ら歯磨き宣言!歯磨き嫌いの4歳が「シャカシャカぶらしキット」を体験

子ども自ら歯磨き宣言!歯磨き嫌いの4歳が「シャカシャカぶらしキット」を体験

歯磨きが苦手なお子さま、そして毎日子どもの歯磨きに苦労しているパパママはたくさんいるのではないでしょうか?悩みのタネの歯磨きタイムが楽しくなるスマート歯ブ...
イマドキおもちゃはこんなにおしゃれ!インスタ「#我が家のブリオ」に注目!

イマドキおもちゃはこんなにおしゃれ!インスタ「#我が家のブリオ」に注目!

最近では子どものおもちゃとはいえ、おしゃれなものがたくさんあります。ヨーロッパブランドのおもちゃはその代表格。中でもスウェーデン生まれのBRIO(ブリオ)...
「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

大人気おもちゃブランドBRIO(ブリオ)の「2019年イヤートレイン」プレゼントキャンペーンを開催します!参加方法は簡単。おうちにあるブリオのおもちゃを写...
親子の成長が見える化できる!子どもの写真、絵・作品の飾り方

親子の成長が見える化できる!子どもの写真、絵・作品の飾り方

スマホやデジカメで撮った写真、幼稚園や保育園などから持ち帰った絵や工作、どうしていますか?今回は飾り方を特集。家に飾ることで、子どもが喜ぶ、成長が見える、...

WRITER

志田実恵 志田実恵  エディター/ライター。札幌出身。北海道教育大学卒業(美術工芸)。中高の美術教員免許所持。出版社でモバイル雑誌の編集を経て、様々な媒体で執筆活動後、2007年スペイン留学、2008〜2012年メキシコで旅行情報と日本文化を紹介する雑誌で編集長。帰国後は旅行ガイドブック等。2014年6月に娘を出産。現在は東京で子育てしながらメキシコ・バスクの料理本の編集のほか、食、世界の子育てなどをテーマにwebを中心に活動中です。