2019年10月18日 公開

【2019年版】子供用プログラミングアプリ人気10選|学習に最適!

プログラミング学習は、スマホやタブレットを使えば自宅でも簡単に取り組むことができます。特に子ども向けに開発されたプログラミングアプリは、楽しく遊ぶ感覚でプログラミングの概念に触れることができるので、初心者にもピッタリ!おすすめのアプリ10選を紹介します!

プログラミング学習で得られる効果

Syda Productions / shutterstock.com
2020年度から施行される小学校のプログラミング教育。これは、プログラミングという教科が誕生して必修化されるわけはなく、算数や理科といった既存の教科に「プログラミング的思考」を取り入れて行われます。

パソコンやタブレットに親しみ、ITへの興味を深め、中学・高校へ進学したときに本格的にスタートするプログラミング系授業の下地を作る、という狙いもあります。

では、プログラミング的思考とは、いったいどういう思考なのでしょうか?

論理的な思考力を養える!

ITの世界でプログラミングといえば「人間が意図した処理を行うようコンピューターにプログラミング言語で命令を下す作業」のこと。たとえば家電製品に組み込む制御システムを作ったり、WEBやアプリで楽しめるゲームを作ったり。規則性のある世界の中で筋道を立てて、こちらが意図した動きを実行させるためのプログラムを開発していく仕事全般を指します。

プログラミングでは、物事を論理的に考えて具体的に指示していくことがとても重要です。ゴールに到達するために必要な条件やその条件をクリアしていく手法を明確にして、誰にでもわかるひとつの指示書にまとめるような感覚です。

この考え方は、コンピューターの世界だけでなく、実社会においても活かせます。困難にぶつかったときにその壁を乗り越える方法を考えたり、困ったことを解決できるようなアイデアを出したり、そういった場面で論理的思考はきっと役立つでしょう。

思考力・判断力・創造力・表現力の向上

「AとBを選べるとしたら、どちらがよいか」という選択を迫られるシーンは、日々たくさんあると思います。

そのときに、目の前にあるAとBだけを見ているとなかなか答えが出せません。その先にある「何をしたいのか」を踏まえて考えることが大事です。

プログラミング学習では、使える手法の中から最もよいと思われるものを選び、実行していくことを繰り返していきます。自分が望む結果を出すために、どうしたらよいかを考える力、判断する力が鍛えられるというわけですね。

また、プログラミングを駆使して何かを作ることは、創造力や表現力の向上にも結び付きます。論理的なプログラミング的思考は、どこかアートの世界と相反するようにも感じられるかもしれません。でも、実は新しいものを創り出すプログラミングにはクリエイティブな側面もあり、絵画や工作と同じように表現力を磨くとてもいいチャンスなのです。

学びに向かう力、豊かな人間性を育む

じっくり考えた結果、思い通りにコンピューターを動かせたら、子どもはきっと達成感を得られるはず。この経験を積み重ねることは、考えることが楽しいと感じたり、身の回りのあらゆることに興味関心を持つきっかけになったりします。

思考力や問題解決力、判断力、表現力……。このような将来役立つ非認知能力の向上は、豊かな人間性の育成にも大きく関わってきます。

プログラミング学習の魅力が伝わりましたでしょうか?

プログラミング教育で親が気を付けること

Dmytro Zinkevych / shutterstock.com

正解を教えない

プログラミング学習で大切にしたいのは「自分自身で考えること」。まだ経験が浅い幼児や児童の場合、答えがなかなか出せなかったり、間違った選択をすることもたくさんあります。

そんなとき、親としてはつい手を出したくなりますよね。正解を教えてあげたくなる気持ちはとてもよくわかります。でも、そこはぐっとこらえましょう。

一生懸命考えて答えを選ぶというその過程を経験することで、子どもの思考力はどんどん高まります。たとえ間違った答えを選んでしまっても、間違った理由を知るいいチャンスになります。

もっというと、プログラミング学習そのものには正解はないと言っても過言ではないほどです。幼少期のプログラミング学習では、思考のプロセスをしっかり評価してあげてくださいね。

見守ることに徹する

「正解を教えない」にもつながることですが、親があれこれ口出しするのはオススメしません。親のスタンスは「見守ることに徹する」です。

子どもが、どうすればいいのかわからず立ち止まっていたとしても、いったん様子を見守りましょう。口出しすることは、子どもが自分から「スタート」を発見したり、「ルール」に気づくという経験を奪うことになります。

ただし、子どもからヘルプが出た場合は、きちんと向き合って指導してあげてください。その際の注意点は「正解を教えない」ことです。

親子で楽しむ

「プログラミングって何?」と思っている保護者の方も多いことでしょう。むしろ、子どもよりも苦手意識が強く、拒否反応を示す親御さんが多いのも事実です。

算数や理科であれば、親は子どもに教えることができますが、プログラミング学習はまだまだ新しい分野。そのため、親も子どももスタートラインは同じ。子どもと一緒に学ぶ、親子で楽しむというスタンスで取り組めば、プログラミング学習への親のハードルは下がるのではないでしょうか。また、子どもにとっても、プログラミング学習=パパやママと楽しめる!という意識が芽生え、やる気につながるはずです。

幼児から遊べる人気プログラミングアプリ10選

そんなプログラミング学習ですが、オンラインで利用できるアプリなら自宅で手軽にチャレンジできます。時間的に余裕がなくて、プログラミング教室やプログラミングスクールに通えない方こそ、アプリにはメリットがたくさん!

幼児向けアプリには楽しい仕掛けがたくさんでゲーム感覚でプログラミングに触れることができます。中には、プログラミング教室や学校で、教材として使われているものもありますよ。

※基本的には無料ですが、アプリによっては料金が必要なものもあります。

1:Code Karts

方向を指示するブロックを使って、レーシンガーをゴールまで導くゲームが楽しめる「Code Karts」。レベルは70以上あり、レベル10までは無料で遊べます。

レベルが上がるごとに、単に方向指示を出すだけではゴールできないようなコースも出てきます。障害をジャンプ機能を使って飛び越えたりと、クリアする条件がどんどん難しくなります。

クラシックモードと競争モードがあり、一人で遊んだり親子で遊ぶことも可能な「Code Karts」。車好きな子どもにぴったりですよ!
※アプリは無料、アプリ内課金あり

2:ピタゴラン

自分で仕掛けを作って、ボールを転がしてゴールさせるゲームが楽しめる「ピタゴラン」。

画面上を指でなぞって線を描くと、その道順に沿ってシンプルな仕掛けが出てきます。この仕掛けは自分で変更することが可能。たとえばドミノやループ、坂道、滑車など仕掛けは多数用意されており、タップするだけで簡単にカスタマイズしていけます。

仕掛けの組み合わせ方によっては、ボールが外に飛び出してしまうことも。そんなときは一歩戻って、仕掛けを通るときのボールの動きを想像しながら再チャレンジ!ボールをゴールまで運べたときの達成感は、次へのチャレンジ精神を高めてくれます。
※アプリは無料、アプリ内課金あり

3:スクラッチジュニア(Scratch Jr)

スクラッチは、小学生向けに開発されたビジュアルプログラミング言語のひとつです。キーボードを使わなくてもプログラミングができ、プログラミング初心者でもゲームやアニメーションを作ることができます。

スクラッチの操作方法をよりシンプルにして、幼児でもプログラミングできるようにしたのが「スクラッチジュニア」です。上下左右に進行する、ジャンプする、踊るなどの動きを命令ブロックを使ってキャラクターに指示できます。

最初は少しの命令ブロックを使うだけでも、遊ぶうちに複雑な動きや繰り返しの動きなど、高度なプログラムを組めるようになるはずです。
※アプリは無料

4:light-bot

「light-bot」は、ロボットに指示を与えてステージをクリアしていくゲーム型プログラミングアプリです。無料で遊べる「Code Hour」のほか、有料版で4~8歳の子ども向けの「Jr Coding Puzzles」と対象年齢が9歳以上の「Programming Puzzles」があります。

各ステージの目的は、すべての青いタイルを黄色く点灯させていくこと。ステージをクリアするごとにルートが複雑化し、点灯させるタイルが増加します。

「light-bot」はプロシージャ(関数)の概念も取り入れており、複数の動きを1つにまとめて実行することもできます。点灯させたいタイルの配置に規則性を見つけたら、プロシージャを利用することで、効率よくステージをクリアすることができます。論理的に最適な手を考えて、自分で組み込んでいくのは、まさにプログラミングの世界の醍醐味です。
※アプリは無料(アプリのタイプによっては有料)

5:アルゴリズムシティ

ルート上にあるコインを集めていくゲーム型プログラミング学習アプリ「アルゴリズムシティ」。キャラクターを設定し、どうやって進んでコインをゲットするかを考えて、コマンドブロックを使って指示していきます。

こちらのアプリでも、プロシージャを利用して無駄なくキャラクターを動かしていくというプログラムを組むことができます。

集めたコインを使って、アプリ内でかわいい動物キャラクターを購入することも可能。コレクションが好きな子どもにもぴったりです。

日本語対応はしていませんが、直感的に操作ができるアプリなので、遊ぶうちにプログラミングの概念が自然と身についていくはずです。
※アプリは無料、アプリ内課金あり
※アプリはAndroid版のみ

6:デジタルパペット

プログラミングを取り入れたシンプルなバトルゲーム「デジタルパペット」。画面上の白いパペットが自分で、敵の赤いパペットを全滅させたらステージクリアです。ステージは40種類以上あるので、飽きずに楽しめます。

最初は、どう動かして相手を倒すかを考えてプログラミング。慣れてきたら、コマンドの数を少なくして倒すにはどうしたらいいかを考えてみましょう。最小コマンドでクリアできると星が3つもらえます。星を3つ獲得するためにはどういうプログラムを組めばいいのかを考えてチャレンジすることで、プログラミング的思考が磨かれていきます。
※アプリは無料、アプリ内課金あり

7:プログラミングゲーム

さまざまな障害を越えてコインを集めていくゲームを通して、プログラミング学習ができます。一見行き止まりのように見える場所も、コマンドの組み合わせ方次第では通過できるかも……?そんなふうに、キャラクターの動きを想像してプログラムを組んで遊ぶことができます。

現時点でステージは全部で28用意されています。プログラミングをするというよりも、迷路遊びを楽しむような感覚ではじめられるので、初心者にぴったりです。
※アプリは無料、アプリ内課金あり
※アプリはAndroid版のみ

8:ビスケット

ビスケットは子どもでも扱えるビジュアルプログラミング言語。このビスケットを使って、アニメーションやゲーム、絵本などを手軽に作って遊べるようアプリ開発もされました。

ビジュアルプログラミング言語といっても、スクラッチのようなコマンドブロックなどはなく、本当に遊ぶようにプログラミングに触れられるのがビスケットの特徴です。

好きな色を選んで画面上に絵を描き、それを思い通りに動かしていくのがビスケットの基本の使い方。星を描いて夜空でキラキラ光らせたり、お魚を描いて海で泳がせたり。自分が描いた絵が思い通りに動くなんて、きっと子どもはワクワクが止まらないはず。楽しくプログラミングに触れることができます。
※アプリは無料

9:トライビット ロジック

論理演算を使って敵を倒していくゲーム「トライビット ロジック」。論理演算とはコンピューターの世界で用いられる計算方法のこと。「AND演算」,「OR演算」,「XOR演算」,「NOT演算」の4つの演算方法で0か1だけを演算していきます。たとえば、AND演算では、1AND1は1という演算が成り立ちます。

「トライビット ロジック」もこれまで紹介してきたアプリ同様、直感的に操作できるのですが、論理演算について理解を深めていかないとゲームをクリアするのが難しいでしょう。そういう意味では、やや本格的にプログラミングについて学びたいと考えている親子向けです。

論理演算はJavaScriptなどのプログラミング言語をマスターする上で欠かせないもの。上記のように文章で説明されても頭が混乱しそうですが、ゲームを使えば遊びながら覚えられるはず。ぜひお試しください。
※アプリは無料、アプリ内課金あり

10:プログラミングゼミ

「小学生にもっと楽しくプログラミングに触れてもらいたい」という願いから開発された「プログラミングゼミ」。自分で描いた絵や写真をキャラクターにして、命令ブロックを使って動きを指示するオリジナルプログラムを作ることができます。

命令ブロックの数が豊富で、動きのパターンは組み合わせ次第で無限に増えます。プログラムを組み込んだキャラクターを使ってパズルを解いて遊んだり、作った作品をシェアすることも!

参考になるサンプル作品もたくさんあるので、プログラミング初心者におすすめのアプリです。スマホやタブレット版とは別にPC版のアプリもあります。
※アプリは無料

アプリでプログラミングがもっと身近に

unguryanu / shutterstock.com
プログラミングの概念は、見たり聞いたりするだけではなかなか理解が難しいです。現在は、スマートフォンやタブレットでプログラミング学習ができる優れたアプリがたくさんあります。「スマホでゲームさせるのに抵抗がある」という方もいるかもしれませんが、むしろ利用しないなんてもったいないです!ぜひアプリでプログラミングの概念に触れる機会を設けて、プログラミング的思考を育むきっかけにしてください。

今回紹介したアプリは、親も一緒に楽しめるものばかり。プログラミング教室などの習い事をはじめる前に試してみるのにも最適です。プログラミング学習のツールとしてアプリを活用し、親子で楽しくプログラミング体験できるといいですね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

子ども向けプログラミング教室に注目!人気のスクールを紹介

子ども向けプログラミング教室に注目!人気のスクールを紹介

プログラミング教室が子どもの習い事として注目を集めています。実際のプログラミング教室とは、どのような講座なのでしょうか?受講するメリットやデメリット、教室...
【大阪】幼児期から通えるプログラミング教室・スクール7選

【大阪】幼児期から通えるプログラミング教室・スクール7選

2020年度から小学校の授業カリキュラムにプログラミング教育が導入されることにより、子どもに習わせたい習い事No.1になるなど、プログラミング教室への需要...
幼児の英語学習スタートに最適!「英検Jr.」を受けてみませんか?【小1から英検チャレンジ】Vol.15

幼児の英語学習スタートに最適!「英検Jr.」を受けてみませんか?【小1から英検チャレンジ】Vol.15

英語の勉強をはじめてみたけど、子どもが英検を受けるにはまだまだ……と思われるなら、まずは「英検Jr.」を受験してみませんか?幼児が英語を学習するのに最適な...
【文系の親でもわかるプログラミング教育】身近にあるプログラミングの例を考えてみよう

【文系の親でもわかるプログラミング教育】身近にあるプログラミングの例を考えてみよう

2020年から小学校で必修化されるプログラミング教育。子どもには頑張ってほしいけれど、親の自分はわからないのでノータッチになってしまいそう……という文系の...
小学生の方が受かりやすい?!英検対策は自宅学習で大丈夫?【小1から英検チャレンジ】Vol.12

小学生の方が受かりやすい?!英検対策は自宅学習で大丈夫?【小1から英検チャレンジ】Vol.12

小学生の英検対策のために、英会話スクールに通うべき?自宅学習で十分?自宅で学習するとしたら、どんな方法があって、どんな教材がある?娘のミヤピーの英検受験を...

WRITER

Akari Itoi Akari Itoi  出版社、料理企画会社を経て独立。WEBメディアを中心に企画からライティングまでこなすコンテンツディレクターとして活動中。得意ジャンルはグルメ/クッキング/子育て/幼児教育/受験。東京在住。石川県出身。2児の母。調理師/食育指導士/JHBS講師/パンコーディネーター取得。