2022年07月24日 公開

100均材料で手軽に!お花紙でふんわり蝶々をつくろう

お花紙を使って、教室などのデコレーションに飾る花を作った経験がある方は多いと思います。今回はそのお花紙を使って作る、ふんわり蝶々の作り方をご紹介します。花と一緒に飾るのも楽しいですよ!

           
[no_toc]

お花紙を使って、教室などのデコレーションに飾る花を作った経験がある方は多いと思います。今回はそのお花紙を使って作る、ふんわり蝶々の作り方をご紹介します。花と一緒に飾るのも楽しいですよ!

ふんわり蝶々は材料少なめで、簡単に作れます!

100均等で気軽に手に入る材料を使って、カラフルで可愛い蝶を作る方法をご紹介します。とっても簡単なので、お子さまと一緒にぜひ挑戦してみてくださいね!
お誕生日やホームパーティー等の飾り付けにも使えますよ。

材料

  • 好きな色のお花紙 2色
  • モール
  • 糸(または針金やセロテープでもOK)
  • ハサミ

作り方(蝶の羽)

まず、蝶の羽を作りましょう。

2色のお花紙を、一方が大きくなるように折って切り、2分割します。

2分割に切ったら、一方の色をもう一色の同じサイズの上に重ねます。

重ねたら、写真の点線のように、角を丸く切り落とします。

上の写真のように角が丸くなったら、約1センチ幅にジャバラ状に折っていきます。(お花紙で花を作る要領と同じです。)

最後まで全部折ったら、蝶々の羽のメインの色にしたいほうを表にして、

上下を合わせて糸で結びます。(今回は青をメインの色にしてみます)

糸で結んだら、お花紙で作るお花の要領で、折り目をふんわりと広げていきます。全部を全開にしなくても大丈夫です。

蝶々の形に見えるように、紙が破れないように気をつけながらする動きが、お子さまの脳と指先のトレーニングにGood!

蝶々の形が見えてきました!

下の色も見えるように、上下の紙を少し離して広げてみましょう。
蝶々が華やかになります。

下の色が見えにくい場合は、上の紙のふちを少し切るのも良いです。

作り方(体と触角)

次に、蝶々の体と触角部分を作っていきます。まず、モールを半分に折って、

下の部分を3㎝程ねじり、体を作ります。

蝶の羽を、先程折ってねじったモールではさんで、

羽の上の方で、もう一度ねじって、羽と体を固定します。

次に、上の写真のように、モールの端をくるっと丸めて、蝶の触角を作ります。

ふんわり蝶々が完成です!

サイズや色を変えて、たくさん作ってみよう

今回ご紹介したのは基本の作り方ですが、重ねる紙の枚数を変えたり、羽のサイズを工夫したり、上下で色合いを逆にしたりして、いろいろな蝶のバリエーションを作ってみてくださいね。

お子さまのアイデアで、たくさんの華やかな蝶々ができると思います。お花紙で作った花に、今回の蝶々をとまらせてあげるのも素敵ですよ。

子供に特化した英会話レッスン

2回の無料体験レッスン開催中!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

いしこがわ理恵 いしこがわ理恵 在英12年目ハンドメイド好きの2児の母。武蔵野美術大学卒業。現在は教育に携わる仕事の他に、日本にルーツのある子どもたちを対象とした日本語子ども会活動・児童文庫活動も行っています。興味の範囲が幅広いので、常にいろいろな方向にアンテナをはりつつ情報収集が日課です。ハッピー子育てに役立つ情報をみなさまにお届けできれば嬉しいです。Instagram @rie.ishikogawa