2017年11月17日 公開

100均で材料が揃う!紙袋や封筒を貼ってつくるアドベントカレンダー

クリスマスが近くなってくると、気になるのがアドベントカレンダー……なんて人も多いはず。可愛くてインテリアにも使えるアドベントカレンダーですが、今年は子どもと一緒に手づくりしてみませんか?封筒で作る簡単な方法と子どもと楽しめるコツをご紹介します。

           
[no_toc]

クリスマスが近くなってくると、気になるのがアドベントカレンダー……なんて人も多いはず。可愛くてインテリアにも使えるアドベントカレンダーですが、今年は子どもと一緒に手づくりしてみませんか?封筒で作る簡単な方法と子どもと楽しめるコツをご紹介します。

Chiik!でオンライン習い事

9月限定!無料モニター生募集中!

アドベントカレンダーとは?

ドイツ発祥とされ、12月1日からクリスマスまでの24日を数えるためにつくられたカレンダーのこと。1日1窓を開け、お菓子やオーナメント・絵などを指折り数えながら楽しみます。

近年では日本でも流行し、家で手づくりする人もいますし、お菓子メーカーやおもちゃブランドなどからも毎年新商品が発売されています。

余っているもの、100均の材料でOK!実際の作り方は?

photo by author (70532)

via photo by author
まず、ポチ袋や小さめの袋を24個分用意します。家になければ折り紙や包装紙でつくってもOKです。

次に用意した袋に1〜24までの日付を入れ、シールなどを貼ってデコレーションします。

photo by author (70536)

via photo by author
子どもの好きなお菓子やシールを袋の中に入れ、マスキングテープで封をします。
photo by author (70538)

via photo by author
壁に袋を貼っていきます。マスキングテープで固定すれば賃貸でもOKですし、剥がすときも簡単ですよ。

今回は、ツリー型に貼ることにしました。周囲もデコレーションするとさらに賑やかに!

photo by author (70537)

via photo by author
12月がきたら、子どもに1日1つずつ剥がしてもらう予定です。

子どもと一緒に楽しめるアイディアは?

photo by author (70533)

via photo by author
一番は、袋の中に「子どもの好きなもの、ワクワクするもの」を入れることです。好きなお菓子・シール・キャラクターのおもちゃなどが定番ですね。

1〜24までですが、「数字や日付に興味を持ってもらう」きっかけにするのもよいですね。

アレンジ方法は……

photo by author (70535)

via photo by author
定番のアレンジはツリーに飾ること。24個の袋やオーナメントを一緒に吊り下げられる大きめのツリーが必要ですが、家にひとつあるとテンションが上がりますね。

少しつくるのが大変ですが、くす玉にする、窓を開けるタイプにする、フェルトや布で手づくりしても素敵ですね。

最後に

アドベントカレンダーというと、「飾りが24個必要なので大変そう……」というイメージを持つ方も多いようですが、これなら簡単なので、数日あればできてしまうと思います。実際、筆者は1日1時間の作業で、3日ほどで完成しました。

市販のものも可愛いですが、今年は手軽に、子どもと一緒に手づくりしてみてはいかがですか?

子供に特化した英会話レッスン

2回の無料体験レッスン開催中!

Chiik!でオンライン習い事

9月限定!無料モニター生募集中!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

HANIISHIKAWA HANIISHIKAWA タイに4年在住。2017年に帰国しました。2歳と5歳の男の子を育てています。在宅ワーク(ブログ・ライター業)と育児の両立が目標。【趣味】カメラ、読書。シンプルライフ、ミニマリストを目指しています!