2022年11月24日 公開

ディズニープラスでみたい!子ども向けおすすめ理系・科学番組7選

定額制動画配信サービス「ディズニープラス」の子どもにおすすめしたい理系・科学番組を7つ紹介。ディズニープラスの料金体系や特徴も紹介しています。

ディズニーが展開する定額制動画配信サービス「ディズニープラス」。数多くのディズニーの名作映画が見られるだけではありません!
家族みんなで見たくなる、知的好奇心が刺激される理系・科学番組を7つ紹介します。

子供に特化した英会話レッスン

2回の無料体験レッスン開催中!

ディズニープラスの概要

ディズニープラスで見られる番組は、なんと16,000本以上!(2022年10月現在)
ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ・アメリカの有料テレビネットワークであるナショナルジオグラフィック、国内外の映画やドラマなどの話題作の他、オリジナル作品まで充実のラインナップです。

子ども向け番組だけではなく、大人向けの番組も充実しており、いつでも好きなときに、テレビ画面やタブレットなどの好きな端末で視聴できます。
また、ダウンロード機能を使えば、インターネット環境がないオフライン状態でも視聴できるので、楽しみ方は自由自在。

料金プランは、税込み月額990円か年額9,900円の2種類から選べます。
https://disneyplus.disney.co.jp/

語学学習にも使える!

ディズニープラスで配信中の番組は、英語のほか最大28言語に対応!(番組によって対応言語数は異なります。)
音声と字幕、それぞれの言語が選択できるので、どちらも英語にしたり、字幕だけ日本語にしたりと自由に設定できます。使い方次第で、語学学習にも使えるのが嬉しいですね。

幼児におすすめの2番組

いろいろなことに興味を持つ幼児期におすすめの教養番組を2つ紹介します。子どもの新たな興味が広がるかもしれません!

「ウソみたいなホントのはなし」

世界中の子どもたちから親しまれているアメリカの教育子ども向けテレビシリーズ。恐竜や動物、海の生き物、地球、宇宙、人体など、1話1テーマずつ子どもの視点で「ウソみたいなホント」を解明していきます。

科学とクラフトが大好きなチャーリーをはじめとするホストが、一見難しそうなテーマでも分かりやすく解説してくれるので、幼児はもちろん小学生や大人が見てもためになる番組。1話約25分で、全13話配信中です。

また、ナショジオキッズが出版する同シリーズの単行本も人気です。

「おうちでディズニーDIY」

クラフトの名人アンバー・ケンプーゲステルが、ディズニーのキャラクターや物語にちなんだクラフト作品を、小さな子どもがいる家族と一緒に実際に作り上げます。
作品によっては、材料が日本の家にはあまりない場合もありますが、簡単に作れそうな作品なら、番組を見ながら一緒に作ってみるのもいいですね!

アメリカの子どもたちとおしゃべりしながら作っていくシーンは、英語学習のモチベーションもきっと上がるはず!クラフトの材料や作る行程で、日常会話ではなかなか出て来ないようなワードや表現が出てくるのでとっても勉強になります。
1話約10分ほどで、全40話配信中です。

小学生におすすめしたい5番組!

特に子ども向け番組ではないですが、小学生と一緒に見たい番組を5つ紹介します。
興味があらゆる方面に広がり、感受性豊かな小学生の何かのヒントになるかもしれません。もちろん小学生だけではなく、中高生や大人にも学ぶ要素がたくさん詰まってるので、要チェックです!

「MARVEL ヒーロー・プロジェクト」

アメリカで大人気のスーパーヒーロー、マーベル。このシリーズでは、実際にマーベルが出てくるのではありませんが、実世界でマーベルのように人や社会のために奮闘する子どもたちに焦点を当て、マーベルヒーローとして特集されます。

マーベルヒーローを選別するのは、現役のマーベル制作チーム。番組では、マーベルヒーロー本人が登場し、普段の暮らしぶりやいかに偉業を成し遂げたかにスポットが当てられます。障害や難病を抱えながらも活躍する子どもたちや、貧しい人々への地域支援をするコミュニティを作った少女など、1話完結のドキュメンタリー。強い志を持って、声を上げることの大切さを教えてくれます。

また、マーベル制作チームが、マーベルヒーローの一員として彼らを称え、本人が主人公になったコミックをプレゼントするシーンも毎回感動的です。
1話約25分前後で全20話配信中。

「バ科学」

”SCIENCE OF STUPID”という原題どおり、科学とおバカを融合させ、おもしろおかしくコメディ感覚で楽しめる教養番組。
自薦のアマチュア科学者たちの体を張った実験結果から、科学的根拠に基づいた分かりやすい解説シーンには、科学好きキッズはもちろん、理系が苦手な大人も「なるほど!」と納得してしまうはず。
「なぜ感電が危険なのか」や、「池の氷にどのくらいの力を加えたら割れるのか」など、実験の内容は危険を伴うものが多いです。番組中で繰り返し言われているように、絶対にマネをしないように番組を楽しみましょう。
1話25分前後の番組内で、3、4種類の実験がテンポよく行われるので、飽きることなく楽しめます。
シーズン1~6の合計130話配信中。(日本語字幕対応は、現在シーズン1、2のみ)

「ウソつきはどっち!?」

ある専門分野の自称専門家の大人2人が登場し、どちらか片方が本物で、もう片方がウソつきの成りすまし。解答者の子どもが、自ら考えた質問をしながらウソを見破るバラエティ番組です。
アメリカンジョークが溢れ、日本のバラエティ番組とは違ったおもしろさを楽しむのもまた醍醐味。大人に物怖じすることなく堂々とした態度で、核心のついた質問をするアメリカの子どもたちの姿に、毎回驚かされます。

また、ウソのような本当の話や、本当のようなウソに紛れながらではあるものの、知識豊富な専門家の話が聞ける見ごたえたっぷりの番組です。古代エジプトや食虫植物、アニメやサーカスなどのマニアックなテーマから、1番組で2つの分野の専門家が登場します。
1話約25分の全30話配信中。

「ディズニー・アニマルキングダムの魔法」

舞台は、米国フロリダ州オーランドにあるウォルトディズニーワールドリゾート内のディズニー・アニマルキングダムとシー・ウィズ・ニモ&フレンズ。世界中の野生動物や鳥など約300種、2000頭以上の動物が暮らす世界最大のアニマルテーマパークの舞台裏に密着したドキュメンタリー番組です。
なかなか見ることのできない動物たちのお見合いや出産シーンをはじめ、日本の動物園では珍しいツチブタや、マサイキリンなど個性豊かな動物たちの素顔や、アニマルケア専門家の献身的な仕事ぶりが紹介されています。

ナレーションは、実写版「美女と野獣」のル・フウ役や、「アナと雪の女王」シリーズのオラフ役を務めたジョシュ・ギャッドが担当。
40分前後で、全8話配信中です。

「ジェフ・ゴールドブラムの世界探求」

「ジュラシックワールド」シリーズのマルコム博士役などで知られる名優ジェフ・ゴールドブラムが司会を務めるドキュメンタリー番組。
「人間と絆が一番強い動物は犬なのはなぜか」、「なぜ人はモンスターに引き寄せられるのか」、「アイスクリームはなぜこんなに人気があるのか」など、当たり前で見過ごされそうな日常の疑問にフォーカスを当てて深堀していきます。
ユーモア溢れるジェフが、歴史や科学的な観点から疑問を解明する、あっという間の約40分。毎回のトピックがとても興味深いだけではなく、アメリカのトレンドや経済が垣間見えるのも、面白さの理由かもしれません。
シーズン1~2の全22話配信中です。

毎月加わる新番組も要チェック!

紹介した番組以外にも、ディズニープラスでは、ほぼ毎日、新番組が配信されています。
家族みんなで楽しめるディズニープラスで、ぜひお気に入りの番組を見つけてみてはいかがでしょうか。
https://disneyplus.disney.co.jp/

3歳〜11歳までの大手英会話レッスン

今なら2週間無料!

\ 手軽な親子のふれあい時間を提案中 /

業界No.1の英会話レッスン

3回の無料体験レッスン開催中!

この記事のライター

KUMIKO
KUMIKO

兵庫県在住。6歳・3歳のわんぱく兄弟のママです。 大学では英語を専攻していたことから、 ゆるめの英語育児を楽しんでいます。 子どもたちとの体験からの気づきや学びを、ママ目線でシェアしていきます。 旅行と海外ドラマと美味しいものが好き。