2018年9月27日 公開

トランポリンに期待できる効果は?遊べる年齢とおすすめ4選

子どもは自由に飛び跳ねられるトランポリンが大好き。ただ遊んでいるように見えて、じつはトランポリンは全身を使った立派な有酸素運動です。運動能力の発達に役立つため、幼児の遊具としてもおすすめ。トランポリンに期待できる効果とおすすめ4点のご紹介です。

子どもがトランポリンで遊ぶ効果

 (112967)

トランポリンには、以下の5つの効果が見込まれています。

1.体幹が鍛えられる

体幹とは、手足を除いた胴体部分を指すもの。トランポリンの上下に飛ぶ動作によって、骨盤底筋・腹横筋などのインナーマッスルにまで負荷をかけることができます。体幹を鍛えることは、走・投・跳の能力アップに直結するはずです。

2.バランス感覚が養われる

通常のジャンプより、滞空時間が長いトランポリン。自分の運動能力以上の跳躍になるため、着地をするまでの間に着地点・着地姿勢を計算し、筋肉・関節の動きを調整しなくてはなりません。この調整を短時間に繰り返し行うことでバランス感覚が養われます。

3.膝・足首の柔軟性アップ

より高く飛び、安全に着地するためには、膝・足首をしなやかに曲げ伸ばしする必要があります。トランポリンで遊ぶことで、膝・足首の可動域が広がるでしょう。

4.集中力・判断力・空間認識力の向上

幼児がトランポリンを飛び続けるには、じつはかなり頭を使います。

「どのタイミングで飛ぶか?」
「自分がいまどの位置にいるか?」
「着地点はどのあたりになるか?」

楽しく上手に飛び続けるためには、頭と体のスムーズな連携が大切です。トランポリンで遊ぶことで、集中力・判断力・空間認識力・記憶力などが鍛えられます。

5.心肺機能の向上

全身を使った有酸素運動であるトランポリンは、「5分間でジョギング1kmの運動量に相当する」と言われています。長時間のジョギング・水泳は幼児には難しいですが、トランポリンなら楽しくトレーニングを行えます。結果、心肺機能の向上が見込めるでしょう。

トランポリンは何歳から遊べる?

 (112965)

頭蓋骨の成長が安定し、歩く・走るといった動作も問題なく行える3歳頃からがおすすめです。生後6カ月未満のまだ首が座っていないお子さまは、危険が伴うため遊ばせないようにしましょう。早くとも、頭蓋骨の成長が安定する2歳以降に始めるのが安心です。

最初はパパママが両手をつないで一緒に飛びながら、バランスのとり方を体で覚えさせてあげてください。

1.RIORES (リオレス) トランポリン

 (112940)

商品名:RIORES (リオレス) トランポリン
販売元:RIORES (リオレス)

直径102cm・耐加重110kgの折りたたみ式トランポリンです。幼児はもちろん、パパママも使えるタフなモデル。外で遊べない日も、お部屋で思いっきり飛び跳ねて遊べます。

ポップなカラーからインテリアになじむナチュラルカラーまで、自由に選べる12色展開です。使わないときはコンパクトに折りたたんで収納できるので、限られたスペースも遊びエリアにできますよ。

2.ジャンプオーレイン トランポリン

 (112944)

商品名:ジャンプオーレイン トランポリン
販売元:INTEX(インテックス)

対象年齢は3~6歳。ビニールプールのように膨らませて使うユニークなトランポリンです。全体がフワフワなので、トランポリンデビューにはぴったりでしょう。

直径約203cm・高さ約69cm・耐加重約54kgで、6畳程のスペースがあれば楽しめます。広さがあるので、お子さま2人で遊ぶことも可能です。しばらく使わない場合は空気を抜けば、場所を取らずに収納できます。

カラフルなボールを入れて、ボールプールにしても楽しそうです。

3.HONEI 大型 トランポリン

 (112945)

商品名:HONEI (直径:140cm)大型 トランポリン
販売元:HONEI

直径140cm・高さ30cm ・耐加重約150kg と、幼児から大人まで対応できるトランポリンです。床(地面)から180cmの高さのセーフティネットが飛び出しを防止。ネット越しに、パパママが子どもの様子を見守ることもできます。屋内・屋外どちらにも設置できるタイプです。

耐久性・伸縮性の高いバネを使用しながらも、音は静かなのがおすすめポイント。鮮やかなブルーと星柄のかわいいトランポリンが、お部屋が小さなテーマパークに変身させます。

4.トランポリン 8本脚 折りたたみ式

 (112947)

商品名:トランポリン 8本脚 折りたたみ式 96cm
販売元:eSPORTSオリジナル

安定感に定評のある折りたたみ式8本脚タイプ。直径96cm・高さ22cm ・耐加重約100kgで、欧州の安全基準GSマーク認証をクリアしたベストセラー商品です。

「跳ね心地・静音性・安定性」すべてにおいて高い性能を持つ、ラウンドスプリングを使用しています。子どもがバネ部分を触れてしまうことを想定した安全構造で、挟み事故もしっかり防止。

マカロンピンク・ミント・ラムネ・モカブラウンの4色展開です。スイーツのようなキュートなカラーはインテリアにもなりそう。ハンドル・マットもセット販売しています。

トランポリンで遊ぶときの注意点

 (112966)

トランポリンの使用時は大人がそばで見守ることを前提に、以下の3点に注意します。

・幼児が複数人で使用するのは避ける
大きめのトランポリンであっても、家庭用の場合は2人までが安心です。特に5歳以下の幼児は頭から倒れやすく、複数人での使用はリスクが高まります。

・トランポリンの下に入らないよう注意
乳幼児のいる場合は特に注意が必要です。上の子が飛んでいるのを見ていたら、下の子がいつのまにかトランポリンの下に入り込んでいた、なんて自体は避けなければなりません。1歳以下の赤ちゃんからは目を離さないようにしましょう。

・近所への配慮を忘れずに
静音設計のトランポリンであっても住居環境・時間帯によっては近所迷惑になることも。「専用マットを敷く」「早朝・午後8:00以降の使用は避ける」など、周囲に配慮しながら遊ばせてあげてください。

外遊びができない日も元気にジャンプ

天候・習い事など、外遊びの時間が思うように取れない日は意外と多いもの。子どもは体を動かして遊ぶことで、ストレスを解消しています。外遊びの時間が減ってしまうと、運動不足になるだけでなく不満を感じてしまうことも。

そんな日は、トランポリンで全身運動を行うのはいかがでしょう。短時間の使用でも思いっきり動くことで、体も心もすっきりできるはずです。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

【体験記事】BRIOの新作レールウェイセットはエレベーターで車が動く!

【体験記事】BRIOの新作レールウェイセットはエレベーターで車が動く!

スウェーデンのおもちゃブランド「BRIO」から、「ウェアハウスレールセット」が新登場。車を乗せられる手動式の荷台があり、上から車をビューンと走らせることが...
トリオセットは使いやすさで選ぼう!おすすめ商品5選

トリオセットは使いやすさで選ぼう!おすすめ商品5選

トリオセットとは、スプーン・フォーク・箸がセットになったお食事グッズです。保育園や幼稚園で必要になるほか、外食時など子どもが外で食事をするときの必需品。便...
ベビーゲートのおすすめ商品10選|選ぶ際のポイントと設置場所

ベビーゲートのおすすめ商品10選|選ぶ際のポイントと設置場所

赤ちゃんを事故から遠ざけて、身の安全を守るために役立つ育児グッズが「ベビーゲート」です。見た目だけでなく、固定方法や開閉方法、機能などによっていくつかのタ...
【子どもにおすすめ塗り絵5選】巧緻性・集中力を遊びで伸ばそう

【子どもにおすすめ塗り絵5選】巧緻性・集中力を遊びで伸ばそう

子どもの発達にいい影響があるとされる塗り絵。遊びながら集中力・忍耐力を育てられるので乳幼児にもおすすめです。年齢に合わせた難易度の塗り絵を選べば、飽きずに...
入園前にチェック!袋やバックづくりにおすすめミシン5選

入園前にチェック!袋やバックづくりにおすすめミシン5選

お子さまの入園前にほしくなるのがミシン。「わが子のために手作りで袋や手提げなどを作ってあげたい」というパパママのために、初心者向けミシンからかわいいイラス...

KEYWORDS

WRITER

aotanaoao aotanaoao  小学1年生の娘を育てる兼業主婦です。遊びながら知育できることを日々模索中。 英会話教材、学習テキストを使ってマイペースで家庭学習を楽しんでいます。