2018年2月16日 公開

24時就寝当たり前!?アルゼンチンの「夜更かし教育」を紹介

突然ですが、お子さまは何時に就寝しますか?日本だと21時頃までに就寝すべきだといわれますよね。しかしながら、アルゼンチンでは違います。子どもたちの就寝時間は23~24時、時には24時以降になることも。世界的に有名なアルゼンチンの「夜更かし教育」について紹介します。

アルゼンチンで行われる「夜更かし教育」とは

アルゼンチンの公園

アルゼンチンの公園

21時頃の夏のアルゼンチンの公園。子どもたちがサッカーをしていれば、仕事終わりのお父さんと公園に来る子どももちらほら。
via Photo by author
「子どもは早い時間に就寝しないといけない」、多くの日本人はこの言葉と共に育ったはずです。そして親となった今、自分の子どもたちにも同じ言葉をかけているでしょう。私たちは無意識に「遅く寝ること」は、良くないことと認識しているのです。

そんな日本人、いや世界各国に衝撃を与えるのがアルゼンチン。筆者が移住して受けたカルチャーショックが、この国では子どもは早く寝なくてもいいということ。アルゼンチン人嫁は、子どもは早く寝かす必要がないと言い、義父母や友人たちも子どもの就寝時間に厳しくないです。

そのためアルゼンチンに住む子どもは、夜遅くまで起きています。特に日の入りが遅くなる夏は、22時ころまで子どもたちは外で遊んでいます。子どもの就寝時間が遅いアルゼンチンの教育スタイルを「夜更かし教育」と呼ぶのです。

ここからは「夜更かし教育」が行われる理由を紹介しましょう。

理由1:夜中まで続くイベントが多い

子どもの誕生日会

子どもの誕生日会

子どもの誕生日パーティは盛大に!主役が子どもの場合は、パーティ開始時刻は夕方18時頃と早め。
via Photo by author
アルゼンチン人は、家族のつながりを大切にします。毎週日曜日のランチは、家族全員が集まる伝統。そして祝日やイベント時には、家族・親戚が大集合するのです。このイベント時に開催されるパーティが、夜遅くまで続くのです。

例えば、クリスマスや大人の誕生日のような大きなイベントは朝方まで続きます。だからと言って、子どもを寝かせるから参加しない、という考えはありません。

深夜遅くまで続くとわかっていても、アルゼンチン人は子どもを家族イベントに連れていきます。それが普通なのです。他の子どもたちと遊ばせておいて、大人たちはおしゃべりを楽しむ。子どもが眠くなれば、寝かせておけばいいというスタンスです。

理由2.夕食を食べる時間が遅い

Free photo: Table, Restaurant, Furniture, Glass - Free Image on Pixabay - 71380 (82492)

就寝時間が遅い理由は、夕食を食べる時間も影響しているはずです。アルゼンチンでは21時30分~22時の間に夕食を食べるのが一般的。日本の子どもたちが寝ている時間に、アルゼンチンの子どもたちは夕食を食べているのです。

夕食が遅い理由はハッキリとしませんが、おそらくシエスタ(昼寝)文化が関係しているでしょう。アルゼンチンでは、昼食後の13~16時ころまで昼寝をする文化があります。昼寝をしてからみんな働きはじめるので、必然的に仕事が終わる時間や活動時間が遅くにずれてしまうというわけです。

重要なのは就寝時間ではなく睡眠時間

Free photo: Baby, Girl, Sleep, Child, Toddler - Free Image on Pixabay - 1151351 (82493)

「就寝時間が遅いと子どもの成長に良くないのでは?」と疑問に思うはずです。筆者もそうでした。移住3年目を迎える筆者がはっきりと言えるのは、アルゼンチンの子どもたちもまた、日本の子どもたちと同じように健やかに成長しているということ。

十分な睡眠時間さえ確保していれば、就寝時間は関係ないと述べる専門家もいます。アルゼンチンの子どもたちの就寝時間は遅いですが、そのぶん起床時間も遅い傾向にあります。また2時間ほど昼寝もするので、十分な睡眠時間は確保できています。

たまには夜更かししてもいいじゃないか

夜の散歩

夜の散歩

23時30分ころに祖父と夜の散歩。夕食後に散歩をするのが、好きなアルゼンチン人が多いです。
via Photo by author
多くのアルゼンチン人は、就寝時間よりも睡眠時間の方が大切と言うことを知りません。知り合いに「なんで子どもを夜遅くまであるパーティに連れてくるの?」と尋ねてみました。

多かった答えは「自分がそうだったから」や「別に理由なんてない。それが当たり前だから」というもの。印象的な答えだったのは「楽しいことは子どもと家族全員でシェアした方がいいでしょ」。

常に寝不足状態にあるのは良くありません。しかし子どもも私たち大人と同様に、眠くないときがあります。そんな時は無理やり寝かそうとするのではなく、子どもが眠くなるまで一緒に絵本を読んだり、映画を観たりしてみるのもいいかもしれません。「夜更かしはいけないこと」という考えがあるからこそ、少しだけ特別感が出ますよ。

まとめ~夜更かし教育はあくまでも参考に~

Free photo: Child, Baby, Sleep, Blanket, Bed - Free Image on Pixabay - 3089972 (82560)

今回はアルゼンチンの「夜更かし教育」について紹介しましたが、あくまでも参考程度にとどめておいてください。例えば「夜更かし教育」をそのまま日本のライフスタイルに取り入れると、朝早く起床しなければいけない子どもたちは寝不足に陥ってしまいます。夜の23~24時に就寝できるのは、比較的朝が遅いアルゼンチンに住む子どもだからできること。

知っておいていただきたいのは、子どもが夜遅くに就寝する国があるということ、そしてアルゼンチン人は、子どもの就寝時間にそれほど厳しくないということ。「もう21時なのにまだ子どもが寝ない」と焦ったりしたとき、無理やり子どもを寝かしつけようとしたときは、アルゼンチン人の「眠くないときは、無理やり寝かせないでいい」精神を思い出すといいかもしれません。イライラが収まったり、少しは気が楽になるかもしれませんよ。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

メキシコの子どもには反抗期がない!その理由とは……

メキシコの子どもには反抗期がない!その理由とは……

メキシコで子育て中の先輩ママからよく聞くのが、「メキシコの子どもには反抗期がない」というもの。とはいえ、メキシコ人が日本人とは異なる成長ホルモンを持つわけ...
海外はほめ上手?オーストラリアで知った「子どもをほめる言葉」

海外はほめ上手?オーストラリアで知った「子どもをほめる言葉」

一般的に、「日本に比べて海外では人をよくほめる」といわれます。筆者は5年前からオーストラリアに住んでいますが、こちらでは特に、子育ての中で子どもをほめるこ...
牧師様から授かった「幸せな結婚生活を送る10のルール」

牧師様から授かった「幸せな結婚生活を送る10のルール」

筆者がアルゼンチン人嫁と結婚したとき、「幸せな結婚生活を送る10のルール」を87歳の牧師様から受け取りました。どのルールも金言ばかり。実は、この「10のル...
子育て、日本とはここが違った!フランスに住んで驚いたこと

子育て、日本とはここが違った!フランスに住んで驚いたこと

日本とフランスの子育ての違いというと、どのようなことを思い浮かべるでしょうか?フランス在住3年目、2人の子どもを育児中の筆者が、実際に現地で乳幼児の子育て...
うちの子一番!子どもの自尊心を育てるアルゼンチンの子育て

うちの子一番!子どもの自尊心を育てるアルゼンチンの子育て

自尊心は大切だとはよくいわれますが、具体的にはどうやって育てればいいのか分からない方が多いかと思います。筆者が住むアルゼンチンは、子どもの自尊心を育てるの...

WRITER

奥川駿平 奥川駿平  2015年大学卒業後にアルゼンチン人嫁と結婚するために移住。同年8月には息子が生まれ、現在はフリーライターとして活動中。アルゼンチン人のユニークな子育て情報について発信します。