2016年10月12日 公開

実は食べられる!?どんぐりを使ってクッキーを作ってみよう!

秋の公園や山でよく見かけるどんぐり。パパママやお子さまも拾った経験があるはずです。身近な存在のどんぐりですが、実はおいしく食べることができるってご存知でしょうか?今回はどんぐりの基本的な知識から食べる上での下処理、どんぐりクッキーの作り方などをご紹介します!

公園でよく見かけるどんぐり、そもそもどんぐりって?

 (22351)

私たちが呼んでいる「どんぐり」というのは、実はクヌギやカシ、ナラ、クヌギなどの果実の総称であって、どんぐりという木は存在しないのです。

さまざまな種類の木から実るので、葉っぱの色や形、殻斗(カクト:どんぐりの帽子のこと)も種類が豊富。拾ったときに特徴を見て、種類を見分けるのも楽しいものです。
よく見かけるどんぐりの種類と言えば……
・マテバシイ(マテバシイ属)
・シラカシ(コナラ属)
・コナラ(コナラ属)
・クヌギ(コナラ属)
・スダジイ(シイ属)

どんぐりの図鑑もあるので、拾ったどんぐりがどの種類なのかを調べてみるのもいいですね。

昔から食べられていたどんぐりは栄養価が高い!

 (22353)

どんぐりは縄文時代に主食として食べられていました。
稲作がはじまってからお米が主食になりましたが、食糧難や飢餓に備えて非常食としても蓄えられていたとも言われています。どんぐりは栄養価が高いということで、昔から貴重な食料として扱われてきました。

そんなどんぐりの栄養価は、68%が炭水化物で18%が脂肪、6%がタンパク質。その他にもビタミンAやビタミンC、アミノ酸も多く含んでいます。炭水化物が多く含まれているので、主食や非常食で食べられていたのもうなずけますね!

おいしいどんぐりの見分け方とオススメの種類

どんぐりには渋みがあり、その渋みが強すぎて食べられないものやおいしく食べることができないものがあります。
どんぐりの渋みの原因となる成分は「タンニン」なのです。「タンニン」は下痢や便秘の原因となることもあるので、「タンニン」の含有量が少ないどんぐりの種類がいいでしょう。
オススメの種類は……
・スダジイ
・ツブラジイ
・マテバジイ
これらシイ類のどんぐりには「タンニン」の含有量が少ないものが多く、甘みもあるのでおいしく食べることができる種類です。

食べる前にまず下処理!どんぐりの処理方法

 (22360)

どんぐりにはアクが多く、食べる前にアクを抜かなければなりません。
【どんぐりの下処理方法】
1.どんぐりを水に入れます。その際に、沈んだどんぐりだけを使うようにしましょう。
(水に浮かんでいるどんぐりは古いものや虫に食べられてしまっているものが多いです。)
2.殻を剥きやすくするために、軽く茹でます。どんぐりの中に入っている虫を殺す効果もあります。
3.どんぐりの殻を、ペンチやハンマーで割り、殻と薄皮をはがします。
4.沸騰したお湯で煮込んだ後、水につけておけばアク抜き完了です!

アク抜きをしたどんぐりを食べてみて、まだ苦みがあれば4の工程をもう一度行ってみましょう。

別名「縄文クッキー」!どんぐりクッキーの作り方

【どんぐりクッキーの作り方】
下処理の終わったどんぐりの殻と薄皮をむきます。
フードプロセッサーやすり鉢ですりつぶし、粉末にします。
バターと砂糖をクリーム状に混ぜ、その後、卵の白身も加えて混ぜます。
どんぐりの粉末と小麦粉を加えてサックリと混ぜます。
好きな大きさや形を作ります。(この際にトッピングとして黒・白ごまなどをふってもOK)
160度のオーブンで15~20分程度焼き上げたらできあがりです。
材料
どんぐり100グラム
小麦粉50グラム
砂糖30グラム
バター(マーガリン可)10グラム
どんぐりクッキーは、縄文時代の遺跡からクッキー状の食料が発見されたことから「縄文クッキー」とも呼ばれています。作り方は普通のクッキーとほぼ一緒なので、たくさんどんぐりを拾ってきて作ってみましょう!

お子さまに手伝ってもらうポイントは、まず公園や山に行ってどんぐりを拾うことからはじめてみましょう。
どんぐり拾いをして、まさかクッキーになるとは思っていないでしょうから、「拾ったどんぐりがクッキーになるよ!」と声をかけたらいつものどんぐり拾いより楽しい時間を過ごせそうですね。
作る工程では、できあがったクッキー生地をお子さまの好きな形に作ってもらいましょう。

せっかく拾ったどんぐり、おいしく食べてみよう!

どんぐりのことや、どんぐりを使ったレシピを紹介しました。普段何気なく見つけたり拾ったりするどんぐりですが、おいしく食べることができるうえに栄養価も豊富なんて……すごい食材ですね!
どんぐりを拾ったらどんぐりアートなどで楽しむのもいいですが、たくさん拾ったときは一度どんぐりクッキーに挑戦してみてはいかがでしょうか。ぜひ試してみてくださいね!
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

秋の味覚「秋鮭」レシピで子どもを魚好きにしちゃおう!

秋の味覚「秋鮭」レシピで子どもを魚好きにしちゃおう!

親としては、良質のたんぱく質や栄養のつまった魚をしっかり食べてもらいたい……でも臭みや小骨などが理由でどうしても魚が苦手という子どもは多いですよね。今回は...
あこがれのお菓子の家で、クリスマスをむかえよう!

あこがれのお菓子の家で、クリスマスをむかえよう!

子どものころ、童話「ヘンゼルとグレーテル」に出てくる、「お菓子の家」にあこがれたことはありませんでしたか?屋根も壁もすべてお菓子でできていて食べられる、そ...
年末年始のお休みに!マシュマロの簡単おやつをつくろう♪

年末年始のお休みに!マシュマロの簡単おやつをつくろう♪

ふわふわで甘くて、とろける「マシュマロ」。子どもも大好きなお菓子ですね。そんなマシュマロは意外にも、栄養や美容に効果的な成分も豊富で、ヨーロッパでは医療現...
子どもが喜ぶ!手作りケーキでクリスマスを迎えよう!

子どもが喜ぶ!手作りケーキでクリスマスを迎えよう!

お子さまもパパママも楽しみにしているクリスマス。クリスマスにはケーキを食べるご家庭も多いのではないでしょうか。もちろん買ってきたケーキでもいいのですが、今...
やさしい甘さでお子さまにも!はちみつを使ったお料理レシピ

やさしい甘さでお子さまにも!はちみつを使ったお料理レシピ

お子さまが甘いものが大好きだと、砂糖のとり過ぎなども気になりますよね。ここでは甘味付けに、はちみつを使ったレシピをご紹介します。はちみつを使った料理という...

WRITER

るか るか  兄弟揃って腕白です。健やかに育つことを願うばかり。