2016年10月9日 公開

通わせてみてわかった!0〜3歳の英語保育「インターナショナル・プリスクール」の利点

日本で一般的な「インターナショナル・プリスクール」は小学校入学までの時期に、基本的に英語だけで過ごす保育スタイルの総称。基本的にはネイティブの先生がいて、クラスは全て英語で行われます。0〜3歳児向けのクラスについて実体験を元にメリットとデメリットをご紹介します。

0〜3歳のプリスクールとは?

クラスでの様子

定期的に親子参観もできます。ライブカメラでクラスの様子を知ることもできるスクールも。
via photo by author
欧米ではプリスクールは、主に3~6歳(2〜5歳)までが過ごすスクールを指しますが、日本のプリスクール(プレスクール)は、基本的に英語だけで過ごす保育施設の総称です。0〜3歳までのコース、さらに一時保育や延長保育を設けているところも多く、保育園代わりに通わせている方、幼稚園入園までの慣らし保育として通わせる方もいます。

国に認可されているインターナショナルスクールに併設されているクラスのほかに、民間企業や個人が経営しているスクールが増えています。

英会話教室との違いは、英語”を”学ぶのではなく、英語“で”過ごすこと。音楽や工作、外遊び、またはトイレやランチなどを通して、生活に密着し、活きた英語を獲得できます。

バイリンガルになれる?早期教育っていいの?

筆者は娘が1歳6カ月になる月から、1回2時間のクラスを週2回からはじめ、2歳になってからは週3回、5時間ずつ通わせています。その経験から感じたことをお伝えします。

最初の1カ月は泣くこともありましたが、すぐに慣れ、日本語と英語との環境の違いに違和感を感じないうちにはじめられました。日本語を話しはじめた時期と、ほぼ同じスピードで英語を話し、理解しています。スクールにいる時は英語、それ以外での生活では日本語と使い分けもできています。RとLの違いなど、日本語にはない音の聞き分けもできているような印象です。

まずは挨拶、身の回りのものなど、習得する言葉の順番が自然に感じます。語彙を増やすために詰め込みをしているのではなく、特に無理な早期教育を行っている感じはしません。

日本語の発達が遅れる?

家庭でのフォローも

家庭では日本語と英語両方の表記がある図鑑も役立ちます。
via photo by author
まずは母国語をしっかり取得してからでないと混乱するのでは、と危惧する方もいらっしゃるのでは。実感として、日本語を話しはじめた時期、単語習得速度も周囲の子に比べてやや遅れているようには感じます。ひとつのものを家庭ではこう呼ぶのに、スクールではこう呼ぶ、ということで、慎重になったり、発音がたまに不明瞭になったりしているような印象はあります。ただ、それがこのスクールに通わせている影響だけが理由とは言い切れません。

先日動物園へ連れていったときのこと。サファリパークで象を見た時に、「ぞうさんいるね!」と話しかけても全くピンときていませんでしたが、試しに"elephant"と言ってみると、納得して頷いて"elephant"と繰り返していました。日本語の「ぞうさん」は、ピンクや水色のカラフルで愛らしいイラストとして多数の絵本やテレビに出てくるのに対し、スクールや英語の教材ではリアルな写真を使ったものが多いように感じるので一致しなかったのかもしれません。

その後図鑑や絵本で確認したら、どれもelephantであり、ぞうさんでもある、ということを納得できたようでした。徐々に一致したり、区別ができてくるのではないかと感じています。

英語を習得させる以外にもさまざまなメリットが

プリスクールでの工作物

フィンガーペイントやシールや紙皿を使ったクラフトなどさまざまなアート作品を持ち帰ってくれます。
via photo by author
実は、幼いうちから英語を学んでほしいというよりも、肌の色が違う、文化が違う人がいることに違和感を感じずに馴染める国際感覚を身につけられることが重要だと思っています。実際は日本人のお子さんが多いですが、多様性がある世界こそが当たり前だと思えるようになってほしいなと願っています。

さらに、アート、音楽、ダンスなどの活動を通して、五感を鍛えるさまざまな表現を学べるのも利点です。特に、カラフルでバリエーション豊かなクラフトや絵本はよい刺激になっているようです。

また、あいさつ、食事マナー、トイレに行くという作法や生活習慣、ルールを集団行動のなかで身につけていけます。日本語の保育園や幼稚園、もちろん家庭でもしつけられますが、よりグローバルなルールや考え方、捉え方を幼いうちからすこしずつ学ばせられます。

先生方が、愛情表現豊かにかわいがってくれるのもステキだな、と感じています。

プレ幼稚園・保育園代わりにも

幼稚園に入れるまでの年齢に、定期的に社会性を育む場所があることにメリットもありそうです。短時間から少しずつ慣らしていけるので子どもに負担がかかりにくいようにも感じます。

保育園代わりとして通わせたことがある方に話を伺いました。
「区内の認証保育所は予約しても全滅。待機児童期間が長く、1歳半の育休期間が切れるときに1カ月だけ通わせました。英語の歌やアクティビティで、外国人の先生とのコミュニケーションができ、エッグハントなど外国の行事など貴重な体験がさせられました。少人数だったのでアットホームで面倒見がよく、バイリンガルだったので子どもも慣れが早かったかもしれません」。

ただし、毎日通わせる保育園代わりとして考えると、月10万円〜と高額。延長保育の時間も限られているところが多そうです。ランチも、お弁当持参が基本。宅配弁当や市販のおやつのみで栄養バランスが気になるところもあるかもしれないですね。

雑居ビルの1フロアのみで校庭が無いスクールも多く、長時間保育される場所として考えると設備が充実していないことがあげられます。短時間でも定期的に託児を頼みたい、在宅ワーク中心の方には、選択肢のひとつとして、おすすめできます。

最後に、プリスクールの選び方

体験レッスン

できる限りさまざまなスクールを見学してみましょう。
via photo by author
基本的には家から通いやすく、近くにあるところがいいと思います。片道30分くらいの範囲で選択肢があれば、まずは資料を取り寄せて比較してみるといいでしょう。

はじめられる年齢も費用もクラスの内容もスクールによって異なります。必ず見学し、体験レッスンを受けてみてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

プリスクールとは?幼稚園・保育園・インターとの違いや海外事情

プリスクールとは?幼稚園・保育園・インターとの違いや海外事情

日本で急増中のプリスクール。実際に娘を通わせている筆者の経験から、プレ幼稚園や保育園、インターナショナルスクールや英会話教室の違いや詳しい内容をまとめまし...
英単語を覚えるにはルー語がいい⁉【小1から英検チャレンジ】Vol.9

英単語を覚えるにはルー語がいい⁉【小1から英検チャレンジ】Vol.9

語学を学習する上で、語彙を増やすことはとても大切。子どもの英語教育では、どのようにして語彙を増やしていくことができるでしょうか?娘のミヤピーの語彙を増やす...
わが家が英語のかけ流し学習を定着できた理由【小1から英検チャレンジ】Vol.8

わが家が英語のかけ流し学習を定着できた理由【小1から英検チャレンジ】Vol.8

「英語の音を流すだけでいい」という「かけ流し」。確かに簡単ではありますが「続ける」ことがとても難しい!意外と負担が大きい!ママミーヤも失敗を重ね、挫折しか...
英語学習に役立つ!オススメのファースト英語絵本【小1から英検チャレンジ】Vol.7

英語学習に役立つ!オススメのファースト英語絵本【小1から英検チャレンジ】Vol.7

日本語を習得する上で親が絵本の読み聞かせをするのはほぼ必須事項。それは英語においても同じです。英語絵本は、子どもにとって英語学習の重要なツール!ではどんな...
ストーリーリテリングとは?家庭でもできる実践的な英語学習

ストーリーリテリングとは?家庭でもできる実践的な英語学習

単語を丸暗記したり、教科書どおりに読んだりするだけでは、自分の考えを自由に話せるほどの実践的な力には結びつきません。このような問題を解決するため、主に中学...

WRITER

志田実恵 志田実恵  エディター/ライター。札幌出身。北海道教育大学卒業(美術工芸)。中高の美術教員免許所持。出版社でモバイル雑誌の編集を経て、様々な媒体で執筆活動後、2007年スペイン留学、2008〜2012年メキシコで旅行情報と日本文化を紹介する雑誌で編集長。帰国後は旅行ガイドブック等。2014年6月に娘を出産。現在は東京で子育てしながらメキシコ・バスクの料理本の編集のほか、食、世界の子育てなどをテーマにwebを中心に活動中です。