2017年10月05日 公開

ハロウィンの手作り仮装アイテム②パッチワークマントの作り方

簡単、かわいく、お金をかけずに子どもと一緒に作れるハロウィンの仮装アイテム、今回はパッチワークマントの作り方をご紹介します!家にある不要なビニールショッピングバッグを使って、オリジナルのオシャレなマントがあっという間にできちゃいます。

簡単、かわいく、お金をかけずに子どもと一緒に作れるハロウィンの仮装アイテム、今回はパッチワークマントの作り方をご紹介します!家にある不要なビニールショッピングバッグを使って、オリジナルのオシャレなマントがあっという間にできちゃいます。

ショッピングバックが大変身!ハロウィンのパッチワークマント

 (66769)

ついつい、ためにためてしまいがちなビニールのショッピングバックが世界にひとつのマントに大変身!切って、張り合わせるだけであっという間にできちゃいます。ハロウィンのおばけなのでどんな奇抜な組み合わせになっても、それらしく見えるので大丈夫!お子さんと相談しながら、自由に楽しんでください。

安全ピンで肩に留めているので、首が絞まることもなく安全です。

準備するもの

photo by author (65846)

via photo by author
【材料】
ショッピングバック3,4枚(ビニールのもの)
安全ピン2個
リボン(あれば)

【道具】
セロハンテープ
はさみ
ボールペン(印し付け用)

ショッピングバックはいろんな色があると楽しいです。ハロウィンなので暗くて渋い色も大活躍!

安全ピンはスタンダードなサイズ~大きめのものがあると作りやすいです。

作り方①切る

好きな模様の部分を切り出しましょう

好きな模様の部分を切り出しましょう

via photo by author
ショッピングバックの使いたい部分を正方形に12枚切りだします。

サイズは10×10cmが目安ですが、お子さんの体の大きさにあわせてください。もっと細かい大きさのパッチワークにしても、もっと大き目のだいたんなパッチワークにするのも、好みで決めてくださいね。

作り方②貼る

並べて裏から貼って…

並べて裏から貼って…

via photo by author
裾の部分をギザギザに。

裾の部分をギザギザに。

via photo by author
正方形に切ったビニール袋を好きなように並べて組み合わせを決めたら、小さめのセロハンテープで仮留めします。次に、ひっくり返して、裏からしっかり貼ります。貼り終わったら、裾の部分をギザギザに切ります。

透明のセロハンテープは目立たないので、仮止めのテープは残ったままでも大丈夫。無ければ、かわいいマスキングテープを使っても楽しいですし、さらにつぎはぎ感が出るのでそれも味になりますよ。

作り方③付ける

安全ピンとリボンを付けます。

安全ピンとリボンを付けます。

via photo by author
肩止め(安全ピン)を付けます。マントの上部分の角を三角に折って安全ピンの動かない方を包み、セロハンテープで留めます。細長く切ったショッピングバック、またはリボンを蝶結びしたものを、肩の上に貼ったらでき上がり!

肩の飾りは紙でお星様を作って貼ったり、ショッピングバックをフリンジに切って貼ったり。いろいろアレンジしてみてください。

親子でお化けごっこも!

 (66194)

立派な衣装が無くても、ワンアイテムあるだけで子どもたちは楽しい気分になること間違いなし!できあがったら、後姿をカメラで撮ったり、鏡で見せてあげると、うきうき気持ちも高まります。

ハロウィンの仮装は、もともと、悪いオバケをオバケの格好をして驚かして追い返すための目的ですから、親子でオバケごっこをするのもいいですね!ハロウィンを機会に、親子で工作楽しんでみてください。

前回紹介したギザギザ帽子と組み合わせるのもオススメですよ!

photo by author (66267)

via photo by author

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

いわいざこまゆ いわいざこまゆ イラストレーター・造形作家です。7年間の保育士勤めを経て、主に保育の専門誌や書籍でイラストやまんがを描いたり、保育のための造形やアイデアを発表しています。現在も、近所の保育園に助っ人保育士として時折出没します。著書に「まゆ先生の保育な毎日」(世界文化社)「縫わずにできる手作り衣装BOOK」(メイト)「おりがみよくばり百科」(ひかりのくに/津留見裕子・池田かえる共著)他。鹿児島県出身。神奈川在住。