2017年4月7日 公開

子どもと一緒に出かけたい、京都の花まつり会場4選

毎年春にお寺などで開催される花まつりをご存じですか?お釈迦さまの誕生を祝うもので、お寺ごとにさまざまな行事が行われており、満開の桜とあわせて楽しむことができます。今年は京都の花まつりに出かけてみてはいかがでしょうか。

桜と国宝で知られる世界遺産「醍醐寺」

File:上醍醐寺 - panoramio.jpg - Wikimedia Commons (42519)

westyonda/CC BY 3.0
花まつりとは、釈迦の誕生を祝う仏教行事で、灌仏会とも呼ばれます。釈迦の誕生日は旧暦の4月8日ですが、日本では一般的に、現在用いられているグレゴリオ暦の4月8日に花まつりが行われています。

世界遺産の醍醐寺でも、4月8日に花まつりが開催されます。国宝の五重塔など数々の文化財があるお寺で、春になると醍醐寺を代表する桜であるシダレザクラや、樹齢100年を超えるソメイヨシノなどが次々と咲きます。また、境内には約800本の桜が植えられており、ヤマザクラやヤエザクラなども見ることができます。
File:Daigo-ji National Treasure World heritage Kyoto 国宝・世界遺産 醍醐寺 京都048.JPG - Wikimedia Commons (42521)

Nekosuki/CCライセンス
【開催日時】
「灌仏会 花祭り」4月8日

【開門時間】
3月~12月(第1日曜日まで) 午前9:00~午後5:00
12月(第1日曜日から)~2月 午前9:00~午後4:30

【拝観料】
春期・秋期 大人1,500円、中学・高校生1,000円、小学生以下無料
通常期   大人800円、中学・高校生600円、小学生以下無料

【所在地】
醍醐寺
京都市伏見区醍醐東大路町22

【アクセス】
・京都市営地下鉄東西線醍醐駅 徒歩約10分

・駐車場
5時間まで1,000円、以降30分ごとに100円(春期・秋期料金)

かわいいお推児さんが練り歩く「東山浄苑」

「東本願寺」に関する写真|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (43677)

東山浄苑の花まつりでは、かわいいお推児さんが苑内を練り歩くのが特徴です。当日は化石掘り体験のコーナーや、ゆるキャラ、屋台村なども登場し、子どもでも楽しめます。また、稚児装束を身にまとった子どもたちがお祝いの歌を披露します。

【開催日時】
4月29日 午前9:00~午後5:00

【開苑時間】
午前9:00~午後5:00

【休苑日】
10月の第2週または第3週の平日2日間(詳細は公式サイトにてご確認ください)

【拝観料】
無料

【所在地】
東山浄苑 東本願寺
京都市山科区上花山旭山町8-1

【アクセス】
・東本願寺・真宗本廟前(JR京都駅から徒歩7分)から送迎バスあり(日・祝日のみ)
・名神・京都東ICから約15分

・駐車場
あり

野点や琴など華やかに祝う「霊山観音」

File:Ryozen Kannon in 2013-5-3 No,1.JPG - Wikimedia Commons (42527)

Mti/CCライセンス
霊山観音は、第二次世界大戦の戦没者を慰霊するために建てられた、高さ24mの巨大な観音さまです。こちらの施設では座禅や写経などの体験もできます。

花まつり当日は、甘茶をかけて礼拝し、お琴を聴きながら野点も楽しめます。

【開催日時】
4月8日 午後1:00~

【開門時間】
午前8:40~午後4:20

【閉門日】
9月4日、5日、12月30日午後、31日(詳細は公式サイトにてご確認ください)

【拝観料】
大人300円、中学・高校生200円、小学生100円

【所在地】
京都東山 霊山観音
京都市東山区高台寺下河原町526-2

【アクセス】
・京阪本線祇園四条駅 徒歩15分

・駐車場
高台寺駐車場を利用

新撰組ゆかりの「壬生寺」

 (42530)

KENPEI/CCライセンス
991年に創建され、重要文化財の地蔵菩薩立像を安置しているお寺です。境内には新撰組隊士のお墓である壬生塚もあります。

花まつり当日は、住職が釈迦の説法を行い、釈迦像に甘茶をかけてお祝いします。また、お稚児さんたちが周辺を練り歩き、京都市の内外から観光客が多く訪れます。

【開催日時】
4月8日 午後1:30~

【開門時間】
午前8:00~午後5:00

【閉門日】
なし

【拝観料】
境内は無料
壬生塚は大人200円、小・中・高生100円

【所在地】
壬生寺
京都市中京区坊城仏光寺北入る

【アクセス】
・阪急京都線大宮駅 徒歩7分
・嵐電嵐山本線四条大宮駅 徒歩7分

・駐車場
コインパーキング(8台)あり

お花見とともに釈迦の教えにもふれてみよう

花まつりは釈迦の誕生を祝うお祭りですから、お子さまと一緒に釈迦の教えにふれてみるのもよいでしょう。今回ご紹介した以外にも、全国のお寺で花まつりが行われます。桜の開花時期と重なるので、お花見としてもおすすめです。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

京都の人気幼稚園5選!子どもの個性・考える力を伸ばせる園は?

京都の人気幼稚園5選!子どもの個性・考える力を伸ばせる園は?

子どもの人数に対して、幼稚園の数・種類ともに多い京都。お受験園・のびのび園・宗教に基づいた教育を行う園。個性豊かな幼稚園のなかから、お子さまの特性に合った...
見逃した人必見!12月に紅葉を楽しむことができる4つのスポット

見逃した人必見!12月に紅葉を楽しむことができる4つのスポット

紅葉といえば10月~11月ごろが見ごろですが、場所によっては色づくのが遅くなって12月にかかってしまうこともあります。そんなちょっとだけ季節外れの紅葉も素...
子どもと一緒に京都でお花見!車で行けるスポット5選

子どもと一緒に京都でお花見!車で行けるスポット5選

京都は市内各地にお花見の名所があり、おおむねどこも観光客で混雑しています。特に小さなお子さま連れの場合は、人込みの中では過ごしにくかったり、駐車場が少なく...
お正月に子連れで訪れたいおすすめ初詣スポット 京都編

お正月に子連れで訪れたいおすすめ初詣スポット 京都編

新しい年の門出に訪れたい初詣。日本では古来より家族の安全と健康を祈り、一年の幸せを祈願するため、お正月には神社やお寺にお参りにでかけます。そこでお正月にお...
大晦日にお子さまと一緒に除夜の鐘をつきに行こう! 京都編

大晦日にお子さまと一緒に除夜の鐘をつきに行こう! 京都編

大晦日になると聞こえてくるのが除夜の鐘。除夜とは「1年の迷いを取り除く夜」という意味。そして人間の煩悩の数とされる108回、鐘の音とともに打ち鳴らして清ら...

KEYWORDS

WRITER

erika erika  20代のママです。 趣味は子どもと遊ぶこととピアノを弾くこと。 現在3歳のやんちゃな男の子の子育てに日々奮闘中!