2017年12月7日 公開

モンテッソーリ教育の【敏感期】を知り子育てをもっと楽しもう!

モンテッソーリ教育における重要な成長の法則【敏感期】。子どもをモンテッソーリ教育のプレスクールに通わせてからはじめてその詳細を学んだ筆者が、【敏感期】とはどんなものなのか、種類や時期、気を付けたいポイントなどをご紹介します。

モンテッソーリ教育の発達第一段階とは?

わが子のプレスクールを選ぶ際には、モンテッソーリ教育の基本概念については理解していたものの、その詳しい内容までは知らなかった筆者。実際に子どもを通わせてから、家庭でも連携した対応をとる必要性を認識し、改めて学び、「なるほど!」と納得した内容をご紹介します。

モンテッソーリ教育では、0~6歳のさまざまな発達段階のことを「発達の第一段階」と位置付けているそうです。また、何かに強く興味を持ち、同じことを繰り返すこの時期を【敏感期】と呼んでいます。大人は「この【敏感期】を理解し、適切に手伝ってあげることが必要」と考えられています。

子どもはよりよく生きるために自ら成長しようと、自発的にそのときどきに必要な課題に取り組んでいるのですね。では【敏感期】にはどんなものがあるのでしょうか、また家庭では、親はどのように接してあげればよいのでしょうか。

【言語】の敏感期(胎生7カ月~5歳半くらい)

教具「鉄製はめ込み」

教具「鉄製はめ込み」

図形と枠からなり、枠を紙に置いてなぞります。
via Photo by author
『言語』の敏感期は2期にわかれ、「話し言葉」の敏感期が7カ月の胎児期~3歳前後、「文字」に対する敏感期が3歳半~5歳半とされています。

最初にはじまるのが「話し言葉」における敏感期で、胎内で親の声を聞くことからスタートします。周囲の言葉をイントネーション、アクセントも含め難なく習得できる時期で、どんな国の言葉でも習得できるそうです。

3歳半くらいから書き言葉の「文字」に興味・関心が深まります。この時期にその心を満足させられる機会を多く持つことで、子どもは集中して「文字」を理解していきます。

【秩序】の敏感期(6カ月~3歳前後)

Photo by author (71856)

「置く場所は常に同じ」として秩序を保ちます。
via Photo by author
【秩序】の敏感期は、6カ月~3歳前後になりますが、特に1歳半~2歳半頃にとても顕著に現れます。

この時期の子どもは「順番」や「場所」「位置」「やり方」「誰のもの」などにとてもこだわり、それがいつもと異なると混乱し、不安になってしまいます。大人にとってはどうでもよいようなポイントに強くこだわるため、親はその行動にイライラしてしまい、叱ったり、厳しくしてしまいがち。筆者の次女はまさにこの時期で、毎日格闘中……。

でもこれらの行動は、抽象的な思考ができるようになるための基礎づくりの最中なのだそうです。いつも決まった秩序を保つことが、この時期の子どもの安心感に繋がるそうなので、家の中の秩序をなるべく一定にすることを心掛けています。

【感覚】の敏感期(0歳~3歳半)

教具「はめこみ円柱」

教具「はめこみ円柱」

視覚を使って円柱を穴にはめ込む活動をします。
via Photo by author
【感覚】の敏感期とされる時期には、視覚・聴覚・臭覚・触覚・味覚の五感の感受性が最も敏感になるといわれます。

0~3歳は感覚器官の成熟、五感による感覚的印象の吸収期。3~6歳は吸収したその印象を整理・分類・秩序化し、感覚器官を洗練していく時期。この頃に五感を洗練しなかったら、その子の一生は鈍感のままとなってしまう!?とまでいわれているそうで、これを聞いて大袈裟だなと思う反面、確かに重要かも……とも感じました。

この時期には、画面や絵からくるバーチャルな体験ではなく、五感を最大限に使う、本物に触れる実体験をたくさんさせてあげることが大事になってくるのですね。

【運動】の敏感期(6か月~6歳)

 (71858)

0~3歳は基本的な運動機能の発達の時期。3~6歳はさらに運動機能を洗練、調整していく時期となります。運動とは、歩く・座る・持つ・運ぶ・貼る・折る・注ぐなどの動作や動きをいい、自分の意志で体を動かせるように調整していくことを目指します。

2歳頃になると「自分でしたい」と何でも自分でやりたがり、周りの大人の真似をする「模倣期」になります。自分のバッグを持ちたがったり、ボタンを自分でやりたがったり、飲み物を自分で注ぎたがったりしませんか?

見ている大人は、危ないから、時間がかかるから、邪魔になるから、と先回りして手伝ってしまいがちですが、子どもは自らの運動機能を獲得するため、実際に自分の体を動かしていろいろなものに働きかけてみているのです。

この時期には子どものサイズに合った道具を用意し、お料理やお掃除などのお手伝いを積極的にさせることで、子どもの欲求を満たすことが運動機能の発達に繋がるといわれています。

【数】の敏感期(4歳~6歳)

Photo by author (71854)

via Photo by author
3歳以前の【秩序】へのこだわりは、4歳以降に【数】への興味に変わり、ものを置く場所、順序、多い、少ないなど、日常生活の中の数的な要素に敏感になります。自分の年齢にこだわりを見せたり、お風呂の中で数を数え続けたり、数の敏感期の現れは生活の中で見出すことができます。

この時期には、自分から自発的に活動できる環境を用意し、手順や段取りが必要な作業をさせてみましょう。
失敗しても当然。失敗したら、その後始末の手順をやって見せることが大事だそうです。

【文化】の敏感期(6歳)

モンテッソーリでは、言語・数以外に出てくる興味や関心を【文化】の敏感期として位置付けています。

この頃から「子どもの世界」が拡大し、友だちやグループで一緒に何かをすることを好むようになるそうです。また社会性が発達するとともに、モラルや道徳心も育ってきます。

物事の本質が気になり「どうしてなの?なぜ?」と疑問を多く持つ時期でもありますね。

子どもを観察しよう

Photo by author (71861)

via Photo by author
【敏感期】の子どもは自ら伸びようと、できるようになろうと、課題に取り組んでいます。周りの大人はそれを理解し、少し手伝ってあげればよいのです。
そのためにはまず、【子どもがやりたがっていることは何か】【難しがっていることは何か】を注意深く観察することが大切なのだそう。

この【敏感期】を知り、子どもへの接し方を知るだけでも、きっと気持ちが楽になるのではないでしょうか。

筆者は、モンテッソーリ教育に触れ、目の前の子どもが何をしたがっているのか、どの【敏感期】にいるのかがわかるようになってきたことで、わが子の成長をさらに楽しめるようになりました。

「ひとりでできた!」と子どもが喜ぶ機会をたくさんつくってあげられるとよいですね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

セガンの3段階の名称練習とは?モンテッソーリ教育をおうちで!

セガンの3段階の名称練習とは?モンテッソーリ教育をおうちで!

「わが子には、自立して思考力がある、優しい人間に育って欲しい」という気持ちから、モンテッソーリ教育に興味のある方も多いのでは?今回は「言語教育」の「セガン...
子どもの力を大きく伸ばす!世界の幼児教育5選

子どもの力を大きく伸ばす!世界の幼児教育5選

近年、世界中で幼児教育への関心が高まりつつあります。一口に「幼児教育」といっても、さまざまな種類があるのですが、「いまいち違いが良くわからない」という方も...
モンテッソーリ教育について知りたい!おすすめ書籍 4選

モンテッソーリ教育について知りたい!おすすめ書籍 4選

「モンテッソーリ教育」って聞いたことがあるけれど、どんな教育法なの?とお思いのパパママに、モンテッソーリ教育に関わる本をご紹介します。モンテッソーリ教育を...
自立した子どもを目指す「モンテッソーリ教育」の5分野を学ぼう!

自立した子どもを目指す「モンテッソーリ教育」の5分野を学ぼう!

女性の医師「マリア・モンテッソーリ」によって考案された、自立した子どもを目指す「モンテッソーリ教育」。マリア・モンテッソーリが開設した保育施設「子どもの家...
藤井七段も受けたモンテッソーリ教育がマンガに!「マンガ ママ、ひとりでするのを手伝ってね!」発売

藤井七段も受けたモンテッソーリ教育がマンガに!「マンガ ママ、ひとりでするのを手伝ってね!」発売

将棋棋士の藤井聡太七段や、オバマ前大統領など、各界で活躍する人が多く受けた教育が「モンテッソーリ教育」。名前は知っているし興味津々だけれども、詳しくはわか...

WRITER

nanaoshio nanaoshio  2人姉妹のママ。大学卒業後IT企業に勤務しながら2人姉妹を出産。バタバタのワーママ生活をから一転、夫の海外赴任に帯同するために退職。シンガポールで子育てしながら、皆さんのお役に立てる情報を紹介していきます。