2017年3月31日 公開

日本語の美しい響きを覚える「素読」をはじめよう

江戸時代の寺子屋で行われていた「素読」。これは、言葉の意味はわからずとも、そこに介在するスピリットやリズムを身体に染みこませて学んでいく方法のこと。200年以上も前の学習法が今も役立つ!? 将来の読解力や文章力に繋がる「素読」にスポットライトを当ててみましょう。

「素読」って?「音読」との違い

 (45677)

handini_atmodiwiryo / Shutterstock.com
素読という言葉をご存知でしょうか?「素読」とは、意味がわかる・わからないは関係なく、本の文字を声に出して読むことです。

似た言葉に「音読」があります。「音読」とは、そこに書かれている内容を理解しながら、本を声に出して読むことです。つまり素読と音読には、意味を理解するかしないかの違いがあるというわけです。

例えば、小学校の宿題で日常的に出されるのが「音読」。教科書の内容を理解しながら読むことです。

素読は言葉のリズムや音を大切にしている

それに対して素読は、必ずしも本を前にする必要はありません。なぜなら、素読で大切なのは「音」だからです。

江戸時代の寺子屋では、みんな『論語』の素読をしていました。大人でも難しい書物を素読するのです。先生と1対1で、口伝いに何度も繰り返し言葉を習います。テキストを何度も口に出して練習し、つまずかずに空でスラスラ言えるようになると合格です。

その時点ではもちろん意味はわかりません。その意味や音が当てられている漢字を知るのは、上級学校に行ってから。もしかすると、生涯その意味を知らずに終わることもあったかもしれません。

一見意味のないように思われるこの学習。一体何を目的に行われていたのでしょうか。

意味のわからない言葉を覚えることは、すなわちその言葉の持つリズムや響き、スピリットを身体に染みこませること。江戸時代の素読は、そういったものを得るために行っていたそうです。

素読は言語感覚を身につけるのに良い方法

 (45681)

wong sze yuen / Shutterstock.com
現代でも、幼稚園や幼児教室で素読が行われています。

壁に貼られたテキストを声に出して読むことを、子どもたちは毎日繰り返すうちに、意味はわからずとも自然にその節を覚えていくようです。

素読は何より、言語感覚を磨くことができます。文章を書くにしても、何かを話すにしても、流暢にそれらができるのは、言葉や文章のリズムを感覚的に捉えられていることが大きな要因です。言葉を身体に染みこませる素読は、言葉の持つ音感を養うのにぴったり。

この言語感覚は、将来の読解力や表現力の育成に大きな力を与えてくれるでしょう。

Eテレ『にほんごであそぼ』を参考に楽しく素読を

気軽に素読にトライできる番組があります。それがNHK Eテレの『にほんごであそぼ』です。日本語に親しみながら日本語特有のリズムや音感を身につけることを狙いとしています。

「春はあけぼの…」ではじまる枕草子や、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」など誰でも一度は聞いたことのある一節が読まれます。毎日繰り返すうちに自然とリズムが身につく仕掛けです。

自宅でできる素読のやり方

自宅で取り組むのなら、子ども向けの論語や古典の絵本をお子さんと一緒に開いてみませんか。呪文や合言葉のように、言葉遊び感覚でも構いません。声に出して読むことで得られるリズムやことだまを楽しみましょう。
春はあけぼの (声にだすことばえほん) | 清少納言, 齋藤 孝, たんじ あきこ |本 | 通販 | Amazon (45697)

タイトル:春はあけぼの
著者  :清少納言(文)/たんじあきこ(絵)/齋藤孝(編)
出版社 :ほるぷ出版
親子で楽しむこどもの論語 | 長島 猛人 |本 | 通販 | Amazon (45698)

タイトル:親子で楽しむ こどもの論語 CDつき
著者  :長島猛人
出版社 :高橋書店

日本語の音の良さを身体で感じよう

 (45693)

KPG_Payless / Shutterstock.com
長い年月を経ても淘汰されずに現代もなお愛され続ける名作の数々。これらは、あまたの人が幾度となく口ずさんできた、私たち日本人の魂に深く染み入る「音」なのです。

意味はわからずとも、耳や口で覚えていく音。それが後々、言葉としてお子さんの中で意味を持つ日がやってきます。意味がわかった時の驚きと発見も、素読の魅力と言えるかもしれません。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

子どもへの影響大!親の言葉遣いで気を付けるべきことは?

子どもへの影響大!親の言葉遣いで気を付けるべきことは?

子どもが、自分とそっくりな言葉遣いをして驚いた経験はありませんか?子どもは親が話す言葉に大きな影響を受けながら、言語習得を進めていきます。将来子どもが言葉...
『小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚』はどう作る?

『小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚』はどう作る?

『小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚』の著者は、国語の授業、また受験問題が良問だと評判の有名私立「麻布学園」の国語科教師で、一児の父。教師として、...
幼児だって大丈夫!古典を読んで美しい日本語を学ぼう

幼児だって大丈夫!古典を読んで美しい日本語を学ぼう

古典文学には平家物語や枕草子など素晴らしい作品がたくさんあります。子どもが日本語の美しさを学ぶのに古典文学は最高の教材です。今回は幼児期に古典文学に触れる...
「子どもの文章力アップ」のために欠かせない5つのこと

「子どもの文章力アップ」のために欠かせない5つのこと

「読書感想文がどうも苦手……」という人、けっこう多いですよね。子どものうちに文章力の基礎を身につけておけば、大人になってから苦手意識に悩まされることもあり...
子どもに説明できる?促音・撥音・拗音・長音とは

子どもに説明できる?促音・撥音・拗音・長音とは

促音・撥音・拗音・長音とは何を指す言葉かご存知ですか? どれも普段何気なく使っているひらがなのルールですが、説明するとなると難しいもの。ここでは促音・撥音...

WRITER

山葵菜コウ 山葵菜コウ  関西在住の1男1女年子の母。教育や学び、子育てにアンテナがぴーん!大学は初等教育・教育学を専攻。身につけた知識や思想を子育てに活かせるように日々奮闘しています。