2018年9月28日 公開

幼稚園・小学校のならいごと。いくらまでかける!?【今すぐできる家計管理術】第8回

ならいごと費は無計画に決めてしまうと、後から大変な目に合う原因にもなりかねません。幼稚園・小学校のお子さまをお持ちの方の家計とならいごとの事情を調べてみました。「2年で350万貯めた あきのズボラ家計管理」著者による載第8回です。

ならいごとを考えるようになったら

 (115193)

Illustration by aimei
子どもが大きくなってくると、子どものためにならいごとをさせてあげたくなりますよね。とはいえ、あれもこれも、とはじめてしまうと結構お金がかかるもの。ほかのご家庭ではどのくらいかけているんだろうと、気になる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、主に幼稚園から小学校までの公立・私立別の「子どものならいごと費」について調べてみました。

学校外活動費はいくら?

 (115160)

T.TATSU / shutterstock.com
文部科学省の平成28年度「子供の学習費調査」によると、平成28年度調査の幼稚園、小学校の「公立」「私立」別の1年間・子ども1人あたりの学校外活動費は以下の通りです。

(幼稚園)
公立 9.3万円
私立 13.4万円

(小学校)
公立 21.8万円
私立 61.3万円

また、小学校の学年別の補助学習費とその他の学校外活動費を加えた金額は以下の通りです。

(公立小学校)
小学校1年生 19.9万円
小学校2年生 19.1万円
小学校3年生 20.1万円
小学校4年生 22万円
小学校5年生 24.7万円
小学校6年生 24.9万円

(私立小学校)
小学校1年生 56.6万円
小学校2年生 49.3万円
小学校3年生 54.6万円
小学校4年生 62.2万円
小学校5年生 68.9万円
小学校6年生 76.4万円

※「補助学習費」とは,家庭での学習に使用する物品・図書の購入費,家庭教師費,学習塾費等の支出。
※「その他の学校外活動費」とは,体験活動や習い事(ピアノ,水泳,習字等)等のための支出。用具の購入費等を含みます。

(出典:文部科学省 平成28年度「子供の学習費調査」)

あくまでも平均値ですが、公立、私立共に小学校6年生の学年別の補助学習費とその他の学校外活動費を加えた金額が最も多くなっています。

中学、高校となると、ならいごとだけでなく進学に合わせた学習塾代などがかさんできます。そして、それに続く大学受験…。子どもにかかるお金は、年々、膨らんでいくと考えて間違いなさそうです。

学費とならいごとで家計がピンチ!?

 (115162)

milatas / shutterstock.com
私はこれまで、1000件以上の家計相談にお答えし、さまざまな家計をお預かりさせていただきました。

お金が貯められない、毎月赤字でとお悩みの方に多いのが、「子どもが小さい頃は貯金もできていたのに、年々家計が厳しくなってしまって…」というケースです。

子どもが小さい頃は、家計簿をつけずにどんぶり勘定でも貯金ができていたのに、子どもが大きくなるにつれて「学費」だけでなく「ならいごと費」までどんどん増加!上の子だけではなく、下の子の分も追加されるともう大変。支出は増える一方なのに、収入は思うように上がらない…。

もはやどんぶり勘定ではどうにもならない!という状況になってから、家計の相談や見直しをするというケースが多いです。

増えすぎるならいごと費に要注意

 (115165)

anastasiya parfenyuk / shutterstock.com
せっかく子どものために、とはじめたならいごとなのに、気づけばならいごと費が増えすぎてしまって家計を圧迫。今のままでは子どもが喜ぶ家族旅行ひとつ行けない、毎月外食するのさえ厳しいという家計状況になってしまう方もいます。

それでも子どものためにならいごとを継続させてあげるのが親の役目と、なかには借金まで考える方も。

しかし、幼稚園、小学校という比較的学費がかからない時期に、赤字の家計状況になってしまうと、いくらならいごとさせても「大学費用が足りないから進学をあきらめさせる」ということになりかねません。

また、子どもが大きくなると、親と出かけるのを嫌がったり、部活などで忙しくなったりして、家族そろっての旅行も難しくなります。

家族で楽しい思い出を作れる時期に、ならいごとにお金をかけすぎてレジャーができないというのも悲しいですし、子どもの将来にも備えておきたいですよね。

ならいごとはルールを決めて。短期教室も上手に活用

 (115164)

hanapon1002 / shutterstock.com
わが家でも3人の子どもを育てていますが、ならいごとは1人につき1つか2つまでというように数を決め、増えすぎないように気をつけています。その他、書道は師範の免許をもっているママ友に短期教室をお願いしたり、水泳の短期教室を申し込んだりと、短期教室も利用して変化をつけています。

もちろん、短期教室では習得内容に差は出てしまいますが、家計が苦しい時はやめて、余裕がある時には行かせるというようなこともでき、融通がきくというメリットがあります。

また、市区町村が提供している無料のならいごとや、公民館や集会所を利用した安価のならいごとがある場合もありますので、そうしたものも並行すると、ならいごと費の増大を防ぐことができます。ダンスやそろばん、英語など、種類も幅広いので、お住まいの自治体に問い合わせたり、ママ友と情報交換したりしてリサーチしてみましょう。

短期教室や無料のならいごとで体験し、子どもが続けたいと言えば、他のならいごとと調整して改めて始めることもできますよね。

あくまで全体を調整しながら、ならいごと費が家計の重荷になりすぎないように計画すると安心です。

ならいごと費と賢くつきあおう

 (115167)

Ronnachai Palas / shutterstock.com
少子化の現代では、子ども1人にかけるお金が高くなりがち。

子どもがやりたがっているから、子どものために、とはじめたならいごとでも、そのために毎月赤字になったり、将来に響いてしまったりするようでは本末転倒です。

一度はじめると、なかなかやめられないことも多いならいごと。費用の心配をせずに楽しく続けてもらうためにも、収入に合わせた賢い選択ができるよう日頃からルールを決めて考えておけるといいですね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

いつの間にか増えてる?赤ちゃんにかかるお金!【今すぐできる家計管理術】第7回

いつの間にか増えてる?赤ちゃんにかかるお金!【今すぐできる家計管理術】第7回

赤ちゃんが産まれると、あれもこれもしてあげたいと思いがち。無計画にお金をかけすぎるとどうなるのか、節約家パパママと浪費家パパママの、赤ちゃんへのお金のかけ...
使い方、決めた?お金が貯まるボーナス活用術とは!?【今すぐできる家計管理術】第4回

使い方、決めた?お金が貯まるボーナス活用術とは!?【今すぐできる家計管理術】第4回

もうすぐボーナス!何に使おうかな?とウキウキしますよね。でもちょっと待って!ボーナスの使い方次第で、その後の半年のやりくりに差が出るって知ってました?家計...
なぜ?算数は嫌いなのにそろばんは好き!魅了された理由とは?「ごんどうまゆのハハコイク」第34回

なぜ?算数は嫌いなのにそろばんは好き!魅了された理由とは?「ごんどうまゆのハハコイク」第34回

昔から不動の人気を誇る習い事のひとつ、そろばん。電子機器で簡単に計算ができる現代なのに、そろばん教室に通う子どもたちは後を絶ちません。それは、そろばんに計...
意外とお金がかかる?幼稚園の預かり保育【今すぐできる家計管理術】第6回

意外とお金がかかる?幼稚園の預かり保育【今すぐできる家計管理術】第6回

子どもが幼稚園に行くようになると、働くことを考えるママも。とはいえ、預かり保育の料金も気になりますよね。働いたほうが得なのか損なのか、預かり保育の実態とマ...
金銭感覚が違う?ママ友とのつきあい方で変わるお金の使い方【今すぐできる家計管理術】第5回

金銭感覚が違う?ママ友とのつきあい方で変わるお金の使い方【今すぐできる家計管理術】第5回

ママ友ができた!でもランチ会にお出かけに…と、おつきあいにお金がかかるように。楽しみだけど、考えないといけないこともありますよね。お誘いをお断りするときの...

WRITER

あき あき  都内在住3女の母。「あきのズボラ家計簿」「あきのズボラ家計管理」の著者。ブログも更新中です!https://kakeibo.kosodate-info.com/