2018年10月24日 公開

子どもに日付と曜日を教えよう!生活習慣が整うメリットも!

子どもが日付と曜日を覚えてくれずに困っているパパママも多いはず。日にちや曜日、時間の概念など、目に見えないものを教えるのは、意外と難しいですよね。そこで、3ステップで日付と曜日を教える方法をお伝えします。子どもと一緒に楽しく覚えるコツも合わせてご紹介します。

子どもが曜日や日付を理解するのはいつ?

 (116918)

Svetlana San'kova / Shutterstock.com
「今日とは何か」、そして「今日が何曜日か」を理解できるのは、一般的に6歳ごろといわれています。どの子どもも急に理解できるわけではなく、成長と共に段階的に覚えていくのが普通です。

まず、毎日には曜日というものがあることに気づくことからスタートします。そして、曜日には「月・火・水・木・金・土・日」の7つがあることを知ります。さらに、曜日には順番が決まっていることに気づきます。その上で、今日が何曜日であるかを理解することにつながるわけです。

子どもの成長には個人差があるので、教えられなくても自分で理解したり、保育園や幼稚園などで覚えてきたりすることもあります。しかし、毎日身近にいるパパママが少しサポートするだけで、その理解が早まるのではないでしょうか。

STEP1:カレンダーを毎日チェックする

 (116919)

James Steidl / Shutterstock.com
目に見えるものは、実際にものを提示して繰り返し教えることで覚えてくれます。しかし、日付や曜日など、目に見えないものを子どもに理解させるのは難しいですよね。

そこで、おすすめなのが日めくりカレンダー。「今日はこの日だね」と具体的な形で見せることができるので、子どもだけでなく教える側も教えやすいですよ。それに、子どもは日めくりカレンダーを1枚ずつ破る作業が大好きなので、おすすめです!
 (116920)

ViDi Studio / Shutterstock.com
「日めくりカレンダー」を用意しなくても、月間カレンダーを使って教える方法もあります。毎日その日にシールを貼ったり、マークを付けたりすれば一目瞭然。毎朝、起きたときなど時間を決めて、「今日はここだね」と言いながら進めていけばOKです。

どちらのカレンダーを使っても共通していえることは、作業を子どもと一緒に毎日続けること。そして、その度に日付と曜日を確認してくださいね。

STEP2:先の予定を教える

 (116921)

Ekaterina_Minaeva / Shutterstock.com
子どもを楽しい気持ちにさせながら教えると、スムーズです。たとえば、「あと何回寝たら〇〇へ遊びに行く日だね」と話しながら、カレンダーの該当日にマークを付けておくと、子どもはその日が来るのが待ち遠しくなり、積極的にカレンダーを見るようになります。

曜日は、順番通りに進む日付よりも覚えにくいもの。曜日感覚を身につけるために、「日曜日はパパがお休みだからお出かけする曜日だね」「大好きなアニメは水曜日だね」など、子どもにとってわかりやすく、興味をひくような内容を中心に教えてあげましょう。

先の予定を教えることで、子ども自身が曜日や日付のことを知りたいと思わせるのがポイント。子どもが楽しめる予定を、小さな事でもたくさん作ってあげてくださいね。

STEP3:今日は何日か聞いてみる

 (116922)

Maria Dryfhout / Shutterstock.com
子どもが曜日や日付に興味を持ちはじめ、少しずつ覚え出したら「今日は何日かな?」と聞いてみましょう。さらに続けて、「今日は何曜日かな?」とレベルアップしてみてください。

子どもが正解したら、シールなどのごほうびをカレンダーに付けるのを忘れずに。カレンダーを見て、今日は何日、何曜日かを確認する習慣がつけば理想的です。そのうち、子ども自らがカレンダーを見て、教えてくれるようになりますよ。

そして、子どもが日付と曜日を覚えると、お出かけだけでなく、幼稚園や保育園に行く日、習い事に行く日など、1週間の生活リズムを予想立てて行動できるようになります。そのような理由からも子どもには、早いうちから覚えてほしいことの一つといえます。

カレンダーの選び方のポイント

 (116923)

piixypeach / Shutterstock.com
子どもに曜日や日付を教えるのに効果的なカレンダーですが、おすすめは予定を書き込んだりシールを貼ったりできる、余白があるタイプです。子どもが愛着を持てるように、好きなキャラクターやかわいいデザインのものを一緒に選ぶのもおすすめです。

さらに、平日と土曜日、日曜日が色分けされているとわかりやすいでしょう。もし曜日が漢字やアルファベットになっている場合は、横にひらがなで書いてあげると良いかもしれません。

また「万年カレンダー」もおすすめです。その名の通り、長い期間使えて、毎日または毎月、その日・その月の暦を表示するために、手動で月・日・曜日を合わせる仕組みのカレンダーです。

下記の「手作り万年カレンダー」の記事では、簡単で覚えやすい作り方を紹介しています。毎日、子どもが日付や曜日を確認しながらセットできるので、ぜひ手作りしてみてくださいね。

親子で毎日楽しく続けよう

 (116924)

Sergey Novikov / Shutterstock.com
曜日や日付は、すぐに覚えられるものではないため、毎日コツコツと確認し続けることが大切です。朝はもちろん、夜に「今日はどんなことがあったかな?」と振り返って子どもの話や気持ちを聞きながら、続けるのも良いですね。

また、パパの帰宅が遅く、平日はあまり会えない場合は、お休みの日に「〇曜日はなにをしたの?楽しかった?」と過去を振り返って聞くのも曜日の認識に効果的です。

家族でコミュニケーションをたくさん取りながら、子どもに曜日と日付の概念を楽しく覚えてほしいですね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

時計の読み方、どうやって教える?3つのステップを意識しよう

時計の読み方、どうやって教える?3つのステップを意識しよう

幼稚園や小学校など、集団生活をおくる上で「時間」を意識することはとても大切です。子どもには少し難しく感じる「時計の読み方」は、どうやって教えてあげれば良い...
子どもに時間感覚を!段取りよく行動する力を育てる3つの方法

子どもに時間感覚を!段取りよく行動する力を育てる3つの方法

子どもは何をするにも時間がかかり、親は「早くしなさい」が口癖になってしまいがち。でも、子どもを急かしても何も解決しないどころか、子どもの将来に良くない影響...
手作りの日めくりカレンダーでこよみの感覚を身につけよう

手作りの日めくりカレンダーでこよみの感覚を身につけよう

日付や曜日を知ることのできる、日めくりカレンダーをつくってみませんか?毎日お手伝いとして日にちをめくることで、こよみの感覚が身に着き、数字や文字の学習にも...
子どもの集中力が育つ!「遊びの環境」を整えよう

子どもの集中力が育つ!「遊びの環境」を整えよう

おもちゃを次々と取り出してすぐに飽きてしまうわが子を見て、「もう少し集中して遊んで欲しいな」と思ったことはありませんか?もしかすると、子どもが集中できる環...
あいさつができない子ども。しつけの工夫やルールづけ

あいさつができない子ども。しつけの工夫やルールづけ

子どもがきちんとあいさつをしてくれない……と悩むことはありませんか?そんなときは、なぜあいさつをしないのか、その理由を知ることがポイントです。あいさつの基...

WRITER

Kayoko* Kayoko*  千葉県在住。9歳と6歳の男児を持つママライター。得意ジャンルは育児、料理、ディズニー、ときどきお酒。大学では心理学を専攻。ただいま、スムージーダイエットに奮闘中!