2019年7月4日 公開

文系ママでも読めた!プログラミング教育がわかるオススメ本4冊

2020年からはじまる小学校でのプログラミング教育必修化に向け、イベントやワークショップなど、プログラミングに関する学びの機会であふれています。でも、イマイチその本質が理解できず、何もはじめられていなかったわが家。まずはプログラミング入門書で学んでみました!

文系ママ目線で読みやすく使いやすい本を選びました!

各書店でもプログラミング教育に関するコーナーは、大盛り上がり。子ども関連のものだけでも、スクール紹介から簡単なプログラミング言語の解説本、AI時代の生き方まで多岐にわたっています。が、文系&メカに疎い筆者には、正直とっつきにくい世界でした。

そんななか、「プログラミングってそもそもなに?」「小学校の授業がどうなるの?」「家庭でできることは何?」という素朴な疑問に関してわかりやすく答えをくれた4冊の書籍をご紹介したいと思います。

浅く広く、ひとまず全体像をサクっと知るにはこの1冊

タイトル:プログラミング教育ってなに?親が知りたい45のギモン
  著者:石戸奈々子
出版社:ジャムハウス
あまり時間もないけれど、ざっとプログラミング教育の背景や概要をつかんでおきたい!というパパママにおすすめなのが、こちらの本です。

一問一答形式で、「親が知りたい45のギモン」という副題の通り、プログラミングって何?という問いから、今後の社会とのつながりまで、基本的な疑問にさらりとわかりやすく答えてくれます。

気になる項目を拾って読むのもいいですし、45の項目を知るだけでも、何が行われようとしているのかを把握するのに役立つ1冊です。

筆者が特に「なるほど!」と思ったのは、小学校で「プログラミング」という教科ができるわけではないという観点です(例えば、理科の実験や算数の図形、音楽の楽器演奏など、通常の教科のなかに盛り込まれるそうです)。

教科書もなく、成績もつかない!また授業数や具体的な教科などの組み立ては、すべて各学校に委ねられているとのことでした。それだけでもわかると、じゃあ「具体的に、子どもが通う学校ではどうなるの?」と、次のステップに進めますよね。

もう1歩踏み込んで、具体的な事例やアイデアを知るにはこの1冊

タイトル:図解 プログラミング教育がよくわかる本
  監修:石戸奈々子
 出版社:講談社
1冊目と同じ著者が監修した本になりますが、こちらはより具体的で、イラストや図解もあり、理解しやすい内容になっています。

プログラミングとは何か?という基本のキから、家庭での取り入れ方、小学校での実践例、プログラミング教育の効果まで、幅広くさまざまな観点から中立的に書かれている点が魅力です。

大人向けの本ですが、親しみやすいイラストや写真のおかげか、わが家の息子たちも、興味津々でのぞいてきました。対象年齢が5歳からのプログラミングソフト「Scratch」の図解や、プログラミング教室のレッスン風景に、「これ何~?」「やってみた~い」と前のめり!プログラミングと聞くと構えてしまうのは親だけなのかも……と感じた次第です。

こちらの本には、家庭での取り入れ方にも複数の方法や段階が示してあります。また、「学びのサイクルを意識する」「親も子どもと同じソフトで遊んでみる」「テーマを示して想像を加速する」など、親子で一緒に楽しむための、声掛けや質問のコツがとても参考になりました。

親子で読みたい!楽しいプログラミング体験の「絵本」

タイトル:ルビィのぼうけん こんにちは!プログラミング
  著者:リンダ・リウカス(著)、鳥井雪(訳)
 出版社:翔泳社
こちらはフィンランドのプログラマー、リンダ・リウカスさんによる、子ども向けプログラミングの入門用絵本です。

本の前半は、好奇心旺盛なルビィという女の子の冒険物語を通して、プログラミングの基本的な考え方を体感します。そして後半には、そのエッセンスを取り出した練習問題が(といっても、パズルみたいな感じで、難しく構える必要はありません!)。親子でプログラミングの概念について、楽しく学ぶことができます。

例えば、「着替えなさい!」とパパに言われた主人公が、パジャマの上に洋服を着て、「パジャマを脱げって言われてないもん」と言うシーンがあります。また、「おもちゃを片付けなさい」と言われても、色鉛筆と紙だけは「おもちゃじゃないからね~」と置きっぱなしにする場面も。これらは、コンピューターの命令をうまく表現していますよね。わが家の6歳・4歳児も面白がって、絵本に興味津々でした。

絵本のストーリーのなかで、計画を立てること、問題を小さく分けて考えること、パターンを見つけること、困ったときは助けを求めることなど、日頃の生活の中での声掛けにも参考にできそうな点が、多々ありました。親子で繰り返し楽しみたい良書だと思います。

プログラミングで身につく力:「7つの才能」とは?

タイトル:子どもの才能を引き出す最高の学びプログラミング教育
  著者:石嶋 洋平(著)、安藤 昇(監修)
 出版社:あさ出版
プログラミング教育の全体像が把握できたら、目指す方向性も定めたいもの。最後にご紹介するのは、「プログラミングを学ぶとどんな変化があるのか?」、具体的にわかる1冊です。

著者・石嶋洋平さんは、小学生向けのプログラミング教室を主宰。そのため、ご自身のスクールを紹介する内容が多めではありますが、生徒さんの変化や成長などエピソードがたくさん盛り込まれているのが魅力です。

なかでも第二章では、昨今よく耳にする「プログラミング的思考」について、以下の「7つの才能」として具体的に説明されています。

(1)目標設計/設定力(目的意識):目的から逆算して考える力が付く

(2)論理的思考力:「道筋を立てて考える力」のこと

(3)数学的思考力:「数字、式、図」に置き換えて物事を理解すること

(4)問題解決力(問題発見力):「問題を洗い出す力」と「リカバリーする力」が身に付く

(5)クリエイティブ力:頭の中の「アイデア」を具現化できるようになる

(6)実行力(主体的行動力):「好きなこと」だから、自分から積極的に行動するようになる

(7)文章読解力:国語力を磨けば、人工知能にも負けることはない

プログラミングを体験する・学ぶことは、プログラミング言語を書くことが目的ではなく、未来を生き抜く大切なスキルが含まれることが、非常によく理解できた1冊でした。

初心者パパママも、入門書でプログラミングの概要を知ろう!

これからはプログラミング!と言われても、どこか別世界だった筆者ですが、入門書で概要をつかんだことで、どこか身近になり、ぐっと興味が出てきました!

デジタルネイティブの子どもたちは、いろいろな自動化サービスが当たり前。その仕組みを知り、自ら使えるようになることは、次世代にとって必要な、生きる知識となるようです。そんなわが子と一緒に、親世代の私たちもプログラミング&プログラミング思考を生活に取り入れるチャンスかもしれません!

以上、初心者向けのおすすめ本のご紹介でした。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

『子どもの才能を引き出す最高の学び プログラミング教育』はどんな本?

『子どもの才能を引き出す最高の学び プログラミング教育』はどんな本?

2020年に必修化が決まっている「プログラミング」。時代に乗り遅れて欲しくないという親の思いからか、今や一番人気の習い事ともいわれています。そんなプログラ...
【2019年版】子供用プログラミングアプリ人気10選|学習に最適!

【2019年版】子供用プログラミングアプリ人気10選|学習に最適!

プログラミング学習は、スマホやタブレットを使えば自宅でも簡単に取り組むことができます。特に子ども向けに開発されたプログラミングアプリは、楽しく遊ぶ感覚でプ...
日本おもちゃ大賞2018!プログラミングカー【3•7歳体験談】

日本おもちゃ大賞2018!プログラミングカー【3•7歳体験談】

子どもの論理的思考力を家庭で楽しく育むことができる「はじめてのプログラミングカー」。2018年4月に学研ステイフルから登場し、日本おもちゃ大賞2018の「...
小学校のプログラミング教育開始前に、親が心得ておきたいこと

小学校のプログラミング教育開始前に、親が心得ておきたいこと

2020年から小学校で必修化される方向で調整が進む、プログラミング教育。まだ詳しく知らない私たち親世代が心得ておきたいこと・知っておくべきことを、関西でプ...
【大阪】幼児期から通えるプログラミング教室・スクール7選

【大阪】幼児期から通えるプログラミング教室・スクール7選

2020年度から小学校の授業カリキュラムにプログラミング教育が導入されることにより、子どもに習わせたい習い事No.1になるなど、プログラミング教室への需要...

WRITER

福岡すみれ 福岡すみれ  東京都在住、3人のやんちゃな男の子のママです。外遊びが大好きな息子たちと日々いろいろな公園を巡りつつ、3度の食事(とおやつとお酒)を何よりも楽しみに過ごしています。