2019年7月17日 公開

子どもが自ら英語を学ぶ姿勢をつくるには【小1から英検チャレンジ】Vol.10

子どもの習い事ランキングの上位に入る「英会話」。しかし、日本で暮らしてる限り日本語だけで不自由しないので、英語を習っていたとしてもなかなか身につかないことが多いです。わが家の失敗談とともに、自ら英語を学びたいと思わせるなさまざまな取り組みについてお話します。

英語を習わせたいきっかけは?

英会話を習っている子どもは多いです。私の娘ミヤピーも、4歳から英会話スクールに通いました。

そもそも、なぜ英会話スクールに子どもを通わせているのか?

私自身の場合は、英語ができないことへのコンプレックスからはじまる「わが子には苦労をさせたくない」という想いがきっかけでした。もしかしたら、同じような想いの方は多いのではないでしょうか……?

幼児は自分からやりたいとは言わない

知識も経験も圧倒的に少ない幼児が、自分から英語を習いたいということはないでしょう。何もわからないまま急に必要性のない異言語の空間に放り込まれることに不安を感じる子どももいるかもしれません。

なので、幼児向け英会話スクールでは子どもたちが抵抗なく時間を過ごせるように、歌やゲームなどを通して楽しい空間を提供することに腐心します。

結果として英会話スクールは子どもにとって楽しい空間となり、「ぼく、英語だいすき!」という状態になります。

しかし、英語を話せるようになる子どもはその中にいるでしょうか?

小学校進学などのタイミングで英会話スクールを辞めてしまう子どもも多く、結局はあいさつ程度の英語しか身につかなかった……というのはよく聞く話です。実は娘のミヤピーもそうでした。

受動的な英会話スクールから能動的な自学へ

英会話スクールで娘が1年間かけて学んだのは、挨拶と身の回りの簡単な英単語。それから、いくつかの英語の歌。

以上。ちーん……。

他の英会話スクールで学んだ子どもの話を伺っても、似たり寄ったりの結果です。これはスクールに問題があるのではなく、親の意識の問題も大きいのではないかと思います。

日本で暮らしている限り、子どもが英語を必要とする場面は特にありません。週に1回の僅かな時間の英会話スクールで英語が身につくと考えていたのも、今になって思えばおかしな話です。

子どもが自分から英語を学びたい!という意思がない限り、なんとなく楽しい英語の時間が過ぎていくだけになってしまうでしょう。

大きな夢と小さな目標づくり

親として準備不足だったことを改めて実感し、娘が小学生になるにあたって英語学習について考え直してみました。

まず、子どもが英語を学ぶ動機づけを与えることを怠っていたことに気づき、語学を学ぶことの重要性を話し合いました。

たとえばこんな内容です。
・私自身、英語が話せなくてたくさんのチャンスを逃したこと
・英語が話せることのメリット
・世界地図を見せて、その広さと多くの国で英語が通じること


それから、娘は当時、バレエやピアノを習っていたので、留学をして世界の舞台で活躍している人々の存在も教えました。

将来何になりたいか具体的な夢がなくても、英語を学んでおくときっと役に立つということと、世界中の人と通じ合えるということを、さまざまな事例を通して親が教えるべきだと思います。

そして子どもには小さな目標を与えます。あれもこれもと焦っていろいろと与えてもパンクしてしまいますので何らかの目安を考えるとよいのではないでしょうか。

わが家では小さな達成感を感じられる何かを考えてみた結果、「英検」を受けることに至りました。

自分で学ばないと何も得られない

皆さんのお子さまが詳しいことってなんでしょうか?
昆虫・ゲーム・マンガ……
それは、お子さま自身が興味を持って調べたり実践したりしたことではないでしょうか?

自分の意思で動いたもの、学んだものはよく身につくということだと思います。

■わが家の英語学習が失敗した理由
・与えられるだけの受動的な学び
・週1回という時間の短さ
・学ぶ動機がない

この理由を分析し、英語の取得するために大切だと分かったのは以下の3点です。

■英語を習得するために必要なこと
・学ぶ理由を見つける
・毎日継続的に学ぶ
・目標を持つ

親もともに学ぶ

英語を1人で学ぶというのは幼児にとっては困難です。なので、親も一緒に学ぶ姿勢をみせます。親だけ寝っ転がりながら「勉強しなさい!」と叱るのは、子にとっては理不尽な話です(笑)

実際に英語が苦手な私でしたが、娘とともに学び直した現在、自分自身の英語力がアップしたのを感じています。学生の時からこうしてちゃんと学べばよかった!と後悔しきりです……。

そして娘のほうが理解していることが多く、「大人より英語がわかってる自分」を誇らしく思うようでますます英語に身が入る、という子どもにとってよい循環ができているように思います。私にとってはなかなか屈辱的なことも多いですが(笑)、ともに成長していける領域があることが嬉しいですね。

次回もお楽しみに!

この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

英単語を覚えるにはルー語がいい⁉【小1から英検チャレンジ】Vol.9

英単語を覚えるにはルー語がいい⁉【小1から英検チャレンジ】Vol.9

語学を学習する上で、語彙を増やすことはとても大切。子どもの英語教育では、どのようにして語彙を増やしていくことができるでしょうか?娘のミヤピーの語彙を増やす...
【小1から英検チャレンジ】Vol.2 ”英語耳”を育てる「かけ流し」

【小1から英検チャレンジ】Vol.2 ”英語耳”を育てる「かけ流し」

娘のミヤピーは小1で英検3級に合格し、小2になった今は2級合格を目指して親子で勉強中です。そんなママミーヤ親子の英語学習の取り組みを紹介する連載2回目は、...
新連載【小1から英検チャレンジ】vol.01 早期から英語学習に取り組んだ理由

新連載【小1から英検チャレンジ】vol.01 早期から英語学習に取り組んだ理由

Chiik!で小学校受験体験記を連載中のママミーヤです。実は、娘のミヤピーは小学校入学後に英検に挑戦し、5級と4級に一発合格。3級も合格した今は2級合格を...
これを知れば合格が近づく!「英検CSEスコア」対策【小1から英検チャレンジ】Vol.13

これを知れば合格が近づく!「英検CSEスコア」対策【小1から英検チャレンジ】Vol.13

英検の評価方法が変わったことを以前の記事でもお伝えしました。先日、娘が2級に合格できたのも、新評価法のCSEスコア対策をしっかりできたから。娘の英検受験ま...
小学生の方が受かりやすい?!英検対策は自宅学習で大丈夫?【小1から英検チャレンジ】Vol.12

小学生の方が受かりやすい?!英検対策は自宅学習で大丈夫?【小1から英検チャレンジ】Vol.12

小学生の英検対策のために、英会話スクールに通うべき?自宅学習で十分?自宅で学習するとしたら、どんな方法があって、どんな教材がある?娘のミヤピーの英検受験を...

WRITER

ママミーヤ ママミーヤ  フルタイムではたらくママ(時に数日にわたる徹夜あり)。 会社員から脱却し、フリーランスになるが前より忙しくなる誤算に悩む。 0歳から保育園に通う娘が一人。昨年、塾なしで小学校受験に挑戦して無事に入学。 0歳からの幼児教育・お受験の勉強を自宅で行うためのコツ・時間のやりくりなどをお伝えします!