2018年12月20日 公開

幼児とマラソン練習をするときのコツは?上達のポイントと練習法

幼稚園や保育園などで、マラソン大会が開催されることも増えてきました。お子さまが「大会のために練習したい」と意気込んでいるなら、体力をつける良い機会。幼児に合わせた方法で、マラソン練習を始めてみましょう。上達のポイントや、飽きずに練習を続けるコツをご紹介します。

マラソンシューズの選び方

マラソン練習を開始する前に、まずは走りやすいシューズを選んであげましょう。幼児向けのランニングシューズは、さまざまなメーカーから発売されています。高反発クッションが採用されたもの、土踏まずをサポートするもの、通気性に優れたものなど機能性はさまざま。店頭で実際に履き心地を確かめておくと安心です。

ただし、機能性よりも大切なのはサイズ選び。子どもの足はまだ成長段階なので、ピッタリのものより、足の指先が動くぐらいの余裕があるサイズを選ぶようにします。サイズは大きすぎても、小さすぎても良くありません。つま先部分に5mmほどの余裕を持たせてあげてください。

子ども向けのシューズには、とても軽量につくられているものも増えました。しかし、そういったシューズはソールが薄くなっているものが多く、子どもの足を衝撃から守りきれない可能性があります。適度なクッション性があるものを選び、特にかかとの安定性を重視しましょう。

カラーはお子さまに選ばせてあげると、練習のモチベーションになりそうです。

練習の頻度・距離はどれくらい?

幼稚園・保育園くらいの年齢で、大人のように黙々と毎日走れる子どもはいません。無理に毎日連れ出そうとはせず、練習は週に一度くらいの頻度を保ちましょう。600m〜1,400mくらいの距離を、会話が楽しめる程度の速さで走ります。

長距離のマラソンに慣れていない子どもは、「スタートと同時に全力ダッシュ」「すぐに失速」という罠に陥りがち。よーいどんの合図でパパママが早歩きをして、その隣を子どもが走るくらいでちょうどいいでしょう。

子どもがすぐに走ることをやめてしまっても、最初のうちはそれが普通だと考えます。幼児は特に、走っていてもほかのものに気が取られてしまったり、気分が変わったりと、同じことを繰り返すのはまだまだ苦手です。走ることに飽きたら遊具で思いきり遊ぶ、縄跳びをするなど、いくつかの運動を組み合わせても、十分に体力アップは見込めます。

飽きずに練習をするコツ

はじめこそ喜んで練習していた子どもも、徐々に「行きたくない」とごねることがあります。淡々と走るだけの練習は、確かに子どもにとって退屈かもしれません。「練習の日は、夕飯を子どもの好きなメニューにする」「おやつを買ってあげる」など、ご褒美を設定するのも一案です。

あるいは、ただのマラソン練習ではなく遊びにしてしまうのも良いでしょう。「5分間おにごっこ」と称し、5分間パパママと一緒におにごっこをします。このとき、立ち止まったらアウトという新ルールを設ければ、持久力アップが見込めるはずです。早歩きでも構いません。

逃げるパパママを捕まえる感覚は、マラソン大会で前の人を追い越す感覚に通ずるものがあります。なお、幼稚園・保育園の年長さんで5分間が目安です。お子さまの年齢に合わせて、もっと短い時間でチャレンジしても良いかもしれません。

スタートの練習もしておこう

大会に向けて、スタートも忘れずに予行練習しておきましょう。びっくりして転倒してしまったり、周囲の勢いに固まってしまったりと、スタートのハプニングは非常に多くあります。事前にマラソンはどのようにスタートするか、イメージを伝えたうえで実践しておくと安心です。

子どもから少し離れた位置にパパママが立ち、「よーいどんの合図で、パパママに突進してきて」とアドバイスしてみましょう。このとき目線を下げないことが、スタートダッシュ成功のコツ。ついでに走るときのフォームのチェックもして、適宜声掛けをしましょう。パパママのもとにゴールできたら、「早かったね」「かっこよかった」とたくさん褒めてあげます。

親子で楽しむことが一番のポイント

幼稚園・保育園のマラソン大会は、子どもたちの体力作りが大きな目的です。練習も「走ること」だけにこだわりすぎず、おにごっこや縄跳び、ダンスなど子どもの得意な方法で体力アップを目指してみてはいかがでしょうか。パパママが一緒に楽しむことで、子どもも遊び感覚で取り組んでくれます。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

幼児が腕の力をつけるには?親子で楽しくできる腕力トレーニング

幼児が腕の力をつけるには?親子で楽しくできる腕力トレーニング

幼児が腕力をつけることには、運動能力の向上だけでなく、危険から身を守る意味もあります。筋肉自体が未発達な幼児向けに、パパママと一緒に楽しみながらできる腕力...
幼児食はいつから?進めるときのポイントやおすすめメニュー

幼児食はいつから?進めるときのポイントやおすすめメニュー

赤ちゃんの離乳食が終わったら、幼児食がスタートします。「幼児食って何?」というパパママのために、幼児食への切り替えの目安時期や進めるときのポイント、おすす...
幼児といちご狩り!持ち物や服装、準備しておきたいこと

幼児といちご狩り!持ち物や服装、準備しておきたいこと

子どもも大人も大好きないちごを、お腹いっぱい食べられる「いちご狩り」。年に何度も行くものではないため、せっかくなら万全の準備で出かけたいですよね。ここでは...
手作り暑中見舞いのアイデアと文例 |幼児にも簡単に作れる!

手作り暑中見舞いのアイデアと文例 |幼児にも簡単に作れる!

日ごろ子どもがお世話になっている方々への暑中見舞いは、子どもの成長が伝わるものがおすすめです。親子で楽しみながら作れる“手作り暑中見舞い”はいかがでしょう...
幼児のお年玉の使い道とは?金銭感覚を磨く学習の機会に

幼児のお年玉の使い道とは?金銭感覚を磨く学習の機会に

子どもがもらったお年玉はどうされていますか。せっかくいただいたお年玉は、子どもにとって有効に活用したいものです。子どもがお金の使い方を学ぶ良いきっかけをつ...

KEYWORDS

WRITER

Lei Lei  東京生まれ北関東在住の男子2人のママです。フリーライターをしております。自由すぎる男子たちに振り回されながらマイペースで子育てしてます。