2017年7月8日 公開

東京近郊で手持ち花火ができるスポット5選!

夏が近づくと、スーパーやコンビニの店頭に手持ち花火が並ぶようになります。しかし、自宅がマンションだったり、庭のない一戸建てだったりすると、花火のできるスペースはなかなかないですよね。そこで今回は、東京近郊で手持ち花火が楽しめる場所をご紹介します。

都会で手持ち花火は無理?

手持ち花火をする子供|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (55935)

夏の風物詩といえば、花火。夜空を彩る大きな花火もいいですが、家族や仲間と楽しむ手持ち花火もまた情緒があって素敵です。

しかし、マンションや住宅街に住んでいたり、自治体のルールで公園での花火が禁止されていたりと、近場で花火をするのが難しいという方も多いのではないでしょうか。

そこで、東京近郊で手持ち花火ができるスポットをご紹介します。

昼間はスポーツ、夜は花火!「駒沢オリンピック公園総合運動場」

駒沢オリンピック公園の模型|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (55936)

駒沢オリンピック公園総合運動場は、広大な敷地内に児童公園やサイクリングコース、テニスコートなどを完備した、都内有数の運動公園です。中央広場では、少人数で手持ち花火を行うことが認められています。昼間はアクティブに運動を、夜は花火を楽しんでみてはいかがでしょうか。

【開園時間】
24時間自由
※各施設には開館時間、休館日あり

【入園料】
無料(一部有料施設あり)

【所在地】
駒沢オリンピック公園総合運動場
東京都世田谷区駒沢公園1−1

【アクセス】
・東急田園都市線駒沢大学駅 徒歩約15分
・JR山手線ほか渋谷駅 バス約30分 徒歩1分

・駐車場
1時間まで300円、以降30分ごとに100円

バーベキューと花火を楽しむ「THE THIRD PARK」

無料の写真: 肉, 野菜, Gemuesepiess, キノコ, 肉の串焼き - Pixabayの無料画像 - 1440105 (55938)

豊洲にあるTHE THIRD PARKは、手ぶらでも本格バーベキューができる都市型アウトドアパーク。アメリカンスタイルのバーベキューでお肉を味わったあとは、手持ち花火で贅沢な一日の締めくくりを。ライトアップされた東京タワーやスカイツリーも楽しめます。

【営業時間】
午前11:00~午後10:00の間で数時間ごとの入替制
※要事前予約

【定休日】
なし(冬季メンテナンス期間あり)

【入場料】
平日1人(中学生以上)3,500円(器材レンタル料込、食材なし)
※土・日は食材つきのプランのみ

【所在地】
THE THIRD PARK
東京都江東区豊洲6-1-23

【アクセス】
・ゆりかもめ新豊洲駅 徒歩2分
・東京メトロ有楽町線豊洲駅 徒歩13分

・駐車場
近隣の有料駐車場を利用
※プランによっては2台までサイト内への乗り入れが可能

情緒豊かな花火なら「荒川下流河川敷」

河川敷|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (54104)

荒川下流の河川敷は、公式に花火が許可されているスポットです。川にかかる鉄橋やスカイツリーを眺めながら、花火を楽しむことができるのが魅力です。

場所についての制約は特にありませんが、枯草や燃えやすいものがある場所、堤防と高水敷の間にある緊急用河川敷道路、橋梁下などは避けるようにしましょう。
また、河川敷にある公園・広場などは、その場所を管理している市・区役所の許可が必要となる場合があるため、注意してください。

【所在地】
荒川下流河川敷
東京都北区志茂5-41-1(荒川下流河川事務所)

都内でアウトドア!「アメリカキャンプ村」

無料の写真: バーベキュー, パーティーをグリルします, 炭, 残り火, 食べる - Pixabayの無料画像 - 2334934 (54113)

家族や仲間ととことん盛り上がるなら、奥多摩にあるアメリカキャンプ村がおすすめ。ログハウスやツリーハウスがあるので、キャンプ初心者でも安心です。

昼間は約60分かけて回る大規模アスレチックや、魚のつかみ取りができる釣り堀でたっぷりと遊べます。夜は中央広場で手持ち花火をして盛り上がりましょう。

【営業時間】
デイキャンプ 午前10:00~午後4:00
宿泊 午後3:00~翌午前10:00

【休業日】
水曜日・木曜日(7、8月、祝日は除く)

【入場料】
デイキャンプ 大人1,200円 子ども(3歳~小学生)600円
※バーベキュー代やアスレチック代、宿泊費などは別途

【所在地】
アメリカキャンプ村
東京都西多摩郡奥多摩町海沢230

【アクセス】
・JR青梅線奥多摩駅 徒歩30分
・中央自動車道八王子ICから約60分

・駐車場
1,000円

アクセス抜群、横浜市金沢区の「海の公園」

由比ガ浜 夕日|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (54116)

東京都の海浜公園では花火が禁止されていますが、横浜市金沢区にある海の公園では手持ち花火をすることができます。駅や高速道路の出口から近く、アクセス抜群。広い駐車場もあり、昼間はバーベキューも楽しめます。

また、八景島シーパラダイスも近いので、水族館や遊園地で遊んでから、花火で締めくくるのもロマンチックですね。

【開園時間】
24時間自由
※駐車場は午前4:00~午後10:00

【入園料】
無料

【所在地】
海の公園
神奈川県横浜市金沢区海の公園

【アクセス】
・金沢シーサイドライン海の公園南口駅、海の公園柴口駅、八景島駅すぐ
・横浜横須賀道路並木ICから約2.5km
・首都高速道路湾岸線幸浦ICから約2.5km

・駐車場
1時間300円、12時間まで最大1,550円

ルールとマナーを守って楽しもう!

手持ち花火OKのスポットは、身近に意外とたくさんあります。時間や場所など、施設によってルールが決められていることが多いので、事前に公式サイトなどで確認しておきましょう。

また、近隣住民の迷惑にならないよう、騒音や風向きには十分注意してください。火の始末をきちんとするためにバケツと水を用意すること、ゴミはすべて持ち帰ることも忘れずに。

ルールとマナーを守って、素敵な夏の思い出を作ってくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

花火を子どもと楽しむ際の注意点|使用期限・保管方法は?

花火を子どもと楽しむ際の注意点|使用期限・保管方法は?

家族で楽しめるおもちゃ花火。子どもと一緒に花火で遊ぶ際は、細心の注意が必要です。よくある「湿気による花火の変質」は、正しく保管することで防げます。「何歳か...
今年も夏がやってきた!花火大会について知ろう!

今年も夏がやってきた!花火大会について知ろう!

今年もいよいよ花火大会の季節がやってきました。全国各地でさまざまな花火大会が開催され、夜空に咲く大輪の花は私たちの心を魅了します。ところで花火大会はなぜ夏...
花火大会に行くならこれがオススメ!【服装編】

花火大会に行くならこれがオススメ!【服装編】

今年も暑い夏がやってきました。夏に開催されるお楽しみイベントと言え花火大会ですね!夏の夜を鮮やかに彩る、この季節の風物詩。花火大会をお子さまと一緒に楽しむ...
「たまやー!」「かぎやー!」花火の掛け声の由来

「たまやー!」「かぎやー!」花火の掛け声の由来

「たまやー!」「かぎやー!」とは、夏の夜に咲く花火を称賛する掛け声ですが、その意味をご存知ですか?なんとなく掛け声を言いながら花火を観ている方も多いのでは...
子連れに最適!関東の駐車場のある花火大会4選

子連れに最適!関東の駐車場のある花火大会4選

この夏に、ご家族で花火大会へのお出かけを計画されている方もいることでしょう。そこで今回は小さなお子さまと行きやすい、「駐車場のある花火大会」を4カ所、選り...

KEYWORDS

WRITER

isshi isshi  知りたいことは徹底リサーチ!情報を味方につけるバイリンガルライターです。小学生男子2人のママとして毎日まい進中!