2017年12月22日 公開

【0歳~向け】子どもとのコミュニケーションが楽しい絵本

子どもの興味とかわいいリアクションをどんどん引き出してくれるから、大人も一緒に楽しくなれる絵本たち。聞いているだけじゃなく、絵本をなでたり、叩いたり、という動作まで楽しめるインタラクティブな絵本も含めてご紹介します!

子ども自身が参加してくれるから、読み聞かせが楽しい

Mica81 / Shutterstock
子どもが小さいうちは特に、「読み聞かせが苦手」というパパママもいます。
子どもの反応がわかりにくかったり、なかなか興味を持ってくれなかったりして、「これでいいのかな?」と思うこともありますよね。
そんなとき、おすすめしたいのが、子ども自身が積極的に参加してくれる、かわいくて楽しい絵本たち。

2歳になりたての絵本大好きな長女が、「もう一回!」と何度も読みたがり、私自身も楽しめた絵本を集めました。

赤ちゃんの目と脳をはぐくむ!Sassyシリーズ

画像提供:KADOKAWA
タイトル:Sassyのあかちゃんえほん にこにこ
著者:監修/Sassy/DADWAY  文・絵・デザイン/La ZOO
出版社:KADOKAWA

ポップなデザインが世界中の子どもたちに人気のおもちゃブランド、Sassy。

Sassyの絵本シリーズには、子どもたちがひと目で大好きになる、おもちゃでもおなじみのキャラクターがたくさん登場します。

『にこにこ』では、赤ちゃんの大好きな丸い顔のキャラクターが、おもちゃや虫、魚などのカラフルな世界に遊びに行きます。

絵本に登場する「人の顔」「水玉」「しま模様」は、赤ちゃんの好奇心をぎゅっとつかむのだとか。

現代乳児心理学の成果を詰め込んだ絵本というだけあって、子どもも「あれれ~(今度はこんなところに?)」と「顔」を指さしたり、ぱっとシーンが変わるたびに「あはは」と反応したり。
そんな子どもの反応を見ていても楽しいですし、色彩豊かなイラストが大人の感性も刺激するのか、読んでいるほうも明るい気分になってきます。

画像提供:KADOKAWA
タイトル:Sassyのあかちゃんえほん がおー!
著者:監修/Sassy/DADWAY  文・絵・デザイン/La ZOO
出版社:KADOKAWA

画像提供:KADOKAWA
タイトル:Sassyのあかちゃんえほん ちゃぷちゃぷ
著者:監修/Sassy/DADWAY  文・絵・デザイン/La ZOO
出版社:KADOKAWA
『にこにこ』のほか、同じシリーズでいろんな動物たちが出てくる『がおー!』や、水が大好きないきものたちを集めた『ちゃぷちゃぷ』もおすすめ。

低月齢の赤ちゃんと読む場合は、目の正面20~30cmのところで見せると、焦点が合いやすいので効果的なのだそうです。

言葉のリズムと動きを楽しむ!『たまごがあるよ』

タイトル:たまごがあるよ
著者:作/風木 一人  絵/たかしま てつを
出版社:KADOKAWA

「たまご たまご、たまごが あるよ。とんとんって たたいてみて。」
リズミカルな文章で始まるこの作品は、絵本の中に出てくるたまごを、実際に子どもにトントン叩いてもらいます。
すると、次のページで「ぴよっ」と、かわいい鳥が生まれてくるわけですが、大きなたまごや小さなたまご、カラフルなたまごなど、いろんなたまごがテンポよく登場。
子どもも、たまごを叩いたり、なでたりしたりしながら、それによって生まれてきた鳥さんを見て「きゃっ、きゃっ」と、うれしそう。

たかしまてつをさんのシンプルでユーモアのあるイラストも、小さな子どもにはぴったり。楽しいとともに、たまごから鳥が生まれることや、やさしくなでる動作も学べます。

タイトル:とりがいるよ
著者:作/風木 一人  絵/たかしま てつを
出版社:KADOKAWA

同じ作者・イラストレーターの作品がこちら。
鳥さんがたくさん並んでいたり、その中に一羽、赤い鳥が混じっていたりという、とてもシンプルな展開なのですが、だからこそ子どもの意識を惹きやすいよう。

我が家の長女は、ページをめくるたびに「あっ」と声を出して、「いっぱい!」「赤いね~」など、自分の言葉でいろいろと私に教えてくれます。色や形、大きさなどを改めて学べるのもポイントです。

クイズ形式で楽しい!『わたしは だあれ?』

タイトル:わたしは だあれ?
著者:文/まつもと さとみ 絵/わたなべ さとこ 構成/うしろ よしあき
出版社:KADOKAWA

フェルト人形のようなやさしいイラストが印象的なこの絵本では、あひる、うさぎ、パンダ、ぞうが「わたしは だあれ?」遊びをします。
「だあれ?」というたびに、「んー、ぞうさん!」などと子どもが答えてくれるので、一緒に楽しむことができます。
正解すると、動物さんが「あったり~!」と答えてくれるのもかわいい!

うちではこの本を読んだ後、子どもが私に「だあれ?」をしてくれるようになりました。

遊びながら楽しく左右の感覚が身につく『ひだりみぎ』

タイトル:ひだりみぎ
著者:作・絵/新井 洋行
出版社:KADOKAWA
うちの子どもたちが大好きな、絵本作家の新井洋行さんの本。
最初に手のイラストを描いた本の上に左手と右手をのせて、左手でいちごをつまんで食べたり、右手で太鼓を叩いたり、いろんな動きをしていきます。

最初はちょっと「?」だった長女も、繰り返すうちに左手と右手の違いがわかったようで、「(右手は)こっち!」と得意そうにやってくれるように。
右手でほっぺたをぷにぷに…というページも出てくるので、絵本を読んでいないときでも子どもに右手で~と言いながらやってみたりしています。

人の笑っている顔が、とってもやさしくてあたたかいのが新井さんの絵の素敵なところです。

でっかく飛び出すから盛り上がる!『いっせーのばあ』

タイトル:あけてびっくり しかけえほん いっせーの ばあ
著者:作・絵/新井 洋行
出版社:KADOKAWA

photo by KADOKAWA

photo by KADOKAWA

photo by KADOKAWA
こちらも新井洋行さんの絵本。
ページが上部に開けるようになっていて、「いっせーのばあ!」の声とともにページを開くと、楽しい生き物やおもちゃがでっかく飛び出します。
イラストも画面いっぱいで大きく迫力があるので、子どももびっくりするようす。
内容もチンアナゴやアイス、くじらなど、いろんなものが出てくるので楽しいです。

長女は待ちきれない!というように、「ばあ!」と言いながら自分でページを開いていました。

子どもを本好きにしたいなら、大人も本を楽しもう!

「子どもを本好きにしたいのだけど、なかなかうまくいかなくて…」というとき。もしかしたら、絵本選びが子どもに合っていなかったのかもしれません。
何より、子どもを本好きにするには、まず大人が楽しめていることが大切なのかも。今回、おすすめした作品で、ぜひ親子一緒に絵本を楽しんでみてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

フランス発!乳幼児のお世話に欠かせない「ジゴトゥーズ」の魅力

フランス発!乳幼児のお世話に欠かせない「ジゴトゥーズ」の魅力

子どもの寝相ってすごいですよね。コロコロ転がるし、布団をかけても蹴とばすし、親が注意していても、結局何も羽織らず寝ていることも……。今回は、子どもが寝てい...
0歳児が「本当に喜ぶ!」赤ちゃん絵本。出産祝いにも!

0歳児が「本当に喜ぶ!」赤ちゃん絵本。出産祝いにも!

0歳の赤ちゃんへの読み聞かせに、どんな絵本を選べばいいのか悩んでいるパパママへ…子育て経験の中で0歳児が本当に喜んだおすすめの赤ちゃん絵本をご紹介します。...
ケガをしないために「転びにくい子」に育てよう!

ケガをしないために「転びにくい子」に育てよう!

「転んでケガをしたらどうしよう!」「安全な転び方ってあるの?」なんて考えたこと一度はありませんか?大人と比べて体に対する頭の比率が大きいため、子どもはどう...
意外な出逢いも楽しいおすすめ新刊絵本4選(2018年7~9月発刊)

意外な出逢いも楽しいおすすめ新刊絵本4選(2018年7~9月発刊)

ママ絵本作家のほんえすんです。今回は2018年7~9月に発刊された新刊絵本の中から、「こんな絵本が!?」という驚きいっぱいの絵本を4冊選びました。どれも子...
【1歳・2歳・3歳向け】おすすめの知育ブロックおもちゃは?

【1歳・2歳・3歳向け】おすすめの知育ブロックおもちゃは?

知育ブロックは、指先を使い集中力と創造力を育むおもちゃです。この記事では1~3歳向け知育ブロックのなかでもおすすめの6選を紹介します。我が子におうち知育と...

WRITER

suna suna  ライター/エディター。東京で出版社に勤務後、フリーランスに。結婚を機に広島県に移住し、男女男の3人育児と仕事との両立に奮闘中。子育て、旅、グルメ、住宅、動物など幅広いジャンルで編集・執筆を担当。イギリス、アイルランド等に留学経験あり。