2016年9月7日 公開

子どものボタンかけ練習「ひとりでボタンできたよ!」

パパママは何気なくしているボタンかけ。最近きちんとボタンかけができるお子さまが減っているのをご存知ですか?毎日忙しいと、どうしてもさっと着ることができる服を選びがちですよね。でもボタンをはめるの動作は、指先も鍛えられますし、しっかりと身につけてほしい生活習慣。おうちで楽しく練習できる方法をご紹介します。

何歳くらいがはじめどき?ボタンかけ練習に最適な年齢は?

via photo by Yuka Arioka
ボタンかけの練習に最適な年齢は2歳前後といわれています。2歳前後になると、指先を使ってつまむなどの細かな動作をしたい!と感じはじめる子が多いからです。

パパママが着替えなどをしているときにじーっと見たり、ボタンを指差して「これなあに?」と興味を持ちはじめた時がチャンスです。

「ボタンをかけているんだよ、やってみる?」と聞いてみましょう。「やりたい!」と自分から言いだしたら理想的ですね。

もちろん、2歳になったからといって必ず練習しなくてはいけないわけではありません。ひとりひとり成長するスピードが違うように、ボタンに興味を持ちはじめる時期も異なります。

無理矢理練習させるのではなく、お子さまの「やりたい!」という気持ちを大切にしてあげる必要があります。

ゆっくりでも大丈夫!おおらかな気持ちで練習しよう

via photo by Yuka Arioka
お子さまがボタンかけの練習をしたいと思ったら、まずパパママがボタンをかけたりはずしたりしてお手本を見せてあげましょう。

次に、二人羽織のように後ろからパパママがお子さまの洋服のボタンをゆっくりとかけてあげます。最初はパパママが穴にボタンを通してあげて、通ったボタンをお子さまにつまんでひっぱってもらいます。

できたら「やったね!すごいね!」と褒めてあげるのを忘れないでください。お子さまは「できた!」という達成感と褒められたことによる自信で、「もっと上手になりたい!もっと練習したい!」という向上心が生まれます。

つまんでひっぱることができるようになったら、穴を広げてボタンを通す練習をします。最初は上手にできなくてイライラしたりかんしゃくを起こしたりするかもしれません。そんなときでもパパママは決して叱らずに「がんばっているね。ちょっと休憩しようか。次はきっとできるよ」とお子さまの気持ちを汲み取って気分転換などをしてあげましょう。

上手にボタンかけができるようになっても、あべこべになったりひとつずれていたりすることもあります。

こういう場合も叱らずにお子さまが気付くまで待ってあげて大丈夫です。お子さま自身が「あれ?なんか変だな」と思ったらアドバイスしてあげましょう。そうしているうちに少しずつできるようになっていきます。

また、指先を使う練習にはシール貼りも効果的です。ボタン掛け練習の前にシール貼りブックなどで手先をよく使う練習をしておくのもいいかもしれませんね。

via photo by Yuka Arioka

フェルトでカンタン!手作りボタンかけ練習おもちゃ

via photo by Yuka Arioka
ボタンかけのおもちゃは手軽に作ることができます。100円ショップで購入できる材料や家にあるものでOKです。

【材料】
フェルトシート
ボタン
【道具】
針と糸、ハサミ

お子さまが通しやすいようにボタンは大きめのものを選びましょう。

【作り方】
1:お子さまの好きな形にフェルトシートを切ります。
2:片方にはボタンを縫いつけて、片方にはボタンホールをハサミで開けます。

手芸は少し苦手……。というパパママは細長く切るだけでも大丈夫ですし、すでにかわいい形に切ってあるフェルトを利用してもいいですね。周囲をバイアステープでくるむだけでも可愛くなります。

つなげて遊んだり、ブレスレットのようにしたり、友達と競争したり……。

家にある不要な服(ワイシャツや小さくなった服など)のボタンとボタンホール部分を切り抜いてもできそうですね。

via photo by Yuka Arioka

ボタンをとめる練習 手作りフェルト教材「電車」

商品名:ハッピークローバー ボタンをとめる練習 手作りフェルト教材【電車】 日本製 fe-train-button
販売元:ハッピクローバー

このおもちゃは、まるで絵本から飛び出してきたかのようなカラフルな電車をボタンでつなげて、遊びながらボタンかけの練習をすることができます。

白くて大きめのボタンは分かりやすく、ボタンと穴の部分が少し細長くなっているため小さいお子さまでもつまみやすいのが魅力です。横に長くつなげたり、丸くつなげたり思い思いに遊ぶことができますね。

楽しくボタンかけを身につけよう

via photo by Yuka Arioka
ボタンかけは私たちが生活する上でさまざまな場面に登場する動作です。無理に練習するのではなく、お子さまもパパママも一緒に楽しく練習できる工夫をしてあげたいものです。そして「もうひとりでもお着替えできるよ!」とお子さまと一緒に喜びを分かち合ってくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

今必要な知育玩具の作り方がよくわかる!おすすめの作り方本5冊

今必要な知育玩具の作り方がよくわかる!おすすめの作り方本5冊

おうちで手作りできる知育玩具やおもちゃのアイディアを知りたい人のために、おすすめの作り方本をピックアップしました。お子さまと一緒にどれを作ろうか相談したり...
紙コップで工作しよう!お人形、けん玉、糸電話などおすすめ11選

紙コップで工作しよう!お人形、けん玉、糸電話などおすすめ11選

紙コップは、手に入りやすくアレンジしやすい材料なので、手作りおもちゃを作るのに、最適です。今回は、30分足らずで制作できる、幼児向けのおすすめ紙コップ工作...
おうちでモンテッソーリ!あけ移しのお仕事をしよう

おうちでモンテッソーリ!あけ移しのお仕事をしよう

モンテッソーリ教育には5つの教育分野がありますが、その中の1つ「日常生活の練習」 には、「あけ移し」のお仕事があります。このお仕事をすることは、鉛筆やお箸...
ティッシュの空き箱で作るパックンアニマル【小山一馬の簡単廃材工作】

ティッシュの空き箱で作るパックンアニマル【小山一馬の簡単廃材工作】

ティッシュペーパーの箱は畳んで捨てていると思いますが、ちょっと待って!切込みを入れて半分に折ってみると……あれ?何か大きな口に見えませんか?!
おうちで簡単イースター工作!「イースターエッグスティック」

おうちで簡単イースター工作!「イースターエッグスティック」

日本でもすっかりおなじみのイースター。本場ではたまごの殻にカラフルなペイントをしてイースターエッグを作りますが、今回紹介するのは牛乳パックとストローで作る...

WRITER

でこぽん でこぽん  元気ありあまる女の子2人のママです。3世代仲良く暮らしています。