2019年11月5日 公開

SAT(エスエーティー)とは?アメリカ留学・大学受験には必要?試験内容や日程は?

アメリカで広く大学受験に使用されている共通テスト「SAT(エスエーティー)」。アメリカへの留学や、アメリカの大学に進学したいと考えているなら、早めの対策が必要です。SATの内容や試験内容、出願方法などを解説します。

SAT(エスエーティー)とは?

lakshmiprasada S / Shutterstock.com

最初に、SATの概要について説明します。

Scholastic Assessment Testの略

SATは、Scholastic Assessment Testを略したもので、アメリカの大学進学を希望する人を対象とした共通試験です。

アメリカ版のセンター試験ともいえるかもしれません。

海外からの留学生向けの試験ではなく、アメリカで教育を受けた高校生を対象にした試験なので、内容はTOEFLよりも難しいといわれています。

ACT(American College Test)との違いは?

SATとよく比較されるテストに、ACTがあります。

ACTはAmerican College Testの略で、SATと同じく海外からの留学生やアメリカの高校生が、大学入試時に受検するテストです。

SATとACTの違いですが、SATは深い分析力を問われる問題が出されやすく、ACTは幅広い知識を必要とされる問題が多く出題されるといわれています。

SATのスコアで進学先の大学が決まる

zimmytws / Shutterstock.com

SATのスコアは、アメリカの大学の受験合否に考慮される要素の1つです。

合格基準は大学によって異なりますが、一流と呼ばれる大学に入るためには満点に近い点数が必要ともいわれています。

SATは2種類

SATには、次の2種類のテストがあります。
SAT Reasoning Test(旧SATI)
「SAT」といえば、一般的にはこちらのSAT Reasoning Testのことを指します。英語の読み書き、数学、エッセイが主な試験科目です。
SAT Subject Test(旧SATII)
SAT Subject Testは科目別テストで、英語、歴史、数学、科学、語学などから任意で科目を選んで試験を受けられます。

一般的にSAT Subject Testsは、大学側が指定している科目を受けて、自分のスコアを提出したい場合などに利用します。

SATの試験内容・テスト形式は?

zimmytws / Shutterstock.com

続いて、SATの試験内容・テスト形式について解説します。

SAT Reasoning Test

SAT Reasoning Testは、2つのセクションと任意のエッセイで構成されています。

1. Evidence-Based Reading and Writing

・ Reading Test(読解):65分
・ Writing and Language Test(ライティング):35分

2. Mathematics(数学)

・ 計算機不可:25分
・ 計算機可:55分

・ Essay (エッセイ):50分 ※オプション(任意)

テスト時間は合計で3時間(任意のエッセイを書く場合は+50分)。

問題数は全154問(エッセイを入れると155問)です。エッセイ以外は選択問題の選択肢を塗りつぶす、マークシート方式で解答します。

各セクションの得点(scores)は200点~800点で、合計得点は1,600点満点です。

エッセイの採点は、文章の読解力、分析力、作文力という3つの観点で2点~8点の評価がつけられ、合計で6点~24点となります。

以前は、
1. Critical Reading(読解)

2. Writing(ライティング)

3. Mathematics(数学)

という3つのセクションで構成されていて、Essay(エッセイ)はWriting Sectionの一部だったのですが、2016年の改訂により、上記のような形式に変更されました。

SAT Subject Test

SAT Subject Testには英語(English)、科学(science)、歴史(history)などの5分野・20科目のテストがあり、1科目から最大3科目まで一度に受検できます。

テスト時間は各科目とも1時間で、マークシート方式です。

SATの受検料

smolaw / Shutterstock.com

SATの受検料についてみていきましょう。

アメリカ国外で受検をする場合は、地域別の追加料金が発生する点に注意が必要です。

SAT Reasoning Testの受検料

SAT Reasoning Testの受検料は次のとおりです。

・ エッセイなし:49.50米ドル+地域別の追加料金(日本は53米ドル)

・ エッセイ付き:64.50米ドル+地域別の追加料金(日本は53米ドル)

SAT Subject Testsの受検料

SAT Subject Testsの受検料は次のとおりです。

・ 登録料:26米ドル

・ 各科目テストの受検料(リスニングをともなう言語テストを除く):1科目あたり22米ドル

・ リスニングをともなう言語テストの受検料:26米ドル

・ 地域別の追加料金:日本は53米ドル

アメリカ以外の国におけるSATのテスト日程は?

TONzz / Shutterstock.com

アメリカ国外で行われるSATの国際試験は、基本的に下記の月に実施されています。

・ SAT Reasoning Test : 10月・12月・3月・5月

・ SAT Subject Tests : 10月・11月・12月・5月・6月

詳細な受検日と申し込み締め切りについては、College Boardを確認してください。

SATの申し込み方法

miya227 / Shutterstock.com

日本でSATを受検する場合は、College Boardよりオンラインで申し込めます。

申し込みには、College Board Accountの作成と、受検料支払いのためのクレジットカードが必要です。

なお、小切手または郵便為替による支払いを希望する場合や、受検者が13歳未満の場合などは郵送での申し込みとなります。

また、再受検者となる方は電話でも申し込みができます。

SATを受検するならしっかりとした準備が必要!

milatas / Shutterstock.com

SATはアメリカの大学への進学のみならず、東京大学や慶應義塾大学、上智大学など日本の難関大学でもスコアを送付して入試に活用できます。

いずれの国であっても、一流の大学になるほどSATも高得点が要求されることは変わりません。

SATで好成績をおさめるためには、時事的な単語も含めた語彙力、長文の読解力、正しい文法力など幅広い知識が必要なため、十分な勉強時間を確保しなければなりません。

SATの受検を検討している場合は、早めに対策を行うようにしたいですね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

IELTS(アイエルツ)は世界に通用する英語検定!受験するメリットとテスト内容は?

IELTS(アイエルツ)は世界に通用する英語検定!受験するメリットとテスト内容は?

英語スキルを測定するテストの1つ「IELTS(アイエルツ)」。海外留学や移住の際の資格として、また大学入試を有利にする民間資格としても、今注目を集めていま...
【2019年版】マレーシア親子留学はメリットがたくさん!

【2019年版】マレーシア親子留学はメリットがたくさん!

日本人の「住みたい国No.1」にも選ばれているマレーシアは、グローバル教育先進国であり、親子留学の留学先としても注目が高まっています。治安の良さや医療水準...
親子留学、費用はどのくらいかかる?人気の国別、相場を徹底調査!

親子留学、費用はどのくらいかかる?人気の国別、相場を徹底調査!

親子留学を考える上で、一番気になるのがその費用。何に、いくらかかり、留学先の国によってどのくらい違うのでしょうか?欧米から南半球のオーストラリア、フィリピ...
セブ島が親子留学におすすめの理由とは?料金、人気校も紹介!

セブ島が親子留学におすすめの理由とは?料金、人気校も紹介!

留学費用が抑えられるだけでなく、治安も比較的よく、マンツーマンの質のいいレッスンが受けられると人気のセブ島親子留学。フレンドリーなフィリピン人講師のもと、...
セブ島に1カ月親子留学!3歳でサマーキャンプに参加【体験談】

セブ島に1カ月親子留学!3歳でサマーキャンプに参加【体験談】

子どもにもっと広い世界を見せたい、英語力を身につける機会を得たい、などの理由で短期留学を考える方は多いのではないでしょうか?フィリピン・セブ島へ2年連続、...

KEYWORDS

WRITER

青海 光 青海 光  都内在住、二児の母。大学卒業後、子育てをしながらIT企業でフ ルタイム勤務をしていましたが、夫の海外赴任に伴い退職。カオスなインドで3年ほど暮らしました。帰国後はライターとして 、育児やライフスタイルに関する記事を中心に執筆しています。楽しく・読みやすく・有益な情報をお届けします!