2018年10月28日 公開

子どものゲレンデデビューはスキーorスノボ?始められる年齢は?

子どものゲレンデデビュー、できることならめいっぱい楽しんで欲しいもの。スキーとスノボでは、どちらが始めやすいのでしょうか?最近はスノボ人口が増えていますが、王道のスキーも捨てがたいですね。スキーとスノボ、それぞれを始められる年齢の目安についてもご紹介します。

子どものゲレンデデビューにはスキーがおすすめ

年齢に関わらず、初めての挑戦でもその日のうちに、ある程度の成果が見えるようになるのはスキーです。立つことさえ難しいスノボに比べ、両足それぞれに板を履くスキーは、滑るときでもバランスをとりやすいでしょう。

またスノボは方向転換に脚力を使うため、年齢によっては難しく感じられます。ウィンタースポーツを抵抗感なく楽しくスタートするには、スキーから始めるのがベターです。

スキーは4歳頃から挑戦できる

スキーは4歳頃、早ければ3歳頃から挑戦することができます。スキー用のブーツは一番小さいサイズが15cmなので、足のサイズも参考にしましょう。

初心者は足を八の字にする「ボーゲン」で滑りますが、開く感覚やスピードに慣れない子どもは「ボーゲンヘルパー」の使用がおすすめです。ボーゲンヘルパーは板の先端をつなぐアイテム。板が重なったり開きすぎたりすることがなく、スムーズに練習を進められます。

小学生になったらスノボも楽しもう

運動神経や脚力がつく6歳位から、スノーボードにも挑戦してみましょう。このとき、ある程度スキーで雪を滑る感覚が身についていると、スノボの上達も早くなります。

大人でも転びやすいスノボは、大きな怪我を防ぐためにもまず最初に転び方を教えてあげること。手首で体を支えようとせず、しりもちをつくように倒れることが大切です。

片足でのスケーティングからスタートし、徐々にボードに両足で立つ感覚になれさせます。腕に自信があるパパが教えるときなどは、コーチベルトを使いサポートしてあげてもいいでしょう。

ゲレンデデビューはスキー教室があるゲレンデで

ゲレンデデビューには、キッズのスキー教室が開催されているゲレンデがおすすめです。レッスン料はかかりますが、2時間~半日でスキーの基礎をしっかり教えてもらえます。

なかには家族みんなで楽しめる、ファミリーレッスンを受け付けているゲレンデも。午前中はレッスンを受け、午後はリフトに乗って家族でウィンタースポーツを楽しむなんてこともできそうですね。

ファミリー向けのゲレンデで子どもと冬の思い出を

子どものウィンタースポーツデビューには、スキーがおすすめです。体の成長や運動神経の発達を見つつ、スノボへ転向していきましょう。

また、ファミリー向けのサービスが充実したゲレンデを利用するのも楽しそう。小学生までリフト無料、傾斜が緩いファミリーゲレンデ、キャラクターとのコラボなど、家族みんなに嬉しいサービスが用意されています。もちろんどのゲレンデを利用するにしても、お子さまの姿はつねに見守っていてあげてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

パパママも一緒に遊べる「#我が家のブリオ」おしゃれなおもちゃ集

パパママも一緒に遊べる「#我が家のブリオ」おしゃれなおもちゃ集

スウェーデン生まれの「BRIO(ブリオ)」。シンプルで洗練されたデザインや木のぬくもりと優しさが魅力のおもちゃブランドです。インスタの「#我が家のブリオ」...
イマドキおもちゃはこんなにおしゃれ!インスタ「#我が家のブリオ」に注目!

イマドキおもちゃはこんなにおしゃれ!インスタ「#我が家のブリオ」に注目!

最近では子どものおもちゃとはいえ、おしゃれなものがたくさんあります。ヨーロッパブランドのおもちゃはその代表格。中でもスウェーデン生まれのBRIO(ブリオ)...
「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

大人気おもちゃブランドBRIO(ブリオ)の「2019年イヤートレイン」プレゼントキャンペーンを開催します!参加方法は簡単。おうちにあるブリオのおもちゃを写...
子ども自ら歯磨き宣言!歯磨き嫌いの4歳が「シャカシャカぶらしキット」を体験

子ども自ら歯磨き宣言!歯磨き嫌いの4歳が「シャカシャカぶらしキット」を体験

歯磨きが苦手なお子さま、そして毎日子どもの歯磨きに苦労しているパパママはたくさんいるのではないでしょうか?悩みのタネの歯磨きタイムが楽しくなるスマート歯ブ...
子どもにもわかる「LとRの聞き分け方」発音のコツは?

子どもにもわかる「LとRの聞き分け方」発音のコツは?

日本人が苦手とする英語のLとRの聞き分け。LとRがつく単語は使用頻度も高く、できれば苦手意識を克服したいものです。聞くのも話すのも難しいこれらの発音ですが...

WRITER

mokomoko mokomoko  九州出身、群馬県在住の小学生のミックスツインズママです。好きなものは書くこと、読むこと、食べること。今は子育てで蒔いた種を子どもがどんな風に咲かせるのか楽しみな毎日です。