2019年12月3日 公開

[Chiik読プレ]組み立てて動かせるロボットプログラミング玩具「embot(エムボット)」

2020年の小学校プログラミング教育必修化に向け、各社からさまざまなプログラミング玩具が発売されていますが、今回ご紹介するのは、ロボットを組み立てて動かすタイプのプログラミング玩具「embot(エムボット)」。楽しみながら実践的なプログラミングが学べ、カスタマイズ性、手頃な価格も嬉しいポイント。記事の最後に読者プレゼント情報もありますのでぜひご覧ください。※読者プレゼントのご応募は2019年12月17日をもって締め切らせていただきました。たくさんのご応募ありがとうございました。

手軽な素材で簡単に組み立て!実践的プログラミングを学べる


「embot(エムボット)」は、〝作って〟〝動かして〟楽しめる、子どものためのロボットプログラミングスターターキットです。キットの中には、組み立て用のダンボールと機器がセットになっており、すぐに始めることができます(操作用にお手持ちのタブレットかスマートフォンと、単4形アルカリ乾電池4本[別売]をご用意ください)。ダンボール素材なので簡単に組み立てることができ、色を塗ったりシールを貼ったりカスタマイズは自由。自分だけのオリジナルロボット作りが楽しめます。

さっそくプログラミングをはじめてみよう!


ロボットを組み立てたらさっそく動かしてみましょう。タブレットかスマートフォン「embot」のアプリをインストールしていよいよプログラミング、スタート。

プログラミングと聞くと、複雑なコードの記述が必要なイメージですが、「embot」には専門的な知識や技術は必要ありません。画面上のマークを操作して、ロボットにさせたい動きを設定し、線でつないで一連の動きをプログラミングしていきます。自分の指示通りにロボットが実際に動く様子には思わず感動! 直感的ながらも、実践的なプログラミングの基礎をしっかり身につけることができます。
「embot」の対象年齢は8歳以上。視覚的なアイコンで操作するため、アルファベットが読めなくても直感的に操作が可能。難易度ごとにレベルが分かれているので、小学校低学年から大人まで楽しめます。電気回路やアルファベットを習い始める小学3年生以上だとより理解が深まり楽しみが広がるでしょう。

「embot」4つのおすすめのポイント

ポイント1. 組み立てが簡単

ロボット本体はダンボール製。シート状で届くので、ペーパークラフトを作る要領で、安全・簡単に組み立てることができます。動力部分も、子どもにもわかりやすく作られており、配線もシンプル。小さなお子様でも自分で組み立てる楽しさを味わえます。

ポイント2. 直感的な操作

子ども向けに開発されたビジュアルプログラミング言語を使って、アプリの操作で直感的にプログラミングできます。思い通りに動かすにはどういう指示を出せばいいか、論理的に考える力や、試行錯誤を繰り返すことで問題解決能力が身につきます。

ポイント3. カスタマイズ可能

ダンボール製なので自由にカスタマイズが楽しめます。キットの中の物だけでも、腕が動く向きを変えたり、耳の形を変えたりすることが可能です。また、キット以外の物を使えば、シールを貼ったり色を塗ったり、牛乳パックやペットボトルなど家にある材料でデコレーションすることも。複数台のembotを同時に操作して、複雑な動きのロボットを作ることもできます。

ポイント4. 手頃な価格も魅力

ほかのプログラミング教材に比べて「embot」は1万円以下手頃な価格なのも魅力。とはいえロボットを組み立てて実際に動かすことができるという本格的派。プレゼントにもおすすめです。

[e-Craftシリーズ embot] 同梱内容:本体用ダンボール(3)、embotコア(1)、ブザー(1)、LEDライト(2)、サーボモーター(2)、モーター用パーツ(一式)、説明書(1) ・専用アプリをダウンロードしていただき、アプリからプログラミングを行うことで、embotを動かせます。 ・アプリ対応OS: Android5.0以上、iOS10以上、Windows10 ・タブレットでの操作を推奨(タブレットは別売りです。)

親子でプログラミングを楽しもう!

今回は、お手頃価格で始められるロボットプログラミングキットをご紹介しました。子どもだけでなくプログラミングははじめてというパパママも一緒に楽しめます。楽しみながらプログラミング的思考が身につくロボット型おもちゃ「embot」を通じて、ぜひ親子でプログラミングの世界を楽しんでみてくださいね!

【PV】プログラミング教育用ロボット「embot」

専門家のコメント

子どもたちには単純にプログラミングのコードを書いて楽しむのではなく、 ”embotを次はどう動かそうか”というembotとのコミュニケーションを楽しみながら、プログラミングを学んでほしいです。 今の子供たちが将来のコミュニケーションを作ってくれます。
− 栄藤 稔 大阪大学(Osaka University)教授 みらい翻訳 CEO
子どもたちに必要なのは、私が電子工作を通じて得られた「楽しさ」と「発展性」だと思います。 embotはダンボールという身近で拡張性がある素材を利用することで楽しさを、そして習得レベルが上がるに応じて本格的なプログラミングも可能となる発展性を実現しています。
− 及川 卓也 技術アドバイザー(フリーランスコンサルタント)
 元グーグル株式会社エンジニアリングマネージャー
 元マイクロソフト日本法人グループマネージャー
ものづくりの本質を体験できると思います。 思い描いたものがその通り動いた時の感動を得られるかどうか・好きになれるかが、その後続くカギになると思います。 embotではその感動が得られるファーストステップとして良いと思います。
− 村上 臣 LinkedIn 日本代表
embotはプログラムの枠を超えた楽しみ方ができる良さがあり、初めて手にしたときに「楽しい!」と興味を持てるプログラミング教材になっています。
− 増井 雄一郎 株式会社トレタ CTO

キャンペーン概要

応募フォームからご応募いただくと、抽選で5名様にキッズプログラマーズスターターキット!「embot(エムボット)」をプレゼントします。

※読者プレゼントのご応募は2019年12月17日をもって締め切らせていただきました。たくさんのご応募ありがとうございました。

画像提供:タカラトミー

応募要項

応募締め切り

~2019年12月17日(火) 23:59

応募資格

日本国内にお住まいの方で、かつ賞品のお届け先が日本国内の方に限らせていただきます。
ご応募はご本人様限りとさせていただきます。
※当キャンペーン関係者は応募できません。
※応募はお一人様一回限りです

当選発表

当選の発表は、賞品の発送をもって かえさせていただきます。
賞品の発送は、2019年12月下旬ごろを予定しております。
ただし、諸事情により賞品の発送が多少遅れる場合がございます。

※ 賞品の送付先は日本国内に限らせていただきます。
※ 賞品の発送に関しては宅配業者などを利用させていただきます。
※ 賞品の発送日時のご指定はできません。

注意事項

次の場合は当選権利が無効となりますので、ご注意ください。
 ・当選者様の連絡先が不明、不在等の理由により、ご連絡がとれない場合
 ・キャンペーンの当選権利を他人に譲渡・転売した場合または換金した場合
 ・その他、応募に関して不正な行為があった場合
※応募受付の確認、抽選結果に関するお問い合わせは受けかねますのでご了承ください。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

プログラミング絵本「ルビィのぼうけん」を元SEママが子どもと読んでみた!

プログラミング絵本「ルビィのぼうけん」を元SEママが子どもと読んでみた!

「ルビィのぼうけん」は、「プログラマー的思考法を育む知育絵本」として子ども向けに作られた絵本。評判の良いこの絵本を親子で読んでみて、元SEとして感じたこと...
元SEもおすすめ!Scratch(スクラッチ)でおうちプログラミング教育

元SEもおすすめ!Scratch(スクラッチ)でおうちプログラミング教育

アメリカのマサチューセッツ工科大学のメディアラボが無償で公開しているビジュアルプログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」。世界中で愛される「Scr...
子育てあるある「ループ」って?元SEママの簡単プログラミング用語解説

子育てあるある「ループ」って?元SEママの簡単プログラミング用語解説

育児中に「このつらい無限ループ、どうやったら抜け出せる?」と悩んだ経験ありませんか。実は「ループ」はプログラミング用語。プログラミングの世界でも「同じ事象...
人気のロボットプログラミング教室「アーテックエジソンアカデミー」の魅力とは?

人気のロボットプログラミング教室「アーテックエジソンアカデミー」の魅力とは?

全国1,500カ所で教室を展開するロボットプログラミング教室「アーテックエジソンアカデミー」。独自開発のブロック型ロボットとオリジナルカリキュラムは、学校...
【2020年版】幼児期から通えるロボット教室7選 | 理系脳を育てよう

【2020年版】幼児期から通えるロボット教室7選 | 理系脳を育てよう

近年、子どもにさせたい習い事ランキングに「プログラミング」が上位に入っていることをご存じですか?幼少期から将来を見据えた学習をさせたいと考えるパパママが増...

WRITER

chiik!編集部 chiik!編集部  Chiik!(チーク)の公式アカウントです。