2018年11月8日 公開

【やじろべえの作り方3種】倒れない不思議が「思考力」を育てる

細い棒1本で立っているのに、左右に揺らしても倒れない「やじろべえ」。子どもの「なぜ?どうして?」を引き出す知育玩具としてもおすすめです。やじろべえの作り方はとても簡単。幼児も一緒に作れて、すぐに遊べる3種のやじろべえの作り方をご紹介します。

やじろべえが倒れない理由

 (115889)

指の上のような不安定な場所でもバランスを取りながら、ゆらゆら揺れて倒れないやじろべえ。外から力を加えられても、持ち直して立ち続ける様子はまるで生き物のようです。「なんで倒れないの?」「どうしてゆらゆら揺れ続けるの?」と、子どもの知的好奇心を刺激するでしょう。

やじろべえが倒れない理由は、「そこで支えるとつり合いがとれる点=重心」が「真ん中の支える棒=支点」より下にあるからです。やじろべえが止まっているとき、重心は支点の真下になります。そして揺れている間も重心が支点より下にあれば、倒れることはありません。

左右のおもりを揺らすことで、右に傾いた時には左に重力がかかり、左に傾いた時には右に重力がかかります。つまり傾くと同時に反対側に傾く力が働くことに。片方に力が働けば、それを打ち消す力が反対側から生まれるためつり合いがとれ、倒れないのです。

手作りやじろべえが完成したら、両側のおもりの重さ・高さを変えたり、腕の長さを調整して重心を変えたりと、「動きの変化」を見る遊びをしてみましょう。やじろべえでのつり合い遊びは、小学校高学年に学習する「重心・支点・力点・作用点」の先取り体験学習になります。

昔懐かしい「どんぐりやじろべえ」

Photo by author (115872)

via Photo by author
【材料】
・どんぐり 3個
※今回は丸いクヌギのものを使います。コナラ・マテバシイ・シラカシなどの縦長どんぐりでも構いません。
・つまようじ1本
・竹串2本

・きり
・マーカーペン
・工作用ボンド

どんぐりの殺菌方法

使うどんぐりは亀裂・穴のないきれいなものを使います。見た目がきれいでも中に虫がいる場合も。ボールに水をはり、どんぐりを入れて「浮かんだ軽いどんぐり=中が虫に食われている」を取り除くことで虫入りどんぐりを避けられます。その後に虫・カビ・雑菌を取り除く処理をすると万全です。

どんぐりの中には、かなりの確率で白い虫(ゾウムシの幼虫)が入っています。後日にょろにょろ這い出てくることを防ぐためにも、熱湯or冷凍殺菌を行いましょう。

【熱湯殺菌】
熱湯でどんぐりを茹でます。小さいもので3分程度、大きいもので5~6分が目安です。茹ですぎると皮が破れるのでご注意ください。茹でたものを2、3日乾燥させれば完了です。

【冷凍殺菌】
どんぐりをジップ付きビニール袋に入れて、冷凍庫で2~7日間凍らせたあと、2日ほど乾燥させます。

作り方

Photo by author (115873)

via Photo by author
1. どんぐりを3分間煮沸して、2日間乾燥させます。

2. 真ん中になるどんぐりの「固い部分の中心」にマーカーペンでしるしを付けてから、きりで穴を開けましょう。その穴に工作用ボンドを先端につけたつまようじを差し込みます。

3. おもりとなる2個のどんぐりも同様に、「固い部分の中心」にマーカーペンでしるしを付けてから、きりで穴を開けてください。
Photo by author (115874)

via Photo by author
4. 3のどんぐりの穴に、工作用ボンドを先端につけた竹串を差し込みます。

5. 2の真ん中のどんぐりにマーカーペンでしるしをつけて、竹串を刺す穴を開けましょう。やや下方に穴を開けるとバランスが良くなります。

6. 5のどんぐりの穴に、工作用ボンドを先端につけた竹串を差し込んだら完成です。
Photo by author (115875)

via Photo by author
おもりとなるどんぐりの重さがかなり違う場合は、左右で竹串の長さを変えてつり合いをとります。軽い方のどんぐりの竹串を長めにしたり、腕の傾きを変えてバランスをとってみましょう。

1歳児にも作れちゃう!簡単ねんどやじろべえ

Photo by author (115876)

via Photo by author
【材料】
・粘土
※安全性の高い食品由来のものがおすすめです。アレルギーにご注意ください。
・上画像のようにゆるいカーブ形状の小枝 2本

作り方

Photo by author (115877)

via Photo by author
1.カーブの頂点部分が支点になります。おもりとなる粘土より大きめな球体を作り、支点部分につけます。枝を刺してもOKです。

2.おもりとなる球体を2個作り、両腕の先端につけたら完成。粘土なので支点の位置・粘土の大きさを自由に変えられます。
Photo by author (115878)

via Photo by author
粘土の色を変えたり、支点部分を好きな形にすることで粘土遊びも楽しめます。

刃物を一切使わず、粘土を丸めてつけるだけのやじろべえです。小さな子どもにも簡単に作れますが、誤飲事故防止のため必ずそばで見守りましょう。

キラキラ可愛いビーズやじろべえ

Photo by author (115881)

via Photo by author
・お好みのビーズ
※支点・おもりとなるビーズは大きめのものがおすすめです。今回は4mmと10mmパールビーズを使用。パール・スワロフスキー・チェコなどを使うとオブジェっぽくなります。
・ワイヤー
※今回は#28=約0.35mmのものを使いました。

・ニッパー
・やっとこ

作り方

Photo by author (115882)

via Photo by author
1.ワイヤーをお好みの長さで切ります。

2.支点となる大き目のビーズを真ん中に通し、やっとこを使ってワイヤーをねじり固定。

3.やじろべえの両腕になるように左右のワイヤーをカーブさせます。
Photo by author (115884)

via Photo by author
4.左右の腕に同じ数だけビーズを通し、最後におもりとなるビーズを通しましょう。

5.おもりビーズに通したワイヤーをニッパーでねじって、おもりビーズを固定します。あまったワイヤーをほかのビーズにくぐらせれば完成です。なおニッパーややっとこを用いた作業は、パパママがやってあげてください。
Photo by author (115885)

via Photo by author
ビーズをコツコツ通す作業は巧緻性・集中力アップに高い効果を期待できます。小さいビーズで子どもが飽きてしまうようであれば、上画像のような竹ビーズ(長方形のビーズ)がおすすめです。少ない個数で長さが出るので、短時間でやじろべえが完成します。

やじろべえで発見しよう

今回ご紹介した手作りやじろべえは、身近な材料と短時間で作れるものです。たくさん作って比較することで、自然とつり合う条件を発見できるでしょう。

おもりの位置・重さ・大きさを変える、腕の長さ・湾曲具合を変えたやじろべえを作る……。パパママも一緒に試行錯誤して遊ぶことで、子どもの推理力・思考力アップも目指せますよ。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

節分に使う「鬼のお面」の作り方│幼児も簡単にできるお面作り

節分に使う「鬼のお面」の作り方│幼児も簡単にできるお面作り

節分にかかせない、鬼のお面。子どもに手作りさせたいけれど、怪我の心配・後片付けを考えると躊躇してしまうかもしれません。そんなときは簡単・安全にできる作り方...
簡単3ステップ!空カプセルと紙コップでおきあがりこぼしを作ろう

簡単3ステップ!空カプセルと紙コップでおきあがりこぼしを作ろう

横に何度倒しても起き上がる「おきあがりこぼし」。乳幼児向けのおもちゃとしてさまざまなものが売られていますが、カプセルトイ(ガチャガチャなど)の空カプセルと...
牛乳パックで作る節分おもちゃで鬼退治ゲーム!

牛乳パックで作る節分おもちゃで鬼退治ゲーム!

牛乳パックや折り紙など身近な素材で作れる簡単おもちゃの紹介です。今回作るのは、大きなお口を開けた鬼のお顔。作って飾るだけじゃなくて、豆当てゲームをして遊ぶ...
【アート・工作部門】2018年のChiik! 人気&編集部イチオシ記事10選

【アート・工作部門】2018年のChiik! 人気&編集部イチオシ記事10選

おうちで気軽にアートを楽しむ「おうちアート」から、親子で作って遊べる「簡単クラフト」など。2018年にChiik! で公開した記事の中から、人気&おすすめ...
10分で作れる段ボール・スピナー♪アート感覚も養える親子工作

10分で作れる段ボール・スピナー♪アート感覚も養える親子工作

段ボールとひもがあれば、10分で完成!カラフルで楽しいスピナー(ブンブンコマ)を作ってみませんか?柄は、ペンで描いたり、シールやマスキングテープで飾ったり...

WRITER

aotanaoao aotanaoao  小学1年生の娘を育てる兼業主婦です。遊びながら知育できることを日々模索中。 英会話教材、学習テキストを使ってマイペースで家庭学習を楽しんでいます。