2017年3月17日 公開

子どもの知的好奇心を伸ばす4つの方法

子どもの知的好奇心を引き出すためには、どうしたらいいのでしょうか? 実はたった4つのことをするだけで、子どもの知りたい気持ちに火をつけることができるのです。しかも、一度身につけてしまえば、大人になってからもずっといき続けます。4つの方法についてご紹介します。

上野の森 親子フェスタ2017

知的好奇心が強い子は将来優秀な大人になる

 (46572)

Taty19555/CC BY-SA 3.0
大学の先生の話を聞くと、優秀な学生の共通点について話題にされることがあります。それは知的好奇心が強いこと。学習意欲が高く、勉強以外のサークル活動にも積極的に参加し、周囲の信頼も厚い。そのような学生は、自ら課題を設定し、課題解決方法を探すこともできるのです。子どもの知的好奇心を伸ばすために、親はどんなことをしてあげたらいいのでしょうか。

「なぜ?」は考える力を育むチャンス

 (46573)

よく子どもから「なぜ? どうして?」という問いかけを受けて、親が答えるのが大変という話を聞きます。実は、これこそが子どもの「知りたい気持ち」、すなわち知的好奇心を伸ばす絶好のチャンスなのです。
「なぜ空は青いの?」「なぜ雨が降るの?」。子どもたちは自分で気づいたこと、感じたことについて「もっと知りたい!」と思っているのです。そんなとき、ついつい親は聞かれたことに正確に答えようとしてしまいませんか? それだと答える親も大変ですよね。実は、もっとラクな、そして子どもの考える力を育む方法があるのです。

子どもの「なぜ?」にはこう答える!

 (46574)

子どもが質問してきたら、「なぜだと思う?」と、逆に子どもに質問をすること。子どもはママに聞かれたことに対して一生懸命考えて答えを出そうとして、あれこれ思いつく限りのことを話そうとするでしょう。その答えは、本や図鑑などで一緒に探してあげてもいいし、調べてわからなければそれはそのままでもかまいません。
そこで生まれた疑問の芽は、小学校、中学校にいってもずっと心のどこかで育ち続け、いずれ自分で調べて答えを出せるときがくるのです。
考えたり、調べた結果「わかった!」と思うと、それが発端となり、「もっと知りたい!」につながっていくのです。これこそがまさに知的好奇心を育てていく種なのです。

積極的に「知りたい気持ち」を引き出すために

 (46575)

さらに積極的に子どもの知的好奇心を伸ばしたいという場合は、次の4つのことをやってみてください。1つ目は「観察すること」。2つ目は「疑問を持つこと」。3つ目は「調べること」。4つ目は家族の前で「発表すること」。たったこれだけで、子どもの知りたい気持ちが刺激され、さらに学びを深めていくことができるのです。具体的に紹介していきます。

1つ目:観察してわかったことを書きだす

 (46576)

まず1つ目の「観察すること」についてお話します。ここでは例として、子どもたちの大好きなダンゴムシをあげて説明します。
まず、ダンゴムシについてわかることをすべて見つけます。たとえば「ダンゴムシを見て、わかったことがあったらママに教えてね」と伝えるだけでOK。子どもは気づいたことをどんどん教えてくれます。「足がいっぱいある!」「触ると丸くなる」「殻はかたい」「体が黒いのと模様のあるのがいる」。
教えてくれたことを、文字が書ける子は自分でかいてもいいし、書けない子はママが書き取ってあげるのもいいですね。【観察】してわかったことをすべて書き出します。

2つ目:疑問に感じたことはなに?

 (46577)

2つ目は、わかったことを元に「もっと知りたい」「疑問に思うこと」を考えます。たとえば、「ダンゴムシはいちごと人参、どっちが好きかな?」「いつもは湿った土のところにいるけど、乾いたところでも生きられるかな」「なんで壁を登れるのかな」「似ている生き物はいるかな」。いろんな【疑問】が出てきます。

3つ目:直接触ったり、絵本や図鑑で調べてみる

 (46578)

3つ目は、出てきた疑問に対して、ダンゴムシを触ったり、絵本や図鑑、インターネットを使って【調べる】ことをします。その結果、「ダンゴムシの足は14本ある」「足の先がギザギザになっているから壁を登れるんだ」「普段見ているダンゴムシはオカダンゴムシといい、浜辺に住むハマダンゴムシもいるんだ」など、いろんなことがわかってきます。

4:調べてわかったことを家族の前で発表

 (46579)

4つ目は、わかったことを家族の前で発表します。絵や文字を元に発表してもいいし、歌や踊りにしたり、粘土細工などを使って表現するのもいいですね。
この「観察する」→「疑問を持つ」→「調べる」という流れを繰り返すことにより、子どもの知的好奇心はぐんぐん伸びていきます。最後に「発表する」ことで、自分の意見や考えを持ち、人に伝えられるようにもなります。

観察するだけでも知的好奇心は刺激される!

「まだ子どもが小さいし、調べたり、発表するのってなんだか面倒」と思った場合は、観察するだけでも大丈夫。「足がいっぱいあるね」「丸くなるね」「石の下にいるね」。見てわかったことを言葉にしてあげるだけで、子どもはより一生懸命観察するようになります。そしてわかったことがあったら自分から教えてくれるようになります。
最初は「子どもの知的好奇心を伸ばすために」と思っていたことでも、気がつけば親のほうが夢中!なんてことも。それがこの学習方法の楽しいところです。
今回はダンゴムシを例に出して説明しましたが、犬や猫、花、電車など、子どもがハマっていることでやってみましょう。それが子どもの知的好奇心を伸ばす第一歩となるのです。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

間野由利子 間野由利子  いたずら盛りの4児のママ。都内在住。絵本を読むこと、写真を撮ること、子どもの作った作品をみることが大好きです。