2017年2月6日 公開

幼稚園からはじめる!?ネパールの英語教育事情とは

アジア最貧国のひとつでありながら、村の子どもたちが片言の英語でツーリストに語りかけているネパール。教育水準はまだまだ低いにもかかわらず、なぜ子どもたちの英語力がそんなに高いのでしょうか? ネパールの教育現場からレポートをお届けします。

英語で話しかけてくるフレンドリーな村の子どもたち

ダンプスというネパールの村

ヒマラヤの麓の村から村へ歩くトレッキングでは、子どもたちから英語でよく話しかけられます。
via photo by author
ネパールは、インドの北にある南アジアの小国です。ヒマラヤトレッキングを目的に、世界中から多くのトレッカーが訪れることでも有名です。トレッキングルートの村を歩いていると、 登下校途中の村の子どもたちとすれ違うこともあります。

「ハロー」「フェアーユーフロム?」
そしてときどき、お決まりの「ギブミー、チョコレート」

村の子どもたちは、くったくのない笑顔で自分が知る限りの英単語を使って、どんどん話しかけてきます。外国人と英語で話すこと自体が彼らにとって、楽しいお遊びなのでしょうね。

小さな村の農家の子どもたちでさえもこんなに英語がしゃべれることに、最初はびっくりしたものです。

ネパールの公立では、小学一年生から英語の授業がある

ネパールの小学校の教室

小学校の教室は、黒板に机にベンチ椅子と簡素です。
via photo by author
全体的な教育水準でいえば、ネパールはまだまだ日本や先進国にはおよびません。しかし英語に関していえば、日本よりもネパールの方が積極的です。公立の学校でさえ、英語の授業は小学校一年生から開始されています。

その理由のひとつとして、お隣の大国インドの影響が考えられます。言語の違う多民族が入り混じっているインドでは、英語は準公用語として広く使われています。当然、学校教育においても英語が積極的に取り入れられています。

その影響を強く受け、ネパールでも英語教育に力を入れる傾向があるのではないでしょうか。

英語ができること=エリートという図式

Travel Stock / Shutterstock, Inc.
そしてもうひとつの理由は、ネパールのメイン産業が観光業であることでしょう。英語を話せることが仕事を得ることに直結する状況は、教育現場に影響を与えます。

学ぶ方としても、習った英語が将来の仕事に活かせるのであれば、モチベーションがアップします。親も子どもの将来を考えると、自然に英語教育に力を入れるようになります。

また最近では、海外留学を目指す若者が急増しています。小さいころから英語教育を受け、英語圏の大学を目指し、卒業後はその国で就職する。それが、エリートへの近道という意識が強く、そのためにも幼稚園から英語で教育させる親が増えているのです。

私立では、幼稚園から英語がスタート

ネパールの幼稚園のドア

幼稚園のドアに貼られた色紙と英語のメッセージ。
via photo by author
ネパールでは近年、私立学校が続々と創立され、今では公立に通う子どもより、私立に通う子どもが増えています。私立の学校は公立と違って、幼稚園部からはじまります。そして本格的な英語教育は、4歳児クラスから開始されます。

4歳児クラスでは主にフォニックス(英語の発音学習)やアルファベット、英単語を学びます。アルファベットの書き写しなどの宿題も出されます。

5歳児、6歳児になると、日常の会話や簡単な英語の文章を学びます。「あなたは何色が好き?」「この動物は何?」というような簡単な文章からはじまり、6歳の終わりには、現在形、過去形、簡単な意思表示の表現はできるようになっています。

毎日の英語の宿題は相当な量で、幼稚園児でも毎日2時間以上かかる宿題が出されるのが当たり前。幼稚園児にとってはかなり負担な量ですが、親も子どもの将来のためと思い、宿題を奨励する傾向にあります。

私立の小学校では、国語以外の授業は英語の教科書で

ネパールの小学一年生の教科書

私立の小学一年生たちは、算数も英語で勉強します。
via photo by author
いよいよ小学校からは、本格的な英語での教育がはじまります。

私立の小学校の授業は、国語(ネパール語)、英語、算数、社会、理科の5教科が基本。国語以外の教科は、英語で書かれた教科書で学びます。

ネイティブの先生がいるわけでもないし、特別に英会話を重視した教育カリキュラムを導入しているわけではありません。ただ、幼稚園から小学校にかけ、毎日の授業を通して英語に接する時間は相当な長さになります。

とはいえ日本同様、読み書き重視の授業内容。それなのになぜ、ネパールの子どもたちは日本の中学生以上に英会話に長けているのでしょう?

コミュニケーション好きな性格と英語力の関係

OlegD / Shutterstock, Inc.
基本的にネパール人は、人とおしゃべりすることが大好きです。そして、物怖じしない性格の子が多いように感じます。だから、外国人を見かけたらどんどん話しかけるのではないでしょうか。

外国人トレッカーと常に接するヒマラヤの村の子どもたちは、英語を使う機会に恵まれています。少々文法が間違っていても、臆することなく話しかけます。

このようなフレンドリーでおしゃべり好きなネパール人の性格も、語学習得に貢献しているのかもしれません。

最後に

Zzvet / Shutterstock, Inc.
ネパール人の子どもたちの英語力の高さの秘密は、脳が柔軟な小さいうちに、英語をたくさんインプットしていること。そして、それを積極的にアウトプットさせる機会を持っていること。外国語の会話を上達させようと思ったら、一番有効なのはどんどん使っていくことなのでしょうね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

東京・西町インターナショナルスクールとは?特徴や学費も紹介!

東京・西町インターナショナルスクールとは?特徴や学費も紹介!

元麻布の名門校として知られる西町インターナショナルスクール。少人数制できめ細やかな指導が特徴で、英語力だけでなくさまざまな体験型授業、スポーツ、他校との交...
【2019年版】東京都 江東区のインターナショナルプリスクールまとめ

【2019年版】東京都 江東区のインターナショナルプリスクールまとめ

早期英語教育への注目が高まっている中、インターナショナルプリスクールへの通学を考えるご家庭が増えています。この記事では、東京・江東区のインターナショナルプ...
公立小学校の英語授業の現状とは~英語ボランティアを通して感じたこと

公立小学校の英語授業の現状とは~英語ボランティアを通して感じたこと

筆者の息子が通う都内の公立小学校では、週に一度、英語のクラスがあります。小学校ではどんな授業が行われるのか、生徒さんの理解度や授業の難易度はどのくらいか?...
小1で英検5級に合格するカギは「過去問の音読」でした!【小1から英検チャレンジ】Vol.16

小1で英検5級に合格するカギは「過去問の音読」でした!【小1から英検チャレンジ】Vol.16

自宅で学習をしている小学1年生が英検5級に合格するにはどうしたらいいのか?そのカギは「音読」にありました!ママミーヤ親子が5級の英検対策として重点的に取り...
【2019年版】幼児向け英語教材おすすめ&人気10選をまとめて紹介

【2019年版】幼児向け英語教材おすすめ&人気10選をまとめて紹介

幼児からの英語教育が注目され、さまざまな教材が各メーカーから発売されています。たくさんありすぎてどの教材がいいか分からない方のために、各教材10種類の詳細...

KEYWORDS

WRITER

宮本ちか子 宮本ちか子  フリーランスエディター、ライター&コーディネイター。ネパールのポカラ在住。広島県の瀬戸内海の島育ち。東京での会社員時代は、マーケティング会社の編集部でマーケティング情報誌や、社内報、会社案内などの編集、ライティングを担当。その後ネパールのポカラにて宿を15年間経営。ネパール人夫と娘の3人家族。現在は、フリーランスライター、仕入れサポート、プライベートガイドとして活動中です。