2017年10月27日 公開

NHKキャラ多数!池袋に全国初のキッズエデュテイメント施設「にこはぴきっず」

東武百貨店池袋店に2017年7月にオープンした室内遊び場「にこはぴきっず NHKキャラクターとあそぼう」。全国初の「遊びと学びが融合したキッズエデュテイメント施設」として話題です。東京・池袋駅直結の乳幼児連れお出かけスポットは嬉しいですね。早速子連れで行ってきたので詳細をレポートします。

NHKの人気キャラクターがいっぱい!

via photo by author
NHK Eテレで放送中の「いないいないばあっ!」や「おかあさんといっしょ/ガラピコぷ~」、「みいつけた!」の人気キャラクターが登場する、幼児向け「遊びと学びが融合したキッズエデュテイメント施設」が2017年7月にオープンしました。

「いないいないばあっ!」のワンワンにうーたん、「おかあさんといっしょ」のガラピコぷ~、「みいつけた!」のコッシーとサボさんなど、人気キャラクターたちをモチーフにしたオリジナル遊具がたっぷりあります。記念写真スポットも豊富!

特に、「イベントひろば」では、「いないいないばあっ!」のワンワンとうーたんや「みいつけた!」のオフロスキーと共に映像に参加できたり、「おかあさんといっしょ/ガラピコぷ~」のぬりえができるイベントなど盛りだくさん。入場前に、スケジュール表を確認できるので、お子さんが好きなものを最初によく見ておきましょう。

各30分で12〜15名までの定員があり、先着順なので注意してくださいね。大人は子ども2名分に換算されますが、外で見ていることも可能です。受付は開始5分前まで。

料金が比較的高く、終日料金もないためか、平均滞在時間は1〜2時間ほど。平日であればそれほど混雑していないようですが、どうしても参加したいイベントがあれば、入場前に混雑具合を確認するなどしてからの方が良いかもしれません。

NHKキャラクターのグッズを豊富に取り揃えたショップも入り口前にあるので、こちらも要チェックです。ここだけで手に入るオリジナルグッズもありますよ。

「みいつけた!」ひろばには、コッシーとサボさんがいます。いすのまちおさんぽマップのスイッチは、触って遊べます。
via photo by author

特に乳幼児にオススメ!遊具が盛りだくさんの室内遊び場

「おかあさんといっしょ/ガラピコぷ~」ひろばでは、三角形や四角形のマグネットを組み合わせて壁に貼って好きな形を作って遊べます。学びもたくさんの知育スポットですね。
NHKの人気キャラクターに出会える場所としては、東京・渋谷のNHKスタジオパークが有名ですが、遊具が盛りだくさんの「にこはぴきっず」は、室内で身体をいっぱい動かして存分に遊べるスポットになっています。

特にはいはいをはじめた頃からよちよち歩き、0-3歳くらいのお子さんにピッタリですよ。

隠れ場のような小さな部屋におままごとキッチンも!
via photo by author

ボールプールにボルダリングも!雨の日のおでかけにもピッタリ

「ボールのみずうみ」にはボルダリング、滑り台もついています。
via photo by author
東武百貨店池袋は、池袋駅と直結。全く濡れずに行けるので、雨の日などお天気の悪い日に、しっかり身体を使って思い切り遊ばせたい日には理想的です。

3〜5歳くらいのお子さんのエネルギーを発散させたい時には、このボールプールやボルダリング、滑り台などが最適!ただし、それほど大きい施設ではありません。小さなお子さんがいる時は、ぶつかったり、当たったりしないよう充分に注意して遊ばせましょう。

他にも、迷路のようになっている遊び場の中に、おままごとキッチンやお絵かきスペースなどいろいろなコーナーがあって飽きません。

時間が経つと消えるお絵かきコーナー。
via photo by author

「にこはぴきっず NHKキャラクターとあそぼう」の注意事項

料金を払って入ると、まずベビーカー置き場が。右手奥にロッカーがあり、靴と荷物を無料で預けられます(中は土足厳禁です)。
via photo by author
子どものみでの利用はできません(一時保育、預かりなどはありません)。必ず、16歳以上の保護者の同伴が必要です。また、小学校3年生以上も入場できますが、安全のため、遊具で遊べるのは、小学2年生以下の子どもと16歳以上の保護者のみ。大人だけの入場はできません。

施設内での食事は不可なので、あらかじめ済ませておきましょう。飲み物は、ふたの閉まるペットボトルや水筒の飲料なら、持ち込みも可能です。施設内には自動販売機もあります。

また、施設内にトイレ、授乳室はないので、入る前に済ませましょう。オムツ替えシートや子ども用の便座も用意された、子連れにやさしい広々としたトイレと授乳室が完備された「ベビー休憩室」が入り口近くにあります。プリンなどの子ども向け軽食が売られている自販機まであって便利ですよ。

利用時間は60分を超えると自動的に延長料金がかかるので、自分で管理すること。トイレなどの途中退出は、入場時のレシートをカウンターに提示すればできますが、その一時退出中時間も課金されます。

「にこはぴきっず NHKキャラクターとあそぼう」詳細

「いないいないばあっ!」ひろばでは、ブロック遊びやさまざまな遊具があります。つかまり立ちをはじめたくらいのお子さんにピッタリ!
via photo by Mie.S
【営業時間】10:00〜20:00(最終入場は19:00)

【休館日】なし※施設に準じます。

【入館料】
0歳~小学2年生以下:最初の60分1,400円、以後延長30分ごと700円
小学3年生~15歳:最初の60分500円、以後延長30分ごと200円(遊具の利用不可、入場のみ可能)
保護者(16歳以上):最初の60分500円、以後延長30分ごと200円(子どものサポートに限り遊具の利用可能)

【所在地】東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店池袋店 7階1番地、子ども服売場のエスカレータ近く

【アクセス】JR・東武東上線・有楽町線・丸ノ内線「池袋」駅直結、西武池袋線「池袋」駅5番出口徒歩5分

駐車場は合計3,000円以上の利用で1.5時間無料になります。

最後に

床がスクリーンになっていて、触れると反応する小部屋も。足を動かすと水面が揺れ、じゃぶじゃぶ池を歩いているかのような疑似体験が楽しめます。
via photo by author
「にこはぴきっず」がある東武百貨店池袋店7階は、ベビー・キッズ用品が充実していて何かと便利です。すぐ横にあるBaby GAPをはじめ、ラルフローレン、ズッカなどさまざまなブランドのこども服やグッズ、マタニティウエアなどの売り場が続き、ボーネルンドなどおもちゃコーナー、ゲームコーナーも。同じフロアには本屋さんもあります。一緒にお買い物を楽しめるのが嬉しいですね。

ランチやお茶などの休憩・食事は東武百貨店の11、12階のレストランフロアか、7階で繋がっているルミネも便利です。食事時の混雑を避け、11時すぎから早めのお昼をとってから向かうのが良いですよ。

他にも、池袋には水族館・展望台・ナンジャタウン・プラネタリウムが揃う「サンシャインシティ」など子連れで楽しめるスポットがたくさんあるので、ハシゴするのもオススメです!

「いないいないばあっ!」©NHK・NED
「ガラピコぷ~」©NHK
「みいつけた!」©NHK・NED
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

大人気おもちゃブランドBRIO(ブリオ)の「2019年イヤートレイン」プレゼントキャンペーンを開催します!参加方法は簡単。おうちにあるブリオのおもちゃを写...
大人気イルカショーはリピ必須!アクアパーク品川の魅力を大解剖

大人気イルカショーはリピ必須!アクアパーク品川の魅力を大解剖

「マクセル アクアパーク品川」の魅力を徹底解説!年パスを買って子連れで通いつめている筆者が、何度見ても感動するイルカショーの楽しみ方から、乳幼児連れの効率...
未就学児向けのオシャレな室内遊び場が渋谷にオープン!

未就学児向けのオシャレな室内遊び場が渋谷にオープン!

東京・渋谷に新しい室内遊び場「Playground 渋谷 kids(プレイグラウンド渋谷キッズ)」が登場。2017年1月3日にオープンしたばかりの新スポッ...
超大型!新室内遊具施設「京王あそびの森 HUGHUG」オープン

超大型!新室内遊具施設「京王あそびの森 HUGHUG」オープン

2018年3月13日に東京・多摩動物公園前にオープンした新スポット「京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)」。知育・体育・木育が同時に育める屋内メインの...
室内遊び場「フレーベル館 Kinder Platz」で運動も絵本も工作も楽しもう!

室内遊び場「フレーベル館 Kinder Platz」で運動も絵本も工作も楽しもう!

家のおもちゃは限られているし、近所の公園もマンネリ気味……。そんなときは、子どもの創造性と主体性を育む室内遊び場、「フレーベル館 Kinder Platz...

WRITER

志田実恵 志田実恵  エディター/ライター。札幌出身。北海道教育大学卒業(美術工芸)。中高の美術教員免許所持。出版社でモバイル雑誌の編集を経て、様々な媒体で執筆活動後、2007年スペイン留学、2008〜2012年メキシコで旅行情報と日本文化を紹介する雑誌で編集長。帰国後は旅行ガイドブック等。2014年6月に娘を出産。現在は東京で子育てしながらメキシコ・バスクの料理本の編集のほか、食、世界の子育てなどをテーマにwebを中心に活動中です。