2019年1月15日 公開

イヤイヤ期の声かけにも最適!【おすすめ英会話フレーズ】

おすすめ英会話フレーズ2回目のテーマは「イヤイヤ期」です。英語圏で使われる「マジックワード」や、感情爆発中の子どもに優しく声かけするフレーズをご紹介します。イヤイヤ期の対応で感情的になりそうなとき、母国語以外で声かけをすると思いのほか冷静になれるメリットも!

マジックワードは、何だっけ?

イヤイヤ期の子どもたちが「あーして!こーして!」とパパやママに次々に駄々をこねて頼むことは、英語圏でも共通しています。こんなとき、パパママは「She/He is demanding. (要求が多すぎる~)」と苦笑いするのも、やはり同じ。
それは、成長過程のことなのでしょうがないのですが、たとえば食べたい物やしたいことの単語だけを繰り返すのは、あまり好ましくないといわれています。

※mummyはイギリス英語綴りの「ママ」です。
ですので、言葉を話せるようになり、意思疎通ができるようになったら、ネイティブはだんだんと「Magic word(マジック ワード)」を言えるように練習します。

マジックワードとは、英会話でもおなじみの「please(プリーズ)」
これを使って、ちゃんと「お願いします」と言えるように、繰り返し声かけをします。

日本語での「牛乳!牛乳!」(牛乳が飲みたいとき)というより、
「牛乳ちょうだい(牛乳ください)」と一言プラスする感覚に似ています。

子どもたちも「プリーズは!?」と直接言われるより……

「What is the magic word? 」(マジックワードはなんだっけ?)
「Please!」 (プリーズ!)


と、ワンクッション置くことで、冷静になって素直に言える効果があるようですよ。

上手に言えたら、
Well done. (よくできました)
と、褒めてあげることを忘れずに♪

マジックワード”Please”の使い方は、
「Milk, please. 」
「Read this book, please. 」


このように、単語や簡単な文章に「プリーズ」をつけるだけで大丈夫です。

「落ち着いて。」と声をかけてあげたいとき

イヤイヤ期には、泣いたり怒ったり一生懸命ですね。 そんなとき、英語圏のパパママは、まず子どもの名前を落ち着いた口調で子どもの名前を何度か呼びます。

続いて、静かにすこし低めの優しい声のトーン
「Calm down. 」(落ち着いて)
と声をかけます。 落ち着くまで何度か繰り返して言うのも良いです。

他にも、興奮して走り回ったり、テンションが高くなりすぎているとき、きょうだいケンカで言い合いになっているときにも、「Calm down! 」(落ち着いて!)と使うことができます。

※mummyはイギリス英語綴りの「ママ」です。

少し落ち着いたら、泣いたり怒っていた理由を聞いてあげたいですね。

「What's the matter?」(どうしたの?)を使って聞いてみましょう。
「What's wrong?」「 What's happened?」より、幅広い意味の聞き方で使いやすいフレーズです。

もちろん、
「What's wrong?」は、何か良くないことがあったと明らかなとき、
「What's happened?」も同じく、明らかに何か起こって、泣いたり怒ったりしていると確信があるとき
などは有効な聞き方です。

「Come here.」(こっちにおいで)と言って、抱きしめて話を聞いたり、気持ちを受け止めて上げるのも良いですね。

イヤイヤ期は英会話で気分転換♪

イヤイヤ期は、世界中のパパママが頭を抱える難しい時期ですが、いつも日本語で話しているパパママが急に英語で「What's the matter?」なんて聞いたら、ビックリして泣き止んでしまうかも!?

日常生活の中で、今回の英語フレーズを取り入れてみてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

おすすめ英会話フレーズ!親子で言ってみよう!【食事編】

おすすめ英会話フレーズ!親子で言ってみよう!【食事編】

親子で「日常生活に使える英語」学習にトライしてみませんか?パターンを覚えておくと応用がきく文章をご紹介します。毎日繰り返し使っていくうちに、自然と頭に入る...
冷蔵庫は英語で?台所の中のものを英語で言ってみよう

冷蔵庫は英語で?台所の中のものを英語で言ってみよう

家族で英会話を楽しむために、「おうち英語」に挑戦してみませんか?普段から使っているものを英語で説明することで、子どもも自然と英単語をおぼえられます。今回は...
英語ネイティブが「受動態」を使う場面とは?自然な英会話のコツ

英語ネイティブが「受動態」を使う場面とは?自然な英会話のコツ

「追いかけられる」「呼ばれる」のように、「(主語が)~される」という形で受け身を示す受動態。日本語なら簡単に理解できますが、英語の場合は文法通りに英文を作...
海外で子どもを病院に連れて行くときの英語フレーズ!渡航前にチェック

海外で子どもを病院に連れて行くときの英語フレーズ!渡航前にチェック

海外に行くと、慣れない環境や食事で体調を崩すことも多いもの。特に子連れで海外旅行に行くときは、突然の発熱やケガにも対応できるように、英語でどう表現すれば良...
「Cool」だけじゃない!英語で伝える「カッコイイ」の使い分け7つ

「Cool」だけじゃない!英語で伝える「カッコイイ」の使い分け7つ

英語はシーンによって、同じ意味でも使うべき表現が異なることがあります。たとえば「カッコイイ」の英語表現は、「Cool」だけではありません。「英会話をもっと...

WRITER

いしこがわ理恵 いしこがわ理恵  在英11年目ハンドメイド好きの2児の母。武蔵野美術大学卒業。現在は教育に携わる仕事の他に、日本にルーツのある子どもたちを対象とした日本語子ども会活動・児童文庫活動も行っています。興味の範囲が幅広いので、常にいろいろな方向にアンテナをはりつつ情報収集が日課です。ハッピー子育てに役立つ情報をみなさまにお届けできれば嬉しいです。