2016年7月7日 公開

木のおもちゃがたくさん!無印良品でかんたん木育体験

「木育」という言葉が北海道で生まれたのが2004年。10年を経て、ますます木育の重要性が叫ばれるようになりました。でも都心では木と触れあえる場所が少ないのも事実。無印良品が手がける「木育ルーム」は都会っ子でも気軽に木を使った遊びができる貴重な場所です。

「木の国」日本。木育の良さを見直そう!

木育にはさまざまな定義や考え方がありますが、「育児のなかに木を取り入れて、自然環境に対する子どもの関心を育もう」という点で共通しています。

日本は世界でも屈指の「木の国」。昔から日本人は木に囲まれて生活していましたよね。
子どもが遊ぶ竹馬や竹とんぼ、農作業の道具や調理道具、そして木造の家。でも便利な都会暮らしに慣れるにつれて、私たちは木を使った生活から距離を置くようになりました。

子どもたちの自然に対する感受性や関心を取り戻す活動として、いま木育は大きな注目を浴びています。

※木育の内容については下記の記事をご参照ください。

木のおもちゃで気軽に遊べる「木育広場」

無印良品の木育活動の一環として、子どもが気軽に木のおもちゃで遊べる「木育広場」が全国の限定店舗に設置されています。

木の玉プールや三輪車など、かんたんな木製おもちゃが置いてあり、子どもを自由に遊ばせることができます。ブナや杉、ヒノキなどさまざまな木材でできているので、においや感触の違いを子どもに教えてあげるといいですね。

有楽町店と渋谷西部店の木育広場では、おもちゃコンサルタントによる相談も実施しています。
木を使ったおもちゃだけでなく、子どものおもちゃ全般について相談できるので利用してみてはいかがでしょうか。

全ての無印良品店舗にあるわけではありませんので、下記リンクから設置店舗を確認してみてくださいね。

夫婦のお買い物をサポートしてくれる「木育ルーム」

無印良品渋谷西部店の木育広場では、買い物中に子どもを預けることができる「木育ルーム」があります。
預かり中は子育て支援事業で定評のある「ピジョンハーツ株式会社」の専任スタッフが対応するので安心です。

〈木育ルーム〉
【所在地】
東京都渋谷区宇田川町21-1 無印良品渋谷西武 5F
【営業時間】
金曜~月曜 10:00~18:00
【アクセス情報】
渋谷駅下車、ハチ公口徒歩3分
※年齢制限あり:生後6ヵ月~6歳(未就学児)

週変わりのプログラムで楽しく木育!

木育ルームでは木のおもちゃを使って遊ぶ「木育プログラム」を行っています。
プログラムの内容は週ごとに変わるので、何度かリピートしてもいいですね。
他の子どもたちと一緒に遊ぶ練習にもなりますよ。

お話ごっこで想像力と表現力をはぐくむ

木育ルームでは木のおもちゃだけでなく、おはなし組木やパペットを使ったお話ごっこや劇ごっこも体験できます。
楽しくお話しながら物語を組み立てることで、子どもの想像力と表現力をはぐくみます。

木育はかんたん!まずは楽しい木のおもちゃ遊びから

木育は子どもの感性を豊かにする効果があるといわれています。
プラスチックのおもちゃやテレビゲームで遊ぶ時間を少しずつ減らして、代わりに木のおもちゃで遊ぶ時間を増やしてあげるといいですね。
無印良品の木育広場・木育ルームは、だれでも気軽に木育体験できるスペース。
無印良品でお買い物するときはぜひのぞいてみてくださいね!
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

家族のとっておきを残す。こだわりフォトブックの作り方

家族のとっておきを残す。こだわりフォトブックの作り方

「世界に1冊の家族の本」をオーダーメイドで作ってみませんか?家族の暮らしをきちんとした本に仕立てることで、何気ない日常に特別な深みが加わります。子どもたち...
食育に木育…話題の【◯◯育】をいくつ知っていますか?

食育に木育…話題の【◯◯育】をいくつ知っていますか?

食育や木育など「◯◯育」という言い回し、さまざまな場面で耳にすることが増えたと思いませんか?企業や団体の活動に使われることが多く、未来を担う子どもたちに向...
保育園や幼稚園の写真はどうする?データ化されない写真の整理法

保育園や幼稚園の写真はどうする?データ化されない写真の整理法

幼稚園や保育園、小学校などで買ったプリント写真、大型の集合写真などをポケット型アルバムにまとめて収納する写真整理術を紹介します。1年に1度の写真整理で1年...
森から生まれた木のおもちゃ。その素晴らしさを多くの子どもたちに届けたい

森から生まれた木のおもちゃ。その素晴らしさを多くの子どもたちに届けたい

子どもの成長には欠かせないおもちゃ。五感に訴えるおもちゃで遊べば、さまざまな感覚や気持ちを育めます。国産の良質な木製品を手掛ける木工房『オークヴィレッジ』...
東京おもちゃ美術館、開館10周年。姉妹館も続々open!

東京おもちゃ美術館、開館10周年。姉妹館も続々open!

東京新宿区の廃小学校が東京おもちゃ美術館になって、10周年となりました。東京おもちゃ美術館は、木を暮らしに取り入れていこうという木育を、おもちゃを通して広...

KEYWORDS

WRITER

takutaku takutaku  雑誌の編集を経験後、フリーライターとして活動しています。